井浦新 結婚していた!嫁は政治家の娘「逆玉の輿」は芸能人にも波及!

井浦新 結婚していた!嫁は政治家の娘「逆玉の輿」は芸能人にも波及!

井浦新 結婚!「逆玉の輿」していた

井浦新 嫁の父は大物政治家?!

最近、男性芸能人が玉の輿に乗る、いわゆる“逆玉婚”の話題が増えています。先日俳優の大沢たかおさんと有名開業医の娘さんとの交際報道がありましたが、映画「ピンポン」やドラマ「リッチマン、プアウーマン」(フジテレビ)で注目を集めた俳優の井浦新さんも“逆玉婚”をした一人。

井浦新さんの嫁は大物政治家の次女で、しかも嫁の妹(三女)は、やはりモデル出身の俳優・鈴木一真さんと結婚しているんだそう。井浦新さんと鈴木一真さんは、「義理の兄弟」ということになりますね。

井浦新 嫁との結婚生活は?

井浦新さんの他にも話題の“逆玉婚”男子はこんな人が!「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)などのレギュラー番組を持つ、お笑いコンビ・ハライチのツッコミ担当、澤部佑さんも大手クリーニングチェーン白洋舎の社長令嬢と“逆玉婚”したことが発覚。また、2013年にタレントの芳本美代子さんと離婚した、俳優の金山一彦さんの再婚相手の大渕愛子弁護士は、お金持ちの顧客が多い事で有名なんだそうです。さて、井浦新さんの気になる結婚生活ですが、子煩悩で子供の面倒をよく見ているとのことで、幼稚園に通うお子さんを井浦新さんが送迎する姿も良く見かけられるとのことです。今年の青山学院初等部の入学式にも井浦新さんの姿があり、奥様と一緒に立つ娘さんの晴れ姿を、首から提げていたカメラで何枚も撮っていたそう!家族の幸せな様子が伝わってくるようですね!

「井浦新」ってどんな人?

井浦新 トップモデルから俳優へ

井浦 新(いうらあらた)さんは1974年9月15日 生まれの今年41歳。大学在学中、スカウトされて芸能界に入り、ファッションモデル「ARATA」として『MEN’S NON-NO』や『an・an』『smart』など、多くのファッション誌の表紙を飾り、1990年代後半にはパリコレや東京コレクションなどで常にトップモデルとして出演していました。俳優業では、2002年公開の『ピンポン』の準主役を演じて注目を集め、その後も多くのドラマ、映画等で活躍を続けています。一方で東京国立博物館の「文化大使」に就任したり、文化財修復保護や伝統工芸継承の支援などを目的とする一般社団法人・匠文化機構の理事長になるなど、美術や伝統工芸に強い関心を持つ一面もあるようです。

スポンサーリンク

井浦新 「ARATA」から本名「井浦 新」へ

長らく「ARATA」の芸名を使用してきた井浦新さんですが、2012年の大河ドラマ『平清盛』にて本名で出演することが発表され、次いで所属事務所の公式ホームページでも、本名の「井浦新」でこれからも活動することが告知されました。芸名を本名に戻す理由について井浦新さんは、2012年6月に公開された映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』に主演の三島役で出演した際、「三島さんを演じた役者の名前が、アルファベット表記でエンドロールに出ることは好ましくない」と考えたからと述べています。仕事に対し、とても真面目な印象をうけます。

井浦新の出身地 東京都日野市とはどんなところ?

井浦新の出身地 東京都日野市の特産品はブルーベリー!

井浦新さんの出身地、東京都日野市は東京都の多摩地域南部にある市。全体はイヌの横顔の形をしており、西を向いている犬の耳から後頭部、そして首にあたる部分を多摩川が流れ、南部に広がる多摩丘陵の北側を西から流れてきた浅川と南東部で合流しています。これからも分かるように水が豊潤な土地で、以前は「多摩の穀倉」と言われるほど稲作が盛んでした。現在も多摩地区の中では水田や野菜畑など農地が占める割合が多く、都市農業都市として紹介されることが多い土地で、新たな特産品のブルーベリーや、トマトやレタスの栽培も盛んに行われているそうです。

井浦新の出身地 東京都日野市は新撰組のふるさと

東京都日野市高幡にある、「高幡不動尊」の通称で知られる金剛寺は、成田山新勝寺などとともに、関東三大不動の一つとされる寺院。通称“高幡のお不動さん”と呼ばれ信仰を集めており、毎月28日の縁日には多くの参詣者で賑わいます。また、新選組副長として活躍した土方歳三の菩提寺である縁から境内には土方歳三の銅像や殉節両雄の碑があり「新選組のふるさと」としても有名だそう。続いて日野市にある「多摩動物公園」は、1958年5月5日に開園。上野動物園の約4倍ある敷地を生かし、動物たちが自由に動く姿を見せる、当時最新の無柵放養式展示を導入し話題となりました。日本で初めてフタコブラクダやインドサイなどの養殖に成功し、1984年には、日本で初めてコアラを飼育した動物園のひとつでもあります。その後日本は空前のコアラブームへと突入し、当時多摩動物園には長蛇の列が絶えなかったそうです!

スポンサーリンク

結婚しパパになっても人気が衰えない井浦新さん。色気のあるルックスと存在感が光る演技、これからも期待しています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る