伊藤歩は「昼顔」の乃里子役ですっかり悪役女優に!実は歌手だった!?

伊藤歩は「昼顔」の乃里子役ですっかり悪役女優に!実は歌手だった!?出典:http://moco-garden.com

伊藤歩は「昼顔」の乃里子役が怖い!すっかり悪役女優に!?

伊藤歩はドラマ「昼顔」の乃里子役が狂気的と話題に!

「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」は、ごく平凡に暮らしていた主婦・笹本紗和(上戸彩)と、妻に溺愛されている少し変わり者の高校の生物教師・北野裕一郎(斎藤工)の禁断の恋を描いたドラマ。「平日昼顔妻」を題材にし、2014年7月から放送が開始されました。

「平日昼顔妻」とは、フジテレビの情報番組「ノンストップ!」内で特集された、夫のいない平日に不倫に走る主婦のことを指す造語です。この「昼顔」で、夫・裕一郎の不倫に翻弄されていく妻の北野乃里子を演じた伊藤歩の狂気に満ちた演技が「怖い」と話題になっています。夫の変化にいち早く気づいた頃の乃里子は、ただ純粋に夫を愛する健気な妻そのものでした。

しかし、不倫の現実が確証に変わっていくと、乃里子の心のバランスは崩れ、女の本性があらわになっていきます。浮気を疑う乃里子が放った一言は「まさか浮気なんかしてないよね」ですが、その後に続いたのは、「そんなことしたら私殺すからね。相手の女」。このセリフは、話が泥沼化していくにつれて重みを増していきました。

少し影を落としたような雰囲気を持つ伊藤歩が、夫を取り戻そうとする熱情を心に秘めた乃里子を演じることでリアリティが増し、視聴者を虜にしたのは確かです。2017年夏には、ドラマの続編が映画化され、一度は別れた紗和と裕一郎が、運命のいたずらにより再会してしまいます。夫を離すまいとする乃里子のさらにパワーアップした狂気の姿から目が離せなくなることでしょう。

スポンサーリンク

伊藤歩はすっかり悪役女優に?!実力があるからこそ演じられる嫌われ役

伊藤歩は、最近、悪役が板についてきたともっぱらの評判です。それは、ドラマ「昼顔」以外にも、2016年7月に放送されたドラマ「営業部長 吉良奈津子」でも嫌われ役を演じていたからでしょう。松嶋菜々子が演じた主人公の吉良奈津子が雇ったベビーシッターの坂部深雪役として出演した伊藤歩。奈津子の夫・吉良浩太郎(原田泰造)を誘惑し、家庭を崩壊させようとする女性を演じました。

深雪が見せる美しい笑顔の裏に隠されたしたたかな女の欲望や嫉妬心にぞっとし、恐怖を感じた視聴者も多かったはず。今や悪役女優との呼び声もある伊藤歩ですが、これまでには、悪役に限らず、青春ものからコメディまで、実に多数の作品に出演し、多彩な役を演じてきました。悪役を見事に演じられるのも、実力派女優としてキャリアを積んできた伊藤歩の幅広い演技力があってこそ。それがまた、女優としての魅力にもつながっています。

伊藤歩は映画「スワロウテイル」が印象的!実は歌手だった!?

伊藤歩は映画「スワロウテイル」が印象的!女優人生のスタートはここから

伊藤歩は、6歳の頃から、雑誌のモデルをしていた過去があります。スクリーンデビューしたのは、1996年、16歳のときです。音楽も映像も新鮮で、当時ではセンセーショナルとも評された岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」でした。本作で、伊藤歩は、CHARAが演じるグリコの妹分アゲハという重要な少女役を演じています。アゲハは、日本に出稼ぎにくる外国人娼婦2世という難しい役どころ。

スポンサーリンク

母親が亡くなり、身内にたらい回しにされているときにグリコと出会い、そこからストーリーが進んでいきます。お金が全ての世界で、夢を思い描き、もがきながら生きる人々を描いた「スワロウテイル」のはかない世界観。伊藤歩は、その独特な世界を体現した演技力が高く評価され、第20回日本アカデミー賞「新人俳優賞」「優秀助演女優賞」を受賞し、華々しい女優デビューを果たしました。

伊藤歩は実は歌手だった!?Ayumiとしての顔

伊藤歩の実力は演技だけではありません。実は、歌手として音楽活動もしています。2001年に結成されたロックバンド「Mean Machine(ミーンマシーン)」に参加している伊藤歩。他には、CHARA、YUKARIE、ちわきまゆみ、元JUDY AND MARYのYUKIがいるという豪華メンバーでした。伊藤歩は、Ayumi名義でヴォーカルを担当。Ayumiの時は、演技をしている時の雰囲気とは違い、ガーリーな歌声で、明るくはじける姿が印象的です。

デビュー曲を含めて、今までにシングル2枚とアルバム1枚をリリースしてきた「Mean Machine」。デビュー曲の「スーハー」は、テレビ朝日の東京国際マラソンのイメージソングとして起用されました。2010年、2012年には、サンボマスターの曲にゲストボーカルとして参加したりと、歌手としても精力的に活動していたAyumiこと伊藤歩。芝居とは一味違う歌手Ayumiのあふれんばかりの歌声を聴いてみてはいかがですか?

伊藤歩の次の役は崖っぷち役!?新ドラマ「セシルのもくろみ」に出演

2017年7月スタートの新ドラマ、木曜劇場「セシルのもくろみ」に、伊藤歩が出演します。原作は、ファッション雑誌「STORY」で、2008~2010年にかけて連載された同名小説です。あらすじは、普通の専業主婦だった主人公の宮地奈央が、ひょんなことから人気雑誌「ヴェニティ」の読者モデルに起用。一度はオンナを捨ててしまった奈央が、さまざまな女性たちの生き様に触れ、もがき奮闘する姿を描きます。

自分のあり方を考え、本当の幸せとは何だろう?と考えるきっかけをくれる、そんなメッセージ性の強いドラマに仕上がっているそうです。奈央が、はたして一流のモデルに上り詰めることができるのか!?というところも気になりますが、豪華な出演者たちにも注目です。

30代以上を読者ターゲットにしている「STORY」にふさわしく、キャスティングされているのは、いわゆる「オトナのオンナ」たち。多くの女性たちからの支持が高い、今がまさに旬の女優たちが多数起用されています。主人公の宮地奈央は真木よう子、カリスマモデル浜口由華子には吉瀬美智子が。雑誌「ヴェニティ」の編集長・黒沢洵子を板谷由夏、「ヴェニティ」のナンバー2モデル安永舞子を長谷川京子が演じます。

気になる伊藤歩の役どころは、勤めていたファッションブランドのPR職を失い、「ヴァニティ」で主人公の奈央とタッグを組むことになる崖っぷちファッションライターです。理想と現実のはざまに揺れる視聴者と等身大の女性像を、伊藤歩がどう演じていくのかも見どころです。最近は嫌われ者の役が多かった伊藤歩だけに、ドラマ「セシルのもくろみ」で、どのようなはじけっぷりを見せてくれるのかが楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る