神尾楓珠はエー・チーム(A-Team)所属の有望株!「監獄のお姫さま」で小泉今日子の息子役を熱演

神尾楓珠はエー・チーム(A-Team)所属の有望株!「監獄のお姫さま」で小泉今日子の息子役を熱演出典:https://talent.thetv.jp

神尾楓珠はエー・チーム(A-Team)所属の有望俳優!ドラマ「母さん、俺は大丈夫」でデビュー

神尾楓珠はエー・チーム(A-Team)所属の若手有望俳優!目指すは主役!

神尾楓珠(かみおふうじゅ)は、芸能事務所エー・チーム(A-Team)に所属している若手俳優。エー・チームは、俳優の伊藤英明や、今まさに引っ張りだこと言える女優の吉岡里帆の他にも、高岡早紀や酒井若菜、臼田あさ美など、有名芸能人を抱える芸能事務所です。

神尾楓珠の芸能界入りのきっかけは、エー・チームが開催したオーデションに応募したことでした。高校生の時はサッカー部だった神尾楓珠ですが、もともと芸能界に興味があったそうで、サッカー部を退部したタイミングでオーデションに挑戦したようです。見事合格してエー・チームに所属することになった現在は、テレビドラマなどで少しずつ活動の場を広げています。

インタビューでは、「今、一番情熱を注いでいることは芝居。いつか主役をやりたい」と語っている神尾楓珠は、俳優として活躍していく意気込みも十分。初レギュラー出演となる2017年10月からスタートした小泉今日子主演のドラマ「監獄のお姫さま」でも注目を集めるなど、これから活躍が期待されるエー・チーム一押しの有望俳優です。

神尾楓珠はドラマ「母さん、俺は大丈夫」でテレビ初出演!

神尾楓珠は、2015年の24時間テレビ内のヒューマンドラマ「母さん、俺は大丈夫」で、テレビドラマ初出演を果たしました。主演したのは、Hey! Say! JUMPの山田涼介で、急性脳腫瘍を患い、病気と闘うことになる主人公・佐々木涼平の、家族との愛や親友との友情を描いた作品です。神尾楓珠は、主人公の通う島根商業高校の生徒の1人である曽根雅志役として出演しました。

スポンサーリンク

このときは、たくさんいる生徒のうちの1人だったのでさほど目を引きませんでしたが、2017年には、映画「兄に愛されすぎて困ってます」にて剣道部の鈴木くん役でスクリーンデビュー。映画の裏ストーリーを描いたドラマ版にも出演したことで、少しずつ注目を浴びるようになっていきます。

神尾楓珠のドラマ「アキラとあきら」、映画「兄こま」の役どころは?

神尾楓珠のドラマ「アキラとあきら」、映画「兄こま」の役どころは?多彩な演技力で将来有望!

2017年7~9月にWOWOWで放送されたドラマ「アキラとあきら」は、大ヒットドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」の原作者でもある池井戸潤の作品です。主人公は、向井理演じる階堂彬(かいどうあきら)と、斎藤工演じる山崎瑛(やまざきあきら)。全く違う人生を歩んできた2人の「あきら」が、同じ銀行のバンカーとして出会い、人生が交差していきます。

この作品で神尾楓珠が演じていたのは、中高生時代の山崎瑛でした。零細工場の息子として育った瑛は、父親の会社が倒産したことで過酷な運命に翻弄されます。とりわけ苦しむことになる青春時代の瑛ですが、神尾楓珠は、強く生きていこうと耐え抜く姿を見事に演じ切りました。

スポンサーリンク

また、夜神里奈原作の少女漫画の実写化で、土屋太鳳が主人公の橘せとかを演じた「兄こま」こと「兄に愛されすぎて困ってます」では、一転して、イケメンナルシスト役に挑戦。神尾楓珠が演じた剣道部の鈴木くんは、せとかの想い人です。作中で突然モテキを迎えるせとかを振ってしまうという役どころで、見た目は剣道着姿がよく似合うさわやかな好青年なのに、実はいつも手鏡を持ち歩いているナルシスト役をコミカルに演じました。デビューから数年で対照的な役柄を演じた神尾楓珠は、将来も有望です。

神尾楓珠のプロフィールが知りたい!高校卒業後、芸能活動を本格化か?

神尾楓珠は、1999年1月21日生まれで、東京都出身です。2015年にテレビドラマに初出演しているので、16歳の頃から芸能活動をしていることになります。高校生の頃はサッカー部に所属していたスポーツ少年で、クールな印象ながら何か訴えかけるような目力のある様子から、若き日の柳楽優弥に似ているという声も。

現在は大学には進学せずに、俳優としての活動に勤しんでいるようです。インタビューでは「今会ってみたい人は、ダウンタウン」と答えるなど、どこか一般人のような素朴さも魅力の神尾楓珠。次いで、「好きな女性のタイプは、甘え上手な人」と答える様子からは、サバサバしているよりも女性らしい人がタイプであることがうかがえます。

2015年の24時間テレビ内のドラマ「母さん、俺は大丈夫」への出演を皮切りに、同年のドラマ「よろず屋ジョニー」の単発出演や、2016年のWEBドラマ「サクラ咲く」と、出演作は途切れることがありません。2017年は、向井理と斎藤工のW主演で話題となったWOWOWドラマ「アキラとあきら」や、映画&ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」、小泉今日子主演で宮藤官九郎脚本のドラマ「監獄のお姫さま」など、高校を卒業したこともあってか仕事を本格化させているようです。

神尾楓珠が「監獄のお姫さま」で小泉今日子の息子役を熱演中!

2017年10月に放送されたTBSテレビの「オールスター感謝祭’17秋」には、新ドラマ「監獄のお姫さま」チームの一員として、主役の小泉今日子や伊勢谷友介らとともに神尾楓珠も出演を果たしました。名物コーナー「赤坂5丁目ミニマラソン」にも最年少ランナーとして出場し、サッカー部上がりの若さみなぎる走りでチームに貢献しています。

現在出演中のドラマ「監獄のお姫さま」は、神尾楓珠にとっては、初のゴールデンタイムのテレビドラマ出演です。映画「兄こま」出演時から少しずつ認知度が上がっている中での本作への出演は、神尾楓珠にとって大きなチャンス。何と言っても出演者が豪華な「監獄のお姫さま」は、小泉今日子をはじめ、菅野美穂や満島ひかり、夏帆、伊勢谷友介など主役級のキャスティングが勢ぞろい。さらに、独特な世界観で軽妙なヒューマンストーリーを手掛けてきた宮藤官九郎が脚本を手掛けている点も見逃せません。

見応えたっぷりな作品の揃った秋ドラマの中でも、今後の展開が気になる注目作品です。神尾楓珠は、小泉今日子演じる馬場カヨの一人息子・馬場公太郎役を演じています。第1話では登場した途端に、「イケメン」「かっこいい」とネット上はお祭り状態に。「今後もどんどん出番を増やしてほしい」という声が高まるなど、神尾楓珠への注目度は急上昇中のようです。「監獄のお姫さま」がエンディングを迎える頃には、実力派俳優たちにもまれて、役者として一回りも二回りも成長した神尾楓珠の姿を見れそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る