梶原善の交流関係の謎!三谷幸喜作品出演回数が多すぎる!

梶原善の交流関係の謎!三谷幸喜作品出演回数が多すぎる!

梶原善の交流関係の謎!甲本ヒロト~松重豊~三谷幸喜と繋がるまで

梶原善の交流関係の謎!甲本ヒロト~松重豊と繋がるまで

梶原善といえば、三谷幸喜作品によく出演している、名脇役として引っ張りだこの俳優です。そんな梶原善の交友関係があまりにも広すぎると話題になっています。

まず、元ブルーハーツの甲本ヒロト、そして俳優の松重豊。一見全く違う畑の二人と梶原善。実は梶原善と甲本ヒロト、松重豊の三人には共通点があるのです。それは、岡山出身だということ。高校の先輩だった松重豊に、自分の働いていた中華料理屋さんのアルバイトを紹介した梶原善。

そこへ同じ日にアルバイトに来たのが甲本ヒロトでした。また、甲本ヒロトと梶原善は、ミュージシャンという同じ夢があったことでもつながりました。今でもとても仲がいいという、梶原善と甲本ヒロト、松重豊の三人。ちなみに、甲本ヒロトの弟である甲本雅裕ももちろん岡山出身ですから、甲本雅裕も含めて四人はとても仲がいいそうです。

梶原善と三谷幸喜の交友関係とは?刺青あり?

梶原善が、三谷幸喜主宰の東京サンシャインボーイズに入ったきっかけは、同じ高校出身者である松重豊の紹介でした。「岡山出身の面白いやつがいる」と言われて紹介されたのが梶原善。その後の活躍ぶりはご存じの通りです。そして、松重豊に紹介された梶原善は、のちに甲本雅裕を「岡山出身の面白いやつがいる」と三谷幸喜に紹介しています。

スポンサーリンク

ところで、「梶原善」とネットで検索を入れると必ず出てくるのが「刺青」や「タトゥー」と言ったキーワード。たまに、演技中の梶原善のシャツの袖から青いのが見切れている、なんて噂も。しかし、梶原善が刺青をしている=いわゆるブラックな交友関係があるのかというと、そうではないようです。

梶原善結婚した妻、子供は?三谷幸喜作品出演回数が多すぎる!

梶原善結婚した妻、子供は?

梶原善は、自身の結婚やプライベートについてあまり多くを語っていません。結婚や子供についても公表されたものはないようです。しかし、実は梶原善がダイエットのために通っているカーヴィーダンスでおなじみの樫木裕美が、自身のブログで「1児のパパだし、頑張らなくちゃ」と梶原善についてコメントしていることがありました。そこから考えると結婚はされていて、少なくとも1人は子供がいるということになりそうです。
梶原善の年齢は48歳。結婚も、子供がいることも、なんらおかしくないお歳ですから、当たり前と言えば当たり前なのですね。

梶原善は三谷幸喜作品出演回数が多すぎる!

梶原善のイメージといえば、「三谷幸喜作品に出過ぎるくらい出ている」という印象です。最近では、三谷幸喜監督作品である映画「ギャラクシー街道」にも、梶原善は、ババサヒブ役で出演していました。それもそのはず。梶原善は、三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズの劇団員なのです。

スポンサーリンク

他の人が演出するドラマや舞台にも数多く出ていますし、もちろん東京サンシャインボーイズの他の劇団員もたくさん三谷作品には出ているのですが、あのなんともいえない梶原善の独特のキャラクターが、観る人に強烈なインパクトを与えてしまうのでしょう。

三谷幸喜脚本の映画「有頂天ホテル」でおねえ役を演じた際は、自身のプライベートを公表していないこともあってか、実際におねえ疑惑が出た梶原善。それくらい役にハマりすぎていて、梶原善の演技のインパクトが強い、ということなのでしょう。

あさが来た「宮部源吉」役の梶原善プロフィール

梶原善は、2015年9月28日より放送されているNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で炭鉱の支配人、宮部源吉役に抜擢されています。何年か前、梶原善は、ちょっと太ったような印象がありましたが、「あさが来た」に出演している梶原善を見ると、なんともほっそりとしています。ずっと通っていたカーヴィーダンスの効果があったのでしょうか。お調子者の役の性格にぴったりな感じがよく出ていますね。

梶原善のプロフィールは、生年月日が1966年2月25日。出生地は岡山県岡山市で、身長が164cmとなっています。ちょこまか動いているというイメージ通り、男性にしては、身長は低めな梶原善。これまでに公表されているプロフィール情報が少ない分、役のイメージがものすごいインパクトとなって、役のイメージ=梶原善そのものとなっている印象さえあります。

梶原善が、演技に対してストイックであるという何よりの証拠なのかもしれませんね。日本の俳優さんの中でも、とりわけ独特の雰囲気を持つ梶原善。きっと彼にしかできない演技が、これからまだまだたくさんあると思います。次はどんな役を演じてくれるのか、今後の梶原善の役どころが楽しみでしょうがありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る