ジェニファー・アニストンはブラッド・ピットの元嫁!離婚理由は?

ジェニファー・アニストンはブラッド・ピットの元嫁!離婚理由は?出典:http://ciatr.jp

ジェニファー・アニストンはブラッド・ピットの元嫁!離婚理由は?

ジェニファー・アニストンは「フレンズ」の人気女優でブラッド・ピットの嫁だった!

ジェニファー・アニストンは、1969年2月生まれで47歳になったアメリカの女優で、ドラマ「フレンズ」のレイチェル役で有名です。ジェニファー・アニストン演じるレイチェルは、お金持ちで世間知らず。自由奔放で、明るく、ファッション業界で働いているためとてもオシャレなレイチェルは、女性たちの憧れのキャラクターとして大ブレイクしました。

「フレンズ」で演じたレイチェル同様に、美しく魅力的なジェニファー・アニストンは、その後、数多くの男性と恋愛の噂が流れます。そんな中、世間の注目を集めることになったのが、1998年から始まった、超人気俳優ブラッド・ピットとの交際でした。ビッグカップル誕生だと騒がれたジェニファー・アニストンとブラッド・ピットは、そのまま2000年に結婚。ブラッド・ピットの嫁となったジェニファー・アニストンは幸せの絶頂を迎え、ここに、誰もが祝福し、誰もが羨む、セレブカップルが登場しました。

ジェニファー・アニストンとブラッド・ピットの離婚理由は?

ジェニファー・アニストンとブラッド・ピットは、2005年に正式に離婚してしまいました。今でも、「最も衝撃的なセレブ破局カップル」のランキングで上位を占める2人。ジェニファー・アニストンが、正式に離婚を申請した理由には、「和解しがたい性格の不一致」と記されていたそうです。

ブラッド・ピットが、後年、新パートナーであるアンジョリーナ・ジョリーとの間に築いた子だくさんの生活について、「我が家は、笑い声や叫び声、鳴き声などで常にうるさい。だから、家族がいないと、寂しくて最悪になる」と話しているところを見ると、ブラッド・ピットは、早く子供を持ちたい考えだったのかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、当時のジェニファー・アニストンは子作りに消極的だったことから、2人の間がギクシャクし始めたとも考えられます。そんな中、ジェニファー・アニストンとブラッド・ピットの離婚が決定的になったのは、ブラッド・ピットの浮気でした。

その浮気相手こそが、ブラッド・ピットの現パートナーであるアンジェリーナ・ジョリーです。ジェニファー・アニストンが、離婚の傷を乗り越えられたのはごく最近のこと。浮気したブラッド・ピットを許せるようになるまでには、かなり長い時間を費やしたようです。

ジェニファー・アニストンの現在の旦那は?母親を結婚式に呼ばなかったワケ!

ジェニファー・アニストンの現在の旦那は誰?

ジェニファー・アニストンは、2015年に、俳優であり脚本家のジャスティン・セローと再婚しています。お相手のジャスティン・セローは、「ズーランダー」や「チャーリーズ・エンジェル」に出演したほか、「アイアンマン2」などの脚本も担当した多才な人物。

スポンサーリンク

結婚直後から、「離婚の危機!?」という噂もあがっていたジェニファー・アニストンでしたが、2016年2月には、ジェニファー・アニストンの誕生日とバレンタインを合わせて、旦那・ジャスティン・セローと、パリでロマンチックなデートを楽しんでいる様子も報じられました。ジェニファー・アニストンと現在の旦那であるジャスティン・セローは、離婚の危機もなく、仲良く暮らしているようです。

ジェニファー・アニストンと母親の関係

ジェニファー・アニストンの母親ナンシーは、女優やモデルをしていた経験のある女性です。これまで、ずっと母親との不仲がいわれてきたジェニファー・アニストンは、母親の性格を、「妬みっぽく、批判的」だと語っています。モデルとして働けるほど美しかった母親のナンシーは、地味な娘ジェニファー・アニストンを、ことあるごとに厳しい言葉で批判し続けたのだとか。

その後、とうとう自分と娘の関係を暴露した「「From Mother and Daughter to Friends(原題)」を出版したことから、ジェニファー・アニストンは母親に立腹し、そのまま疎遠になりました。ブラッド・ピットとの1回目の結婚式、ジャスティン・セローとの2回目の結婚式、どちらの結婚式にも母親を呼ばなかったほどです。しかし、母親が怪我をしたとき、治療費を全額払ったりと献身的な態度を示したこともあったジェニファー・アニストン。2016年5月25日、母親のナンシーが他界したと発表したのもまた、ジェニファー・アニストン本人でした。5月12日、5年ぶりに母親に会ったのが最後になったそうです。

ジェニファー・アニストンが世界一の美女に!ゴールデングローブ主演女優賞ノミネートの実力派女優に成長

ジェニファー・アニストンは、雑誌「ピープル」にて、2016年度世界一の美女に選ばれ、2004年に続く、2度目の選出となりました。たしかに、47歳になったとは信じられないほど、「フレンズ」のレイチェルを演じた頃から、変わらぬ美貌を保ち続けているジェニファー・アニストン。彼女の若さと美しさを保っている秘訣は、「健康&丈夫でいること」だそうです。

主に気をつけているのは、生活習慣と食生活。たくさんの睡眠をとって、健康的な食生活を保ち、良い人生を送ることこそが、若さを保つ秘訣だと語っています。とは言っても、1時間のエクササイズを、最低でも週に6回は行っているといいますから、さすがの女優魂といったところでしょうか。

「フレンズ」で有名になった後、主役級の役を演じることが多くなったジェニファー・アニストンは、「Cake/ケーキ~悲しみが通り過ぎるまで~」では、役柄に合わせて体重を増やし、ほぼノーメイクで演技に挑みました。その体当たりの演技は高い評価をうけ、ゴールデングローブ主演女優賞にノミネート。惜しくも受賞はのがしたものの、世界一の美貌だけではなく、女優としての実力も兼ね備えていることを証明してみせました。最愛のパートナーを得て、着実にキャリアを重ねているジェニファー・アニストンの美しさが輝くのは、これからが本番に違いありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る