加瀬亮はドラマ「SPEC(スペック)」出演で人気に!父親は双日の元社長

加瀬亮はドラマ「SPEC(スペック)」出演で人気に!父親は双日の元社長出典:http://eiga.com

加瀬亮はドラマ「SPEC(スペック)」ほか出演映画、CMは?結婚が噂された戸田恵梨香や元カノは?

加瀬亮、ブレイクのきっかけはドラマ「SPEC(スペック)」!

加瀬亮(かせりょう)は、1974年、神奈川県生まれの俳優です。大学時代に浅野忠信に憧れたことから、彼の所属事務所であるアノレに自分で手紙を送り、芸能界に足を踏み入れました。憧れの人・浅野忠信の付き人としてスタートした加瀬亮は、2000年に「五条霊戦記」で映画デビューを果たします。その後、「それでもボクはやってない」(2007年)では痴漢冤罪事件に巻き込まれた主人公を好演。2010年に放送された戸田恵梨香とW主演を務めたドラマ「SPEC(スペック)〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」の坊主頭で生真面目な瀬文焚流役も好評を博し、映画化もされる大人気シリーズとなりました。

ドラマ「SPEC」で存在感を発揮した加瀬亮は、以降も映画「海街DIARY」や「3月のライオン」など注目作品への出演を数多く続けています。

加瀬亮と結婚が噂された戸田恵梨香や元カノは?

加瀬亮には、これまで何人かの女優との交際が報じられてきました。市川実日子と同棲中という報道がなされたのは2012年12月のことです。2008年に初めて2人の仲が噂されてから実に5年後のことでした。長い期間付き合い続けてきたことで、すでに事実婚のような状況だったという2人。しかし、2013年になると、加瀬亮と韓国人女優とのデートが報道されました。

その最中も市川実日子との同棲は続いていたようですが、2015年になると、ドラマ「SPEC」で共演した戸田恵梨香との熱愛が発覚し大きな話題に。とはいえ、戸田恵梨香との熱愛はさほど長くは続かず、翌2016年には破局してしまいました。市川実日子も戸田恵梨香も10歳以上年下なので、加瀬亮は年下好きなのかもしれません。

スポンサーリンク

加瀬亮の父親は双日の元社長!英語がカンペキなのは育った環境と努力の賜物

加瀬亮の父親は双日の元社長・加瀬豊!一時絶縁状態になった理由とは?

出演する作品ごとにガラっと雰囲気を変える加瀬亮ですが、実は、裕福な実家で育ったお坊ちゃまという一面を持っています。加瀬亮の父親は、総合商社双日株式会社の代表取締役会長を務めていた加瀬豊です。その後もアステラス製薬の社外取締役を務めるなど、まさに一流ビジネスマンと言えるでしょう。

父親の仕事の関係で7歳までをアメリカで過ごした加瀬亮が、「役者になりたい」と大学を中退した際には激怒。加瀬亮は、それをきっかけに、家を出てしまったそうです。一時はほぼ絶縁状態となった加瀬親子ですが、加瀬亮の最近の活躍ぶりは父親も認めるところとなり、現在は和解しています。

加瀬亮の英語力は本物!海外映画にも多数出演し語学力を披露

加瀬亮がこれまでに出演した作品を見ると、日本映画はもちろんのこと、これまで数多くの海外映画にも出演していることが分かります。2011年に公開されたガス・ヴァン・サント監督の「永遠の僕たち」では、全編英語のセリフで役を演じ切り、高い英語力を惜しみなく披露しました。とはいえ、語学力を身に付けたのは、父親の仕事の影響で7歳までアメリカにいたからではないようです。

スポンサーリンク

加瀬亮曰く、中学時代にアメリカの友人を訪ねた際に自分の英語力が落ちていることに気がつき、悔しかったことから努力したとか。生育環境により英語力を育む下地があったことは大きなメリットですが、その後に本人が努力したからこそ、仕事につながるレベルの英語力を身に付けられたのでしょう。

加瀬亮がドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」シーズン4出演でさらなる進化を遂げる!

加瀬亮が、2018年2月16日から配信予定の海外ドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」のシーズン4に出演していることが明らかになりました。ドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」は、AMAZONプライムで配信されているオリジナルシリーズです。実在するオーボエ奏者の自叙伝を原作とし、ニューヨーク交響楽団の裏側をコミカルに描いた内容でシーズン更新が続く人気作となっています。

今回加瀬亮に出演オファーが届いたのは、シーズン4の舞台の1つが日本だから。主演のガエル・ガルシア・ベルナルに加え、共演者には、日系人俳優のマシ・オカの名前もあります。本作で日本人の億万長者役を演じるマシ・オカは、人気海外ドラマ「HEROES」での決め台詞「ヤッター!」で人気を博した俳優で、現在もアメリカを拠点に活躍中です。

また、その他の日本人共演者には藤谷文子や原田美枝子の名前も。ダイスケ・ウエノ役の加瀬亮は、ドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」への出演について、「外国の方と仕事をするのは凝り固まっている自分の価値観に風穴を開けてくれる機会が多いのでいつも刺激になる」とコメント。周囲から影響を受けることで、俳優としても、また人間としてもさらに進化を遂げていくのではとますます期待が高まります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る