一色紗英の夫・サーフェン智人とは?ロサンゼルスの自宅で自然派子育て実践中!

一色紗英の夫・サーフェン智人とは?ロサンゼルスの自宅で自然派子育て実践中!出典:https://matome.naver.jp

一色紗英は清純派女優としてデビュー!夫・サーフェン智との馴れ初めや海外での夫婦生活は?

一色紗英は三井リハウスCM、ポカリCMで清純派女優としてデビュー!

女優でタレントの一色紗英の登場は鮮烈でした。1991年に、三井のリハウスのCMのリハウスガールに起用された一色紗英は、初々しい笑顔を披露。三井のリハウスのCMは、初代リハウスガールだった宮沢りえが「白鳥麗子」役で有名になって以降、そのキャスティングが常に注目されてきた人気CMです。

一色紗英以外にも、坂井真紀や池脇千鶴、蒼井優、夏帆など、今も活躍している人気女優を輩出してきました。さらに、一色紗英の名を広く知らしめることとなったのが、新人女優の登竜門とも言われる大塚製薬ポカリスエットのCMでしょう。思春期の少女ならではの健康的な色香を漂わせる水着姿の一色紗英のポカリCMは、大注目を集めて視聴者を魅了。一色紗英は、2つのCM出演を通して、清純派女優としてこの上なく順調なスタートを切りました。

一色紗英は海外でセレブ夫婦生活中!夫・サーフェン智との馴れ初めは?

一色紗英は、日本とロシアのハーフで、2002年5月に結婚した夫のサーフェン智もまた、日本とアメリカのハーフです。2人の馴れ初めは、仕事を通じての出会いでした。男性向けファッション雑誌「メンズノンノ」などでモデルを務めていたサーフェン智とは、同じくモデルの仕事をしているときに出会った一色紗英。交際歴は5年にも及んだとのことですが、結婚したのと同じ年の11月には長女が誕生していますから、できちゃった結婚ということになります。

続けて、2004年には次女、2006年には長男をもうけた2人は、現在アメリカのロサンゼルスで生活しています。ファッションブランドを立ち上げたりデザイン事務所を経営したりと実業家として活動するほか、映画監督の顔も持つ夫サーフェン智と共に、ビバリーヒルズで豪華なセレブ生活を送っていることでも注目の的です。

スポンサーリンク

一色紗英の自然派子育て実践中!ファッションブランド「archi」が長年愛される秘訣とは?

一色紗英は3人の自然派子育てをロサンゼルスの自宅で実践中!

一色紗英は家族そろってアメリカに移住してからも、日常生活や子育ての様子についてインスタグラムで公開しています。そもそもロサンゼルスに移住することを決めたのも子供たちを思ってのことでした。「幼少期に自然の営みを日々体感して、人間としての根っこに持っていて欲しいと思って」「海があって、大地を感じられて、空が抜けているという、私たちが大事に思う要素が揃っている」ことから自然豊かな土地を選んだそうです。

当然、インスタグラムにアップされている写真も、美しい自然の風景や、すくすくと育っている様子の子供たちのものばかり。まさに「ナチュラル」「自然派」「エコ」などという言葉がぴったりな佇まいを見せる一色紗英。周囲を彩る青い海や空にも思わず見とれてしまいます。

自然とともに生きることを大切にしている一色紗英の願い通り、ロサンゼルスの陽光を浴びて伸び伸びと育っている子供たちですが、3人そろって美形であることも見逃せません。長男の陽出(ひので)君のイケメンぶりに注目しているファンも多いようです。

スポンサーリンク

一色紗英はファッションブランド「archi」のディレクター!

一色紗英の夫サーフェン智は、ファッションブランドを立ち上げ、映像やグラフィックのデザイナーを務める実業家ですが、彼女自身もファッションブランド「archi(アーキ)」を立ち上げディレクターを務めています。1999年に創立された「archi」は、イギリスやアメリカへ留学した経験を持つ一色紗英が惹きつけられたという、世界各地の伝統的なデザインを反映させたアイテムが揃うファッションブランド。日本各地のセレクトショップで販売されているほか、公式通販サイトもあります。

自然派を愛する一色紗英ならではの、オフホワイトやベージュなどのアースカラーを基本とするシンプルで上質な衣服が揃う「archi」。洋服はもちろんのこと、インナーやコスメなど、ライフスタイルを彩るアイテムを扱っている点も、間もなく20年を迎える息の長いブランドとして愛されている理由でしょう。多忙で大変なことも多いと明かしている一色紗英ですが、3人の子供たちと同様に、「archi」も大切に育んでいます。

一色紗英がインスタで吉川ひなの、矢田亜希子と美の共演!

アメリカへ渡ってからというもの芸能活動がほとんど見られない一色紗英ですが、インスタグラムを見ると、その生活ぶりの一端を知ることができます。自然豊かな海を背景にしたショットや、広々としてセンスの良い家具に囲まれたリビングで遊ぶ子供たちの様子などは、羨ましい限りです。

一方で、自然派であることを好むだけあって、かなりナチュラスメイクの一色紗英を見て、「劣化した気がする」「50代に見える」などと叩く声もあるのも事実。しかし、長年の友人である吉川ひなののインスタグラムで公開されたツーショット画像を見たファンからは、「2人とも変わらない」と賞賛する声が続出しています。さらに、矢田亜希子と並んだどアップの写真にも、「2人ともキレイ」と、40歳を迎えてもまったく変わらない容姿に喜びの声が集まりました。

自らが望んで移住したロサンゼルスの豊かな自然の中で、ストレスも少なく、子育てライフを楽しんでいると思われる一色紗英。自身の立ち上げたファッションブランド「archi」も人気を保ち続け、まさに公私ともに絶好調であることが、美しさを維持することにもつながっているのではないでしょうか。持って生まれた美しさに加え、人生の充実感によって内面からの輝きも増す一方の一色紗英は、今まさに怖いものなしのように見えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る