石原さとみ主演ドラマ「校閲ガール」あらすじネタバレキャスト!

石原さとみ主演ドラマ「校閲ガール」あらすじネタバレキャスト!出典:http://laughy.jp

石原さとみ主演ドラマ「校閲ガール」あらすじネタバレキャスト!

石原さとみ主演ドラマ「校閲ガール」あらすじネタバレ!校閲部に配属された河野悦子

石原さとみ主演の連続ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」が、10月5日から放送開始しています。今期は、出版社の編集部の校閲という、非常に地味な仕事に着目したドラマです。第1話の視聴率も12.9%と好調な滑り出しで、原作である宮木あや子の小説「校閲ガール」の人気も、さらに高まりを見せています。

この「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の第1話・第2話あらすじをネタバレも含めて、簡単におさらいしておきましょう。

石原さとみが演じるのは、ファッションが大好きな河野悦子という女性です。景凡社から出版されているファッション雑誌「Lassy」(ラッシー)の編集者になるべく、毎年採用試験を受け続けています。落ち続けること7回、8回目にして、ようやく採用が決まった悦子ですが、配属先は「Lassy」編集部ではなく、「校閲部」。

スポンサーリンク

文書や原稿などの誤字脱字の他、事実関係の誤りや不備などもチェックし、訂正したり校正したりする部署です。真面目に仕事をしていれば、希望の部署に配属されるかもしれない、という言葉にのせられた悦子は、校閲部で完璧な仕事を目指し、四苦八苦。

しかし、その仕事ぶりは、徐々に作家たちに認められるようになります。しかし、悦子は、作家から「会いたい」という誘いを受け、第1話では大作家の本郷大作に、第2話では主婦ブロガーである著者に会って、校閲の仕事を逸逸したようにも見える行動力を発揮。河野悦子の破天荒な校閲ぶりに戸惑いを見せる、作家や校閲部の面々ですが、次第に、過去を見つめ直したり、現在の仕事の価値を再確認したりするようになっていくのでした。

そんな中、悦子は、イケメン・折原幸人と出会います。折原幸人との出会いから、他の男性がみなカッパに見えるようになったというほど入れ込んでいる悦子。仕事とともに、恋の行方も楽しみです。

スポンサーリンク

石原さとみ主演ドラマ「校閲ガール」キャスト!河野悦子の後輩役に本田翼

石原さとみは、「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で、ファッションが大好きで、校閲部に全く似つかわしくない主人公・河野悦子を演じています。校閲部で完璧な仕事を目指すのは、すべてファッション雑誌「Lassy」に配属されるため。非常に乱暴な早口で、まくしたてるようにしゃべるのも、早々の異動を願う彼女の戦略の1つ。ファッションに限っては恐ろしいほどの記憶力を発揮する悦子は、ファッション雑誌「Lassy」をすべて読破し、特集内容も、誰がモデルだったかも、事細かに記憶しています。

主人公・河野悦子の高校時代の後輩、森尾登代子役は、本田翼です。最近公開された映画「少女」で、ヒロインの1人・桜井由紀を演じていることでも話題となっています。多忙すぎて、あまり健康そうに見えない元読者モデルという役柄で、淡々とした仕事ぶりのファッション雑誌編集者をしっかりと演じています。

河野悦子がたびたび遭遇するイケメン・折原幸人を演じるているのは、今やすっかり人気俳優となった菅田将暉(すだまさき)。素材はいいのにパッとしない青年で、家賃の支払いに困って、「Lassy」の読者モデルとなることを決断しました。第3話のネタバレとなってしまいますが、実はこの折原幸人は、是永是之というペンネームで小説も書いています。その初稿を校閲したのも河野悦子でした。

このほか、受付嬢・今井セシル役を足立梨花、河野悦子を採用した面接官・茸原渚音役を岸谷五朗、河野悦子に校閲の仕事を教えた先輩である藤岩りおん役を江口のりこ、校閲のために小説に登場する建物の模型までつくってしまう同僚・米岡光男役を和田正人が演じています。

石原さとみの英語は下手なの?現在の熱愛彼氏は誰?

石原さとみの英語は下手なの?映画「シン・ゴジラ」の日系三世役を熱演

石原さとみが、日系三世のアメリカ人、カヨコ・アン・パタースン役を務めた映画「シン・ゴジラ」は、2016年7月29日公開から2週連続で、全国映画動員ランキング1位となったことは記憶に新しい方も多いでしょう。「いかにも日本人!」という政治家が多い中で、強い語気でしゃべり倒すカヨコは、異色の存在感を放っていました。

このカヨコ、祖母が日本人であるため、英語と日本語のバイリンガルであるものの、メインは英語。そのため、ルー大柴が芸で用いているような言葉遣いで話すシーンも多く見られます。このいわゆる「ルー語」と、石原さとみの英語の発音・アクセントなどから、「石原さとみの英語は、実は下手なのでは?」という声もちらほら。

「ルー語」に関しては、バイリンガルであれば、大体あのような感じになるというのが本当のところのようです。バイリンガルとまでいかなくても、英語圏で1カ月ほど生活すれば、用いる言語がひたすら英語である環境に順応するため、即座に日本語の単語が出てこないこともしばしば。日本語を思い出すことに時間をかけていると会話が続きませんから、英単語で代用してしまうというわけです。つまり、「シン・ゴジラ」における石原さとみの言葉遣いが「ルー語」のようになっているのは、バイリンガルであるカヨコの役作りがしっかりできている証といえます。

海外のレビューでは、石原さとみの英語を、「聞き取れないレベルでひどい」とするものもあるようです。発音やアクセントも関係しているでしょうが、おそらく最も大きな原因は、台詞をしゃべる速さではないでしょうか。「シン・ゴジラ」は、石原さとみに限らず、ほぼすべての役者が、倍速で台詞をしゃべるよう庵野秀明監督から指示されています。倍速でしゃべらなければカットされてしまうという話もあり、出演者は皆、とにかく早口で台詞を言ったとか。

石原さとみの英語は、イーオンのCMで聞いていると、発音やアクセントにややクセを感じます。しかし、普通の速度であれば、「通じない」というほどのものではありません。ネイティブではない人が持っている訛り程度といえます。しかし、カヨコのように語気が強いものとなり、さらに倍速になると、非常に聞き取りにくくなるのは致し方ないといえそうです。

その証拠に、同じカヨコの台詞でも、プライベートジェットの中で少し落ち着いて話している部分は、さほど聞き取りにくくありません。

石原さとみの現在の熱愛彼氏は誰?一般人?山下智久?

石原さとみは、これまでにも、多くのイケメン俳優たちとの熱愛が報じられてきました。相手は、ドラマなどでの共演者がほとんどです。主立ったところでは、滝沢秀明、生田斗真、佐藤健、小栗旬といったそうそうたる顔ぶれ。現在の熱愛彼氏ですが、一般人との交際の噂があります。一般の方ということで、詳細は出ていませんが、付き合いは古く、石原さとみにとって信頼できる相手であるとか。

その一方で、山下智久との熱愛も噂されています。山下智久と石原さとみの熱愛は、2015年に一度、「女性セブン」が報じました。その後、特に情報も出なかったため、ガセと見られていました。しかしここにきて、熱愛彼氏だという噂が再燃してします。まず、山下智久も出演していた2015年から2016年のジャニーズカウントダウンコンサートで、石原さとみの姿を目撃したという芸能関係者が多数います。

当時の石原さとみは、ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」で、山下智久と共演していました。共演者ということで、山下智久がコンサートに招待したものと考えられますが、「共演者というだけでわざわざ年末に行くだろうか?」と首を傾げられています。

さらに、2016年10月中旬、大阪帰りの山下智久が、品川駅で降りると、待機していた車で、石原さとみのマンションに向かったという話もあります。もちろん、仮に2人が交際しているとしても、厳戒態勢下でのお付き合いですから、会うのは自宅、通うのは、タクシーではなく自家用車、という徹底ぶりであるとのことです。

石原さとみ主演ドラマ「校閲ガール」に校閲者から疑問!フィクションだからこそできること

石原さとみ主演ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」は、開始早々から、主人公・河野悦子のファッションや行動に、本職の校閲者から疑問の声が続出しています。内容は、「校閲者はあんなファッションやバッグで仕事をしない」「校閲者は作家と直接会うことはない」「校閲者は事実確認のためにわざわざ北海道まで行かない」「校閲部は経験がものをいうので、編集経験のまったくない素人が配属されることはない」「校閲部からファッション雑誌の編集部に異動など、聞いたことがない」など。

校閲という仕事が「地味」であることは、本職の校閲者も認めるところ。校閲が「地味」であるのは、校閲者として名前が表にでることは基本的にないことと、仕事内容として非常に地道な作業が続くために、「仕事をしやすい服装」と「最低でもA4サイズが入るバッグ」が必要で、流行の「ファッション」からはほど遠く、実用性重視のスタイルで働くことが多いことが、違和感を覚える主な理由であるようです。

しかし、「校閲ガール」は、そうした「地味」な校閲部に、ファッション雑誌編集部を志望する「派手」な河野悦子が入ることで化学変化を起こすフィクション。「地味」な部署に、「地味」な主人公が入って、「校閲とはどのような仕事か」を紹介する堅実なお仕事ドラマではありません。あえて「派手」をいれることで、破天荒な主人公の行動が鮮やかに描き出されるところが、本作の見どころの1つともいえ、それはまさに、フィクションだからできることでもあります。

実際、ドラマの中では、河野悦子の派手さや行動力は、部署の先輩からもたしなめられていますから、現実の校閲の仕事を全く無視して作られているわけでもありません。もちろん、校閲者が表舞台に出ることの是非は、当事者抜きに語ることは不可能です。しかし、「こんなに地味だけど、とても重要な仕事が世の中にはある」と伝えられる「校閲ガール」は、校閲が何かを知らない世間一般の人間には、とても興味深い作品になっています。

「校閲ガール」で描かれている校閲者の姿は、現実と想像のミックス。突き抜けたキャラクターを演じる石原さとみの演技力も手伝って、「こんな人が校閲部に来たら……」との想像は、河野悦子と、現実の校閲者に近い姿をもった校閲部の同僚たちとの好対照から堪能することができます。現実の校閲者とは異なる部分を探しながら観るのも、「校閲ガール」の見方の1つかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る