石原彪(京都翔英高校)京都のドカベンにプロ注目!身長体重は?

石原彪(京都翔英高校)京都のドカベンにプロ注目!身長体重は?出典:http://www.hb-nippon.com

石原彪(京都翔英高校)京都のドカベンにプロ注目!身長体重は?

石原彪(京都翔英高校)は京都のドカベン!プロも注目する打てる捕手

石原彪(京都翔英高校)は、「京都のドカベン」と呼ばれる、プロも大注目している野球選手です。野球漫画「ドカベン」の主人公である山田太郎が、がっちりした体格の捕手であったことから、似たタイプの選手が「ドカベン」と呼ばれます。2016年夏の高校野球で、優勝候補の1校である京都翔英高校の主将を務める石原彪は、四番で捕手。打てる捕手として、プロ野球のスカウトからも高い評価を得ています。

スカウトからは「こんなに肩が強い捕手はいない」などの評価が高く、阪神やオリックスなどのスカウトが動いているとの噂も。2塁への送球が2秒を切れば、プロでも強肩といわれますが、すでに1.9秒台で送球できるという石原彪。京都のドカベンと呼ばれる石原彪は、打ってよし、捕ってよしのバランスが魅力の、将来が楽しみな高校野球児です。

石原彪(京都翔英高校)の身長体重は?京都のドカベンは走るのも速かった!

石原彪(京都翔英高校)の身長や体重などのデータはどのようになっているのでしょうか。石原彪は高校生なので、まだ成長途中のせいか、確認できる数値にはややばらつきはありますが、現在の石原彪の身長は172cmで、体重が88kgくらいのようです。しかもこのドカベンを思わせる体格で、50m走はなんと6秒ジャスト!だとか。打者としても四番を務める強打者であり、捕手としては、2塁への送球が2秒を切るなどのデータを総合すると、強肩・強打で、足も速いということになります。

体形的に京都のドカベンと呼ばれますが、これだけのスペックならば、プロも注目するのは至極当然のこと。現時点でさえ、すでに、スカウトから「今プロになっても、2軍で十分に目立てる」といわれるほどの逸材ですから、卒業後の進路が、今から気になるところです。

スポンサーリンク

石原彪(京都翔英高校)の小学、中学時代!捕手一筋の経歴とは?

石原彪(京都翔英高校)の小学、中学時代を探る!

石原彪(京都翔英高校)は、小学校時代から捕手一筋。向島東中学校に進学してからは、少年野球チームの南山城ボーイズに所属していました。その後、U-15日本代表に選ばれたことで、全国の高校から推薦入学の声が掛かったようですが、石原彪は、松山商業高校と亜細亜大学で捕手をしていた太田弘昭が監督を務める京都翔英高校に進学を決めました。

小学、中学時代から野球一筋の生活をしてきた石原彪は、京都翔英高校に進学し、京都のドカベンと呼ばれるようになると、とうとうプロも注目する野球選手になりました。プロのスカウトマンたちをもうならせる打撃力や強肩には、ちょっと気が早いかもしれませんが、石原彪はすでにメジャーを見据えているのでは?という声もあるほどです。

石原彪(京都翔英高校)の捕手一筋の経歴とは?他のポジションの経験は皆無?

石原彪(京都翔英高校)は、捕手一筋の経歴といわれていますが、他のポジションを経験したことは一切ないのでしょうか。さまざまなサイトには、石原彪の経歴は捕手一筋と書かれています。しかし、あるインタビューに答えたときに、「最初は外野をやっていた」と答えている石原彪。おそらくこれは、小学校低学年のほんの一時期のことでしょう。強肩を買われて以後は、すぐに捕手に転向したようです。

スポンサーリンク

石原彪は、捕手のポジションについて、「ゲームを動かすことができる捕手にはやりがいがある」と話しています。ちなみに憧れの選手は、西武の森友哉だとか。捕手というのは育てるのに時間がかかるということで、どの球団も頭を悩ませるポジションです。そこに石原彪のような捕手一筋の経歴を持ちながら、強肩・強打・強脚の捕手が登場したのですから、各球団とも、喉から手が出るほど欲しい逸材といえるのではないでしょうか。

石原彪(京都翔英高校)京都のドカベンが甲子園初出場を決めて大号泣!!

石原彪(京都翔英高校)が所属する京都翔英高校は、第98回全国高校野球選手権京都大会の決勝において、福知山成美高校を征して、初の甲子園出場のキップを手にしました。スコアが1-11という大差での圧勝に、勝利が確定した瞬間、石原彪は、マウンドの高向遼平と抱き合って喜びあいました。そしてインタビューでは、「チーム一丸で甲子園に出られることがうれしい」とコメントして大号泣。石原彪の甲子園にかける思いが溢れる場面で、監督も思わず男泣きする事態になりました。高校野球の本大会は8月7日から15日間の日程で行われ、組み合わせ抽選会は8月4日に開催される予定となっています。

この組み合わせ抽選会は、試合以外では、最も注目され、盛り上がるイベント。選手にとっては、せっかく出場したのに1回戦で強豪と当たっては大変!ということで、抽選会とはいえ、真剣そのもの。すでに戦いは始まっているといえるでしょう。石原彪は、京都のドカベンと呼ばれ、その強肩・強打・強脚には、プロのスカウトも目をつけるほどの逸材です。

甲子園出場を決め、波に乗っている石原彪ですが、周囲はすでにドラフトの行方に注目しています。早ければ、来年のドラフトで、石原彪の姿を見ることができるかもしれません。石原彪が次世代の野球界を牽引する存在になるのも遠い日ではないでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る