金山一彦と芳本美代子が円満離婚出来たワケ!娘の現在は?

金山一彦と芳本美代子が円満離婚出来たワケ!娘の現在は?

金山一彦と芳本美代子が円満離婚?!娘の現在は?

金山一彦と芳本美代子が円満離婚?!

金山一彦は、数々の映画やドラマに出ている俳優さんですが、最近では、バラエティ番組でも活躍しています。
現在は、有名弁護士である大渕愛子と結婚している金山一彦ですが、以前は、女優の芳本美代子と結婚していました。17年もの長きにわたって結婚していた金山一彦と芳本美代子。離婚の際も、慰謝料はなく、円満離婚といわれていました。金山一彦と芳本美代子の離婚の原因は、仕事の忙しさによるお互いの擦れ違いとされていました。しかし一方で、金山一彦の不倫が原因ではないか、と噂されていたのも事実。

金山一彦といえば、過去には共演者である河合美智子との不倫騒動が有名です。二人は会見を別々に開き、不倫関係の事実は否定したものの、行動が軽率だったと謝罪しました。こういったことが金山一彦と芳本美代子の間に亀裂を生んだのでは、と言われているのですが、真相は果たして?

金山一彦と芳本美代子の娘の現在は?

金山一彦と芳本美代子の間には、2016年で15歳になる一人娘がいます。親権は芳本美代子が持っているそうです。金山一彦と芳本美代子は2013年に離婚しましたが、当時中学生だった娘に、金山一彦はLINEで離婚を報告したそうです。娘からの返事は「よかったね」なので、娘も喜んでくれている、と金山一彦はコメントしています。しかし……思春期の娘のそっけないその一言。世間は皆、「それ、よろこんでないでしょー!」とツッコミを入れていたのではないでしょうか。
両親の離婚を経験した、金山一彦の娘は、現在、横浜の一軒家で母の芳本美代子と祖父母と同居おり、横浜の中学に通っているのでは、と言われています。

スポンサーリンク

金山一彦のチャーハンレシピを極めていた!芸能界引退を決意したワケ

金山一彦がチャーハンレシピを極めていた!

金山一彦は、以前、料理上手タレントとしてよくテレビに出演していました。俳優になる前、大阪の中華料理店で弟子入りしていた金山一彦。経験を生かし、なかでもチャーハンに関しては、かなり極めていました。「金山チャーハンの素」という調味料や、「金山一彦流チャーハンの極意」という本まで発売されていたほどの腕前なのです。

あまりにもチャーハンを極めすぎた金山一彦は、テレビ番組で「チャーハンに熱を入れすぎて離婚した」なんていわることもありました。これに対して、金山一彦本人は「前の嫁は死ぬ前に食べたいものはオレのチャーハンだと言っていた」と反論していますが、共演者のバカリズムから、「きっと元奥さんはもうチャーハンを二度と見たくないはず」とツッコミが入っていましたね。

金山一彦が芸能界引退を決意したワケ

金山一彦には、2015年の5月、突然の引退報道が流れました。理由は、現在の奥さんである有名弁護士の大渕愛子の出産。大渕愛子が休業を取ると、世の中に困る人がたくさん出てくるから、夫である金山一彦が俳優を引退して主夫に転身するというものでした。
しかし、この報道はまったくのうわさ話だと、金山一彦自ら否定しています。奥さんの大渕愛子弁護士の代わりに、「引退」ではなく、「育児休暇」を取る、それも数か月間のことだとコメント。ということは、もう半年以上たっているので、金山一彦、そろそろ芸能界復帰いう段階なのでしょうか。

スポンサーリンク

金山一彦、頭痛発生状況を説明 突然の激痛に「目が破裂するんじゃないか…」

金山一彦は、2015年11月に、突然の頭痛が発生したことを告白。横浜の中華街を家族で歩いていると「突然、首に違和感を覚えた。1分ほど経過すると後頭部から痛みがきたんです。目が破裂するんじゃないか、歯が抜けるんじゃないかというくらい、すごく痛くて、初めてうずくまった」とコメントしていました。その後は、痛みも治まり、普通の生活に戻ったように思えた金山一彦。

しかし、後で調べてみると、首の左右を通り脳に血液を送る椎骨動脈が損傷する「椎骨動脈解離」という、ヘタすれば死に至るほど恐ろしい症状だったそうです。現在のところ回復しているようですが、自覚がないのに発症するとは何とも怖い話です。
また、2015年12月には、今度は、金山一彦の妻である大渕愛子が、子宮頸部異形成で入院・手術をしたり、弁護士の仕事で、相談者と料金トラブルになり、東京弁護士会の懲戒委員会で審査されることになったりなど、立て続けに病気やトラブルに巻き込まれています。

金山一彦・大渕愛子夫婦、2016年は前途多難な年になりそうな予感もありますが、ぜひとも一つ一つ着実に解決させ、また一緒にバラエティなどで共演してほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る