梶裕貴と下野紘、花澤香菜との関係とは?!禁断のエピソード集!

梶裕貴と下野紘、花澤香菜との関係とは?!禁断のエピソード集!

梶裕貴と下野紘の恋人以上の関係とは?禁断のエピソード集!

梶裕貴と下野紘の恋人以上の関係はファンサービス?!禁断エピソード

アニメ「進撃の巨人」エレン役の声優・梶裕貴と、同じくコニー役の声優・下野紘は、恋人以上の関係にあると、よく言われているようです。お互いを「ゆうたん」「ひろたん」と呼び合う梶裕貴と下野紘。確かに仲が良ければ、お互いの誕生日にプレゼントを欠かさないなんてことも不自然ではないでしょう。

しかし、普通、男同士で旅行に出かけたとしても、1枚の掛布団の中で身を寄せあったり、じゃれ合ったりするでしょうか?これはもう恋人……いや、すでに一緒にお風呂に入った(酔っぱらって)という話もありますから、それ以上に心を許し合った恋人以上の関係ととれなくもありません。いかにも腐女子たちの「ハアハア」が聴こえてきそうな話ではありませんか。

ところが、この梶裕貴と下野紘の関係には、腐女子の「ハアハア」を狙ったファンサービスという噂もあるようです。さらに、プライベートでの交流は一切ないけれど、2人が既婚者であることを隠すために仲の良さを演じているという話まで出てきました。

梶裕貴と下野紘の関係は?実は既婚者?花澤香菜との関係は?!

「夕凪孝」名義でBL作品に裏出演している梶裕貴。確かに下野紘とのただならぬ関係は、彼のファンを大喜びさせそうです。そうなれば、梶裕貴が女性との恋愛・結婚をオープンにする事は禁断なのかもしれません。しかし、梶裕貴の左手薬指には指輪の跡がくっきり……。

スポンサーリンク

これには一体どんな意味があるのでしょうか。以前、梶裕貴には、共演が多い声優・花澤香菜との熱愛の噂がありました。互いのインタビューで、あまりにも一致しすぎている趣味や行動の数々、さらにカップル専用のペアTシャツをそれぞれが着ていたこともあって、同棲していたのではないかとも言われています。

しかし、まさか結婚していたんじゃないでしょうね?!それは与太話として、現在、梶裕貴は、同じく声優・内田真礼との同棲生活をスタートさせているそうです。梶裕貴が既婚者だったかどうかはわかりませんが、れっきとしたノンケであることは明らか。下野紘も薬指に指輪をつけていますから、腐女子にはちょっと残念ですが、2人の恋人以上の関係は、やはりファンサービスかもしれませんね。

梶裕貴の主演作品「七つの大罪」あらすじ感想ネタバレ!気になるキャストは?

梶裕貴の主演作品「七つの大罪」あらすじ感想ネタバレ!こうして旅は始まった!

梶裕貴の主演作品「七つの大罪」のあらすじを紹介しましょう。人並み外れた超能力をもつ聖騎士が台頭するリオネス王国の中で、7人の最強騎士団が、国を裏切って逃亡する事件が起きました。彼らは「七つの大罪」と呼ばれ、王国の聖騎士によって指名手配をかけられます。

スポンサーリンク

やがて、聖騎士たちの謀反によって、国王が幽閉されてしまったリオネス王国。リオネスの第三王女・エリザベスは、城から逃亡し、戦を始めんとする聖騎士を止めるために「七つの大罪」を探す旅に出ました。物語は、エリザベスが「七つの大罪」の1人である主人公「憤怒の罪・メリオダス」と出会うところから始まります。

メリオダスは、かつて「七つの大罪」の団長を務めたほどの圧倒的戦力の持ち主。彼もまた「七つの大罪」を探して放浪中でした。共通の目的を持つ2人の旅は、こうして始まったのです。要するにファンタジーものですが、この「七つの大罪」では、キャラの意外性が大人をも魅了するポイントになっています。

また、真剣な場面に、豚・ホークがシュールな笑いを挟んでくれるというテンポの良さも作品の面白さではないでしょうか。

梶裕貴の主演作品「七つの大罪」気になるキャスト!ライバル聖騎士は宮野真守!

来年のTBS系日曜17時枠での第2期アニメ放送が決定している梶裕貴の主演作品「七つの大罪」。もちろん梶裕貴が演じるのは、主人公「憤怒の罪・メリオダス」です。エリザべス役には「東京喰種イーグルス」「一週間フレンズ」の雨宮天。「七つの大罪」のメンバーには、強大な魔力を持つ「怠惰の罪・キング」に福山潤、巨人族の女の子「嫉妬の罪・ディアンヌ」に悠木碧、不死身で盗み癖のある「強欲の罪・バン」に鈴木達央、魔術師に命を吹き込まれた「色欲の罪・ゴウセル」に高木裕平、露出度の高すぎる美女「暴食の罪・マーリン」に坂本真綾がキャスティングされています。

「七つの大罪」メンバーのうち、「傲慢の罪・エスカノール」については、まだ原作漫画にも登場していないようですね。また、「七つの大罪」に復讐を誓う無慈悲な聖騎士・ギルサンダー役には、あの宮野真守、彼の幼馴染である聖騎士・バウザーに木村良平を起用。ちなみに、メリオダスの友人である豚・ホークは久野美咲が演じているそうです。

梶裕貴は非の打ちどころがないアニメキャラ?!BL時代の鬱ポエム、食べていけない時代も……

人々が梶裕貴主演作品「七つの大罪」第2期アニメ放送決定に興奮するのと同様に、「進撃の巨人」の第2期が来年スタートすることにも多くのファンが大興奮していることでしょう。梶裕貴のブレイクの潮流が加速した作品でもありますから、ますます今後の勢いは増していくはず。

このように順調な出世ロードを進んでいる梶裕貴。実は、子供の頃から勉強、スポーツ、絵画まで全く非の打ちどころのない天才児でした。得意のサッカーではプロリーグ入りも視野に入れていたといいますし、あの美少年さながらのルックスも、さぞもてはやされたことでしょう。小・中学時代は生徒会長も務めたそうです。

そんな人が2次元以外で実在していたとは、いやはや驚くばかり。そんな天才・梶裕貴が、声優の世界へ足を踏み入れたのは2001年、高校生の時でした。あの林原めぐみや宮村優子、佐々木望などの名だたる声優たちを輩出した「アーツビジョン無料新人育成オーディション」に合格したことをきっかけに、デビューまでは高校生活と両立しながら、梶裕貴は研鑽の日々を送ります。

デビュー後は「笑っていいとも」のコーナー「彼氏が彼女に着替えたら」に出演したり、割と早くからポツポツ役が付いていたり、何かと順調な印象がありました。ところが、やはり声優とは厳しい世界。実は、天才・梶裕貴にも食べていけない時代があったようです。

その中でもBL作品への出演は、梶裕貴の心を蝕み、「神様は今日も、僕を殺し、僕を生かす。―僕は、生ク―」のような鬱ポエムを多数書かせていたようです。それでも徐々に出演作品を増やし、2013年には「第7回声優アワード賞」主演男優賞を受賞した梶裕貴。やっぱり何をやらせても非の打ちどころがない人ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る