狩野英孝 神主資格取得は年収に問題があるから?Flashに暴露された嫁との離婚理由とは

狩野英孝 神主資格取得は年収に問題があるから?Flashに暴露された嫁との離婚理由とは

狩野英孝、神主資格取得で実家は一安心!芸人と神主の年収の差は?

狩野英孝は、お笑い芸人バブル時代の申し子

狩野英孝を見ていると、何か勘違いしているという気がしてなりません。

狩野英孝。1988年生まれ、33歳。2000年、もうすでにスタートから勘違いしているようですが、俳優をめざして日本映画学校に入学。2003年に卒業しますが、あちこちオーディションを受けて落ちまくり、学校講師の紹介で、なんとかウッチャンナンチャンが所属する芸能プロ、マセキ芸能社に入ります。当時はすでに、お笑い全盛時代で、様々なネタ番組や雛壇番組では、例えそれが素人レベルの一発芸であったとしても、常に新しい笑いが渇望されていました。とにかくテレビに出さえすれば一端の芸人といった、お笑い芸人バブル時代の到来です。それは裏を返せば、お笑い芸人の非情な大量消費時代ともいえます。その申し子と言っていいのが、狩野英孝なのです。「ラーメン、つけ麺、僕イケメン!」、この1発で世に出た狩野英孝は、事務所先輩たちのバーターもあり、テレビに出まくります。また、その芸だけでなく、芸人とは到底思われない見事なすべりっぷりが、逆に大ウケしたのです。ただ、狩野英孝の恐ろしいところは、自分にお笑いの才能があると本気で勘違いし、信じて疑わなかったことです。この狩野英孝の異才を見抜き、大成功を収めたのが、テレビ朝日「ロンドンハーツ」の、狩野英孝ドッキリシリーズでしょう。

狩野英孝の異才は、実家が神社の賜物か

狩野英孝の異才はもしかしたら、狩野英孝が神主の息子と言った、普通の人ではない出自によるものかもしれません。実家の父親は、宮城県の由緒ある櫻田山神社で神主を務めていました。神主になるのが嫌で芸人になった狩野英孝でしたが、「オーラの泉」で江原啓之、美輪明宏からの説得と、父の急死もあって、神主の資格取得を決意しました。2014年、狩野英孝は、長い髪を切って1ヶ月修養し、神職の資格をついに取得。今のレベルでお笑い芸人を続けたとしても、所詮、狩野英孝は、ランク的には年収1000万円レベルと言われています。いよいよ自分の勘違いに気がつき、これまで芸人を続けてこられたこと自体、家の神様のおかげと考えて神職である神主を継いだ方が、実家どころか、狩野英孝自身のためなのかもしれません。

狩野英孝、Flashに暴露された嫁との離婚原因の真相

狩野英孝、恋愛・結婚さえ勘違いなナルシスト

狩野英孝は、例え勘違いの芸風に苛立たされても、人を疑わない素直な性格と礼儀正しい育ちのよさが、スタッフや他の芸人仲間から好感を持たれているのは事実です。しかし狩野英孝の結婚、浮気、不倫、そして昨年9月の離婚は、決して笑えるものでなく、仲間内からも厳しい批判があります。これもまた、狩野英孝の自己中心的な勘違いが、大いに影響しているようです。

スポンサーリンク

狩野英孝、離婚原因に語るも落ちる言い訳

狩野英孝は、「ロンドンハーツ」のドッキリシリーズを通して、付き合っていた3つ年上の女性と華々しく入籍します。しかし入籍してすぐ、狩野英孝は、立て続けにFlashに浮気現場を押さえられただけでなく、結婚後も不倫を重ねていたようです。狩野英孝は、相手の女性には、妻も不倫しているなどと嘯いて、まるで自分が映画の主人公になったかのような勘違いぶりを披露。おまけに離婚の原因に関しても、番組のために無理やり結婚させられたと、語るに落ちる弁明をする始末。狩野英孝はどうやら、タレントとしての虚構の生活と実人生が、しっかり整理できていない節があります。

狩野英孝 お笑い世紀末が生んだ稀代のトリックスター

先日、イケメンガールズグループ「THE HOOPERS」の「雨を追いかけて」リリースイベントに出席した狩野英孝は、久々に囲み取材を受けて離婚後の心境を聞かれ、「おかげ様で(離婚の傷は)癒えました」「新たな恋はなかなかないけど、心だけは折れてない」などと相変わらず勘違いコメントを連発していました。狩野英孝には、雛壇のいじられ芸人というポジションがあります。それは事務所の先輩出川哲朗が、リアクション芸とともに確立した、今やテレビ芸の1つです。出川哲朗が天然という要素を持ちながら、自分がいじられ役であるという、最低限の自覚と自負を持っているのに対して、狩野英孝は、同じ天然でありながら、場を全く読むことができない、自己チューや勘違いぶりが笑いとなります。必死で番組を盛り上げようとする他の雛壇芸人たちが下手につっこもうとすると、狩野英孝のボケ一発が、彼らを木端微塵に破壊するほど、彼は恐ろしい存在となっています。狩野英孝自身は傷つくことがない、その無自覚で勘違いの芸は、もはやお笑い芸と呼べるかどうかもわかりません。確かに悪い男ではないのでしょうが、狩野英孝は、まさにお笑い世紀末が生んだ、稀代のトリックスターと言えるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る