神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」は岡山が舞台!あらすじネタバレキャスト!

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」は岡山が舞台!あらすじネタバレキャスト!出典:http://moogry.com

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」は岡山が舞台!あらすじネタバレキャスト!

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」は岡山が舞台!穏やかな港町の下津井について

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」が、2017年3月18日から全国で公開されます。娘と父を描きながら、平凡な女子高生が、夢から始まる大冒険を繰り広げるというストーリーの「ひるね姫」。舞台となっているのは岡山県倉敷市児島。さらに詳しく言うと、瀬戸大橋のたもとにある穏やかな港町の下津井です。

「ひるね姫」のPVには、「田の浦の明神様」と呼ばれている田土浦坐神社(たつちのうらにましますじんじゃ)の階段と思われるカットが登場するほか、地域の特産品である干しダコが画面の端々に映るなど、懐かしさを感じる佇まいをもつ倉敷の街並みがさり気なく織り込まれています。

倉敷市では、聖地巡礼により観光客が増えることを見込んで、「ひるね姫」公開に合わせて、ロケ地マップ作りや、ラッピング列車運行などを検討中とのこと。神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」を劇場で観た後は、映画を思い出しながら、倉敷市や田土浦坐神社を訪れてみてはいかがでしょうか。

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」あらすじネタバレキャスト!主人公の森川ココネ役は高畑充希!

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」の主人公は、岡山県で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得もない平凡な女子高生で、得意技は「昼寝」です。いつでもどこでも寝てしまうココネは、なぜか同じ夢ばかり見るようになります。さらに、2020年の東京オリンピック3日前、父親が、突然警察に逮捕され、東京に連行されてしまう事態に。

スポンサーリンク

ココネは、幼馴じみの大学生モリオと共に東京へ向かう決意をしますが、次々と謎が浮かび上がります。自分がいつも見ている夢の中にその鍵があることに気付くココネ。それは、自身にとって、”知らないワタシ”を見つける旅の始まりでもありました……。

「ひるね姫」は、神山健治監督が原作・脚本も務めたオリジナルアニメーションです。キャストは、主人公の森川ココネ役が高畑充希、父親の森川モモタロー役が江口洋介、他にも満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、前野理沙、高橋英樹など、豪華な顔ぶれが揃っており、大きな注目を集めています。

神山健治監督アニメの代表作!「もうひとつの未来を。」の評価は?

神山健治監督アニメの代表作「東のエデン」では羽海野チカとコラボ!

神山健治監督は、1985年から、背景担当や美術監督として、アニメ業界に関わってきました。1996年、アニメ監督としても有名な押井守が、Production I.G内に結成した押井塾に参加したことにより、頭角を現すようになっていきます。神山健治監督は、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」で脚本を、「ミニパト」では初監督を務めて実績を積み重ねていき、2002年の監督作品「攻殻機動隊 S.A.C」で人気が出て、シリーズ化もされました。

スポンサーリンク

そんな神山健治監督の代表作は「攻殻機動隊」シリーズや、「東のエデン」「精霊の守り人」「009 RE:CYBORG」など多数あり、深みのある世界設定の中で繰り広げられる人間ドラマが魅力だと言われています。2009年の「東のエデン」は、神山健治が原作・脚本・監督を務めていますが、「ハチミツとクローバー」で知られる漫画家の羽海野チカがキャラクター原案を担当したことで、神山健治と羽海野チカのコラボも話題となりました。

神山健治監督アニメ「もうひとつの未来を。」の評価は?コミュニケーションの未来とは?

神山健治監督は、2013年に、「au未来研究所」とコラボした「もうひとつの未来を。」というアニメ作品を配信しています。「au未来研究所」とは、KDDIが開設したコミュニケーションに関する研究をするWeb上のオープンラボ。FacebookやTwitterのアカウントがあれば、誰でも研究員として参加できるようになっています。

「もうひとつの未来を。」は、未来と通信できる携帯電話”未来ケータイ”を研究しているau未来研究所が舞台となっている、未来のコミュニケーションをテーマにしたオリジナルのアニメーションです。1話7分ほどで、全3話と短めの作品ですが、制作は、Production I.Gと神山健治監督が代表取締役共同CEOを務めるスティーブンスティーブンが手掛け、テレビアニメと同様のハイクオリティな仕上がりになっています。加えて、キャストには、福山潤、佐倉綾音、加隅亜衣など人気声優が出演したことでも話題となりました。

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」ゆうばり映画祭オープニング招待作品に決定!2017年注目の劇場アニメ作品は?

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」が、2017年3月2日から6日にかけて行われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」のオープニング招待作品として上映されることが発表となりました。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」は、北海道夕張市において1990年から始まった、ファンタスティックな映画を対象とした映画祭で、今年で27回目。

神山健治監督アニメ映画「ひるね姫」の他にも、「冬のソナタ」で韓国ドラマブームを起こしたユン・ソクホ監督作品「心に吹く風」、ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされた「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」など、世界中から魅力的なラインナップが揃っています。

2016年は、まれに見る驚異的な大ヒットを続けている新海誠監督作品「君の名は。」を筆頭に、難しい題材を扱った山田尚子監督作品「聲の形」、小規模上映から始まった片渕須直監督作品「この世界の片隅に」など、子供や一部のコアなファン以外の一般層にもアニメ映画が受け入れられました。そのため、アニメ映画に革命を起こした年、新時代の幕開けとまで言われています。

2017年の劇場アニメ作品においても、勢いはそのまま。神山健治監督オリジナル作品「ねむり姫」、ジブリ出身の米林宏昌監督作品「メアリと魔女の花」、森見登美彦原作で星野源主演の湯浅政明監督作品「夜は短し歩けよ乙女」、岩井俊二原作で広瀬すず主演の新房昭之監督作品「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」などが、制作発表されると同時に、大きな期待が寄せられています。

神山健治監督「ねむり姫」は、神山健治監督が「自分の娘に見せたい」と思える作品を目指し、”父と娘”のあり方を描いた作品です。それだけに、2016年の良い流れを引き継ぎ、ファミリー層や一般層も取り込むことができれば、大ヒットに繋げられるかも知れません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る