五輪真弓のデビューアルバムにシンガーソングライターの女王キャロル・キングが参加していた!

五輪真弓のデビューアルバムにシンガーソングライターの女王キャロル・キングが参加していた!出典:https://ssl.alpha-prm.jp

五輪真弓は女性シンガーソングライターの先駆け!生い立ちやプロフィールは?

五輪真弓のデビューアルバムにシンガーソングライターの女王キャロル・キングが参加していた!

矢沢永吉率いる伝説のロックバンド「キャロル」が初めてテレビに登場し、注目を浴びた1972年。CBSソニーから、まだ21歳の女性シンガーソングライター五輪真弓が、アルバム「五輪真弓/少女」でデビューし、アルバムタイトルとなった「少女」がシングルカットされました。

「少女」は、その独自の音楽性と圧倒的な歌唱力で、これまで歌謡曲やフォークしか聞いてこなかった若者たちだけでなく、通な音楽ファンまでを驚愕させます。しかし実は、五輪真弓は、デビュー前から業界を震撼させていました。アルバムを制作するため、単身アメリカのロサンゼルスに渡り、当時まだ珍しかった海外録音を行った五輪真弓。彼女のデビューをさらに伝説化したのは、「つづれおり」で知られるシンガーソングライターの女王キャロル・キングが、五輪真弓のデモテープを聞いて、レコーディング参加を自ら希望したことです。

当時のキャロル・キングと言えば、「イッツ・トゥー・レイト」で全米チャートの1位を獲得した最中で、まさに黄金期を迎えんとしていた全米音楽界の歌姫。こうして、一流のミュージシャンやエンジニアが集まり、画期的なアルバム「五輪真弓/少女」が誕生しました。もちろんそれは、五輪真弓の才能が、プロとして認められたからに他なりません。

五輪真弓は東京生まれでフォークソングが好きな普通の少女だった?!

五輪真弓は、1951年、東京生まれです。しかし、そのルーツは、父親の出身地である長崎県の五島列島の1つ、久賀島の五輪地区にありました。父親は敬虔なカトリック信者で、祖父は教会でオルガンを弾いていたと言いますから、音楽の才能は血筋なのかもしれません。「和製キャロル・キング」などとも呼ばれた五輪真弓ですが、決して帰国子女などではなく、高校時代は、友だちとフォークデュオを組む普通の女の子でした。高校を卒業した五輪真弓は、米軍キャンプや渋谷ジャンジャンで、フォークソングの弾き語りをしながら、シンガーソングライターを目指します。本格的に作曲活動を始めたのは、ロサンゼルスにアルバム制作に渡る半年前というから、五輪真弓が持っていた才能の凄さが分かるというものでしょう。

スポンサーリンク

五輪真弓「心の友」は海外でも大ヒット!結婚した夫や子供は?

五輪真弓はバックバンドのミュージシャンと結婚して子供が2人

五輪真弓のストレートヘアーでエキゾティックな顔立ちは強烈なインパクトがあり、当時全盛の歌番組に出演しても、その存在感は圧倒的で、異彩を放っていました。デビュー曲「少女」に続いて、「煙草のけむり」や「さよならだけは言わないで」などが次々とヒット。さらに五輪真弓の存在を決定付けたのが、1980年「恋人よ」の大ヒットです。人気絶頂の五輪真弓は、結婚するまで、年間130以上のステージをこなし、数多くの海外公演も行ってきました。

しかし、1984年に、バックバンドのメンバーだった鈴木宏二と結婚してからは、長男と長女の2人の子供に恵まれ、出産・育児のために活動をセーブ。表立った活動は控えていましたが、子育てを終えた現在は、夫婦2人で五輪真弓音楽事務所「ロレイユ」を運営し、音楽活動を積極的に行っています。

五輪真弓は東南アジアでも大人気!インドネシアでは「心の友」が第二の国家と呼ばれるほど大ヒット

五輪真弓の歌は、国内だけでなく、東南アジア各国にも広く浸透して大人気です。中でも、インドネシアでは、1982年発売の「潮騒」に収録された「心の友」が、「第二の国歌」とまで言われるまでの大ヒットとなりました。また、1982年と1983年、そして再び2014年にも香港でコンサートを開いているという事実は、根強い人気の高さを証明していると言えるでしょう。五輪真弓は、日本における女性シンガーソングライターの嚆矢であり、その独自の音楽は、半世紀近くを経た今も色あせることがありません。

スポンサーリンク

五輪真弓がデビュー45周年記念コンサートをスタート!

五輪真弓が、デビュー45周年を記念したコンサートツアー「DEBUT 45TH ANNIVERSARY 五輪真弓コンサート2017 ~flower~」をスタートしました。第一弾公演は、2017年5月20日、東京・かつしかシンフォニーヒルズのモーツァルトホール。それ以降も、7月29日の鹿児島・宝山ホールまで計11公演を行い、8月に休みを挟んで、9月以降も継続されます。

オフィシャルサイトに挙げられているツアー歌唱曲には、「恋人よ」「いつかあなたと」「さよならだけは言わないで」「少女」などの人気曲がズラリ。さらにYouTubeでは、ツアーのスポット映像に加え、東京・PARCO西武劇場で行われたライブ(1983年8月に)の映像をベースに製作された映画「五輪真弓’83」から、「恋人よ」の映像の一部が公開されています。

考えてみると、五輪真弓は、とても不思議な歌手です。1970年代の歌謡界だけでなく、ニューミュージック界とも一線を画し、孤高の音楽活動を続けてきました。しかし、日本だけでなく、東南アジア各国で今なお高い人気を誇る五輪真弓の楽曲には、音楽の持つ無限の普遍性と才能を感じずにはいられません。

「デビュー前の20歳の女の子が、あのキャロル・キングに堂々と注文をつけていた」と当時の情景を振り返っているのは、五輪真弓のデビューアルバムを担当した金子洋明プロデューサーです。続けて、「アーティストとはそういうものなのだと思った。全米No.1であろうとデビュー前であろうと」と語っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る