唐橋充はたんぽぽ川村が元熱愛彼女?俳優業よりもイラストの収入が凄かった!?

唐橋充はたんぽぽ川村が元熱愛彼女?俳優業よりもイラストの収入が凄かった!?出典:http://buzzshogun.com

唐橋充はたんぽぽ川村が元熱愛彼女?俳優業よりもイラストの収入が凄かった!?

唐橋充にたんぽぽ川村が告白していた事実が!元熱愛彼女という噂は本当か?

唐橋充(からみつる)は、2016年10月18日の報道で、女優・水野美紀を結婚していたことが明らかになった俳優です。アーティスト風のヒゲロン毛がセクシーな唐橋充ですが、女性お笑いコンビ・たんぽぽの川村ミエコが、元熱愛彼女だったのではないかという噂がありました。

たんぽぽ川村には、過去に役者の彼氏がいたそうですが、それが唐橋充ならば衝撃的です。2人は、2008年の舞台「ホスピタビルド」で共演しており、たんぽぽ川村は、稽古中に自分の荷物を運んでくれた優しい唐橋充に惚れたという事実は、確かにありました。しかし、実際に交際していたわけではなく、たんぽぽ川村の完全な片想いだった模様。

ある番組で、たんぽぽ川村は、唐橋充へバレンタインチョコを渡すとともに公開告白していますが、「彼女がいる」と言われて玉砕しています。交際3カ月のスピード婚を果たした水野美紀は、当然、この時の熱愛彼女ではありません。

唐橋充は俳優業よりイラストレーターが本業なの?本人が明かした収入とは?

唐橋充は、俳優とはいえど、テレビであまりお目にかかることはありません。最近では、イラストレーターとしての活動のほうが本業となりつつあるようです。イラストレーターの平均年収は200万円強といわれていますが、「水野美紀とは格差婚なの?」と心配することはありません。

スポンサーリンク

現在、唐橋充は、イラストレーターとしての活動の拠点を、自身が経営するデザイン会社「Candey Sun&Candel Moon」に置いており、特撮ものの映像作品や、アパレル商品のデザインなど、大口の仕事を手掛けています。また、唐橋充のイラストを集めた個展も、優しいタッチとハイセンスな世界観が大人気。

専業イラストレーターからも、かなり高く評価されている上に、文筆家として顔も持っています。具体的な収入は明かされていませんが、唐橋充曰く、「俳優としての収入を上回っている」とのこと。現在も舞台出演などは続けていますから、少なくとも、水野美紀のヒモとならざるを得ない事態にはならないでしょう。

唐橋充は「仮面ライダー555」でテレビ俳優デビュー!出身校やプロフィールは?

唐橋充「仮面ライダー555」にて舞台で鍛えられた演技力と芸術的才能で知名度アップ!

唐橋充の俳優としてのテレビデビューは、2003年に放送された半田健人主演の「仮面ライダー555」でした。唐橋充が演じた海堂直也役は、悪役ながら繊細でポップな人格という難役でしたが、新人俳優とは思えない高い演技力で注目を集めます。

スポンサーリンク

実は、唐橋充は、「仮面ライダー555」に出演する前から、早稲田大学演劇研究会・劇団「Cretan Crete」に所属し、舞台俳優として活躍していました。初舞台となった2000年から、2002年には主演も経験しており、映像作品への出演経験はないものの、すでに役者として仕上がっていたものと思われます。

さらに、「仮面ライダー555」のTV版公式サイトのコラムで、唐橋充のイラスト新聞を発表したところ、そのイラストや文章の才能も知れ渡るようになりました。以来、「侍戦隊シンケンジャー」など、主に特撮ものの個性派キャラを奥深い演技で多く演じつつ、芸術家としての知名度を挙げていくこととなります。

唐橋充の出身校は早稲田大学にあらず!恵まれたのは演技力と芸術センスだけではなかった

唐橋充は、1977年5月30日生まれの、福島県出身。祖父・唐橋東は、福島県喜多方市の市長を務めていた政治家ということで、かなりの名家の生まれではないかと想像されます。そんな唐橋充は、早稲田大学演劇研究会に所属していたという情報から、早稲田大学出身と思われがちですが、実際に通っていたのは、埼玉県越谷市の私立・文教大学でした。

あれほど大らかなイラストを生み出す唐橋充にとって、ギスギスと勉強するよりも、自由な創作活動に燃えた学生時代だったのかもしれません。また、唐橋充は、学生時代に体操部に所属していたため、ダンスやアクションを得意としています。俳優としての心強い身体能力を携え、かつ身長178cmのスレンダーボディを活かして、モデル活動をも行っているのだとか。個性的な風貌といい、絵的にもかなり恵まれている気がします。

唐橋充に水野美紀がベタ惚れ!?交際3ヵ月の電撃結婚の馴れ初めとは

唐橋充と女優・水野美紀が結婚を公表したのは、2016年10月18日ですが、実際は、6月28日に入籍していた上に、出会いから3カ月のスピード婚とは驚かされました。オダギリジョーや北村有起哉らとの破局を経て、42歳となってしまった水野美紀は、今年の初めには「結婚できないかも」と周囲に漏らしていたそうです。

それからわずか2カ月後に知人の紹介で出逢う、3歳年下の芸術肌イケメン・唐橋充と結婚するとは、想像だにしなかったでしょう。結婚発表前に収録した「ボクらの時代」で、水野美紀は、「モノを作っている人に惹かれる」と、理想のタイプの男性として、唐橋充にドンピシャの人物像を挙げていました。

「結婚するならば安らぎが一番」「私と結婚してくれる人は勇気のある人」とも言っていましたが、すでに結婚していた唐橋充は、この条件を全てクリアしていたということでしょう。公表前にあって語らずにはいられないほど、夢中なのでしょうね。唐橋充については、メディア出演が少ないため、水野美紀への愛情を測ることができるコメントは出ていませんが、互いのTwitterで、同じ笑顔の絵文字をツイートして喜びを表現するなど、ラブラブ新婚生活は順調のようです。

2016年1月に唐橋充が出演した舞台「真夜中の弥次さん喜多さん」の新作が、2017年6月に上演決定したことを受け、10月28日にはイベントが開催されます。水野美紀との結婚報道の影響か、先日の即興芝居イベントも、普段よりギャラリーが多かったそうです。これまで知る人ぞ知るイラストレーター兼俳優だった唐橋充ですが、これをきっかけに、広く才能を発揮する機会が増えるかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る