ジョン・カビラの実況は名人の域!結婚している?身長体重、本名は?

ジョン・カビラの実況は名人の域!結婚している?身長体重、本名は?

ジョン・カビラの実況が名人の域!結婚している?身長体重、本名は?

ジョン・カビラの実況が名人の域!欠かせない存在!

ジョン・カビラは、1958年11月1日生まれの57歳。沖縄県那覇市出身で、ラジオパーソナリティ等をしている人物です。特にFMの放送局「J-WAVE」では、開局当初からディスクジョッキーを務めているジョン・カビラ。二回の充電期間を除き、「J-WAVE」の看板ディスクジョッキーとして、現在も金曜日の朝の番組を担当しています。

また、もう一つの顔として、サッカーフリークであることでも知られているジョン・カビラ。ワールドカップ日韓大会や、コンフェデレーションカップなどでは、フジテレビのサッカー番組のメインキャスターを務めています。ジョン・カビラのサッカー実況の特徴は、適度な温度感でしょう。

日本チームなど、応援している側に過度に偏り過ぎることもなく、ゲームの展開に沿ったトーンで的確に実況するジョン・カビラ。彼自身、読売クラブのユースに所属していたというサッカー経験から、情報豊富で興味深いコメントも多く飛び出します。サッカー実況の素晴らしさが評価されたからなのか、サッカーゲーム「ウイニングイレブンシリーズ」でも実況を担当しているジョン・カビラ。今や、ジョン・カビラのサッカー実況は、名人の域に達していると言えるでしょう。

ジョン・カビラは結婚している?身長体重、本名は?クリスチャンで家族のつながりが強い!

ジョン・カビラは、看板ラジオパーソナリティらしく、低くて魅力的な声を持つだけでなく、口ひげを蓄えた顔もまたかなりのイケメンぶりです。女性ならば、ジョン・カビラが結婚しているのかどうか、気になるところでしょう!残念ながら、ジョン・カビラは、すでに結婚しており、娘さんもいることが知られています。

スポンサーリンク

では、声と顔はばっちりなジョン・カビラ。身長と体重はどれぐらいなのでしょうか。特に公表されてはいませんが、ジョン・カビラの身長は175cmくらいではないかと、言われています。ユースチームでサッカーをしていただけあり、比較的がっちりした体つきなので、ジョン・カビラの体重は、そう軽いということはなさそうですね。

また、ジョン・カビラの本名は、川平慈温(かびらじおん)と言います。父は、昭和女子大学監事を務める川平朝清、母親がアメリカ人のワンダリーという両親の元に育ったジョン・カビラ。キリスト教プロテスタントの一教派であるバプテストのクリスチャンであることから、教義に従って、家族との結びつきが強く、また大切にしていることでも知られています。私生活の情報があまり伝え聞かれないのも、家族の生活を大切にする、ジョン・カビラの考えによるものなのかもしれません。

ジョン・カビラと川平慈英は同一人物?本当の関係や違いは?

ジョン・カビラと川平慈英は同一人物?声質は近いものの、見た目がまるで違う!

実況がすごい!といえば、ジョン・カビラの他にもう一人、同じくサッカー実況で人気の高い川平慈英がいます。いかにもハーフっぽい顔立ちで、サッカー選手でもないのに、器用にサッカー実況をこなす2人。見る人によっては、もしかして同一人物?と思ってしまうかもしれませんが、ジョン・カビラと川平慈英は、ズバリ別人です。

スポンサーリンク

たしかに声質など似ているところもありますが、ジョン・カビラと川平慈英は別人と思って見てみると、見た目も違います。ジョン・カビラは、髭を蓄えたダンディな感じ。対する川平慈英は、髭もなく、ジョン・カビラよりもう若い見た目ですよね。

ジョン・カビラと川平慈英の本当の関係や違いは?ディスクジョッキーと俳優!

ジョン・カビラと、川平慈英の本当の関係はというと、実は2人は兄弟なのです。ジョン・カビラが兄で、川平慈英が弟。2人の間にはもう一人兄弟がいるので、実際の川平家は3兄弟。特に、ジョン・カビラと川平慈英は、2人揃って読売クラブのユースチームに所属しサッカーをしていたことから、兄弟そろって超のつくほどのサッカーフリーク。

声質も兄弟ですから近いものがありますが、兄のジョン・カビラのほうが低く、弟の川平慈英のほうが高いという違いがあります。サッカー実況にしても、ジョン・カビラはゲーム展開に応じて徐々にトーンを上げていくやり方で、川平慈英は、兄のジョン・カビラよりもテンションが高いラテン系。博多華丸・大吉の華丸が真似しているのが川平慈英と言うと、伝わりやすいでしょうか。また兄のジョン・カビラと違う点として、川平慈英は、俳優活動をしている点が挙げられます。

2013年から「楽天カード」のCMに出演、楽天カードマンというユニークなキャラクターを演じているのも川平慈英。認知度という点では、ジョン・カビラより、川平慈英のほうが高いであろうことも、2人の違いと言えるでしょう。

ジョン・カビラの今後は!?J-WAVEの番組を長く続けて欲しい!

ジョン・カビラは、2015年2月に行われた第87回アカデミー賞授賞式を中継したWOWOWでナビゲーターを務めました。幅広い活躍を続けるジョン・カビラではありますが、やはりJ-WAVEの番組を長く続けて欲しいと思います。以前は、平日朝の帯番組を担当していたジョン・カビラ。「Good mornig Tokyo!」という声は、目覚まし代わりになると評判でもあり、とても落ち着いた喋り方なので、朝を過ごすのに丁度良い番組でした。

現在のジョン・カビラは、金曜のみ担当となってしまっているので、できれば帯番組を担当してもらいたいというのが、ファンの素直な希望でしょう。AMラジオのディスクジョッキーには、ジョン・カビラより高齢の方が多くいて、それぞれ人気を博しているので、ジョン・カビラには、FMラジオの最古参ディスクジョッキーとして、記録を樹立するくらい頑張って欲しいと思います。

サッカーの実況者としては、ゲームの音声でもお馴染みになっているため、幅広い年代にファン層を持っているジョン・カビラ。最新作のウイニングイレブン2016でも、変わらず実況を担当し、ジョン・カビラの実況なしには語れないという方も多いのではないでしょうか。サッカーゲームの面白さを、さらに加速させるジョン・カビラの実況は、もはや名人芸。一度プレイしてみれば、ゲームだけでなく、ジョン・カビラの実況にも魅了されること間違いなしです!

ジョン・カビラは、今もなお、その良く通る声を維持し、耳を楽しませてくれる、実力派ディスクジョッキーの一人です。今後も多くの番組で、われわれの耳を楽しませてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る