Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
石崎ひゅーいの本名にビックリ!放送事故級のライブパフォーマンスが熱い!

石崎ひゅーいの本名にビックリ!放送事故級のライブパフォーマンスが熱い!

石崎ひゅーいの本名にビックリ!放送事故級のライブパフォーマンスが熱い!出典:http://okmusic.jp

石崎ひゅーいの本名にビックリ!放送事故級のライブパフォーマンスが熱い!

石崎ひゅーいは母親が命名した本名!蒼井優との熱愛報道で知られるシンガーソングライター

石崎ひゅーいは、女優・蒼井優の熱愛彼氏と報じられたシンガーソングライターですが、報道があった時には、風変りな名前を気に留めた方も多いでしょう。たしかに、”ひゅーい”とは、本名や芸名の由来が気になってしまう名前です。ところが、”出生名・石崎ひゅーい”と書かれたプロフィールを見てビックリ。なんと、”ひゅーい”は、芸名ではなく、ひらがな表記であることも含めて、全くの本名そのものだったのです。

石崎ひゅーいは、昭和59年、1984年3月7日生まれですが、キラキラネームが浸透していない時代にあって、かなり独創的な命名です。名付けたのは、すでに他界している母親で、グラムロックのカリスマ歌手、デヴィッド・ボウイの大ファンだったため、その息子の名前”ゾーイ”に触発されて命名したのだとか。この母親のぶっ飛んだセンスは、後の石崎ひゅーいの音楽活動に、少なからず影響を与えている気がしてなりません。

石崎ひゅーいがMステで放送事故か!?イカれたライブパフォーマンスに震撼が走る

石崎ひゅーいのテレビ初パフォーマンスとなった2013年放送の「Mステ」は、ネットを中心に、放送事故だったと話題を集めました。この日、石崎ひゅーいが披露した「夜間飛行」は、”世界中のあらゆる問題の中で、好きな女の子のことしか考えられない”という、ストレートな恋心を歌った素敵なナンバーです。

CDなどの音源で聴いただけでも、感情をむき出しに表現する石崎ひゅーいの歌声には、かなり特異性を感じるかもしれません。ところが、かの甲本ヒロトばりに無軌道に飛び回り、叫んだかと思えば、カメラに顔面を押し当てるといったライブパフォーマンスは、完全に常軌を逸したものでした。

スポンサーリンク

それで、”錆びたピストル、冷蔵庫の中のチンパンジー”などという、常人には解釈不能な歌詞を歌ったものですから、ますます狂気を感じてしまうというものです。生放送ではないライブになると、カメラマンのカメラを取り上げたり、MV撮影で唐突に全裸になったりと、さらに奔放さがみられる石崎ひゅーい。

何だかんだと言いつつ、生放送ではわきまえているようなので、完全にイカれているわけでもなさそうですが、テレビの枠に収まり切れないセンスの持ち主であることは確かです。

石崎ひゅーいの出身校!「ピーナッツバター」「夜間飛行」タイアップ曲多数!

石崎ひゅーいの出身校は和光大学!デビューまでの経歴は?

石崎ひゅーいは、茨城県水戸市出身です。出身中学や高校は明らかにされていませんが、音楽に目覚めたのは中学3年生の時。友人に誘われてバンドボーカルを務めたことがきっかけとなり、東京都町田市の私立大学・和光大学の1年生時まで、コピーバンドで活動していました。

スポンサーリンク

2004年10月に結成した「astrcoast」で、本格的なバンド活動を始めた石崎ひゅーい。横浜のライブハウスで、石崎ひゅーいの全身全霊のライブパフォーマンスに衝撃を受けたという、尾崎豊のプロデュースで知られる須藤晃の薦めもあって、2010年からはソロへと転向しています。

そして2012年7月、石崎ひゅーいは、大好きだった亡き母親への思いを歌った同名曲を含む、ミニアルバム「第三惑星交響曲」でメジャーデビューを果たしました。

石崎ひゅーい「夜間飛行」「ピーナッツバター」タイアップ曲の多さから分かる業界の期待

石崎ひゅーいのデビュー曲「第三惑星交響曲」は、スペースシャワーTV月間パワープッシュと、M-ON月刊レコメンドの2冠を達成するなど、滑り出しから異色の注目を集めました。Mステで披露した「夜間飛行」が、人気ドラマ「みんな!エスパーだよ」のエンディングテーマとして起用されると、2014年には、「ピーナッツバター」が、ムロツヨシ主演ドラマ「新解釈・日本史」の主題歌に。

その他にも、映画「みんな!エスパーだよ」のオープニングテーマや、テレビアニメ「ハイキュー!!」、CMソングなど、CDシングルとしてリリースしたものから、配信限定の楽曲まで、ほとんどにタイアップが付いています。

リアルな日常的感情を表現するエネルギーと、ファンタジックな想像力を持つ石崎ひゅーいの楽曲は、キレ気味であるにもかかわらず、映像作品の物語性をグ引き立てる空気感が素晴らしいですよね。誰もが知る大衆的アーティストというわけではありませんが、タイアップの多さからは、業界の高い期待がうかがえます。

石崎ひゅーい「アズミ・ハルコは行方不明」で映画デビュー!蒼井優は奇抜な才能に惚れた?

石崎ひゅーいと、女優・蒼井優の深夜のファミレスデートと自宅お泊り熱愛が報じられたのは、2016年10月初旬のことでした。蒼井優は、2016年5月に発売された、石崎ひゅーい2ndアルバム「花瓶の花」の同名収録曲のMVに出演しており、12月公開の映画「アズミ・ハルコは行方不明」では共演関係にあります。

映画初出演の石崎ひゅーいにとって、日本を代表する女優である蒼井優は近寄りがたい存在でしたが、「ジュースを飲もう」と緊張を解いてくれた彼女へのイメージは、次第に変化していきました。そして、劇中では、蒼井優演じる主人公アズミ・ハルコが、石崎ひゅーい演じる同級生・曽我と偶然の再会を果たして、一夜を共にするなどというシーンもあります。

熱愛関係に発展しても不思議ではない気がしますが、10月末の第29回東京国際映画祭に登場した時には、揃って交際を否定している石崎ひゅーいと蒼井優。一部では、熱愛報道が出た当初は交際の事実はなかったものの、それをきっかけに急接近したという話もありました。

映画宣伝のためにあえて熱愛スクープを撮らせたのでは?との見方もできますが、蒼井優は、「ひゅーい君みたいに生きられたらいいなと思う」とも言っています。名前、楽曲のサウンド、歌声、歌詞、ライブパフォーマンスと、どこまでも凡庸ではない驚きに満ちている石崎ひゅーい。「ネットサーフィンして、映画観て、自慰行為をして、酒飲んで、曲ができる」という、鬱屈しているようでナチュラルな感性は、芝居にストイックなアーティスト・蒼井優が惹かれる可能性も十分にありそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る