片岡愛之助「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」で悪のボスキャラ役「私を倒せるか!?」と高笑い

片岡愛之助「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」で悪のボスキャラ役「私を倒せるか!?」と高笑い

片岡愛之助「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」で悪のボスキャラ役「私を倒せるか!?」と高笑い

2015年2月26日に発売されるドラクエ新シリーズの
完成披露発表会が2月25日東京都内で開催されました。
発表会に登壇したキャストの一人、片岡愛之助さんとドラクエの関係とは?

片岡愛之助「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」で悪のボスキャラ役

片岡愛之助は歴代ドラクエシリーズを全部プレイ

完成披露発表会で、ドラクエのボスキャラクター「ヘルムード」の
ボイスを演じる片岡愛之助さんは、歴代のドラクエシリーズを
全部プレイしていることを明かしました。
初代、ファミコン時代のドラクエでは、パスワード形式の
「ふっかつのじゅもん」を覚えたつもりでも5回に1回くらい
間違えてしまったり、入力している最中にファミコン本体に
母親が掃除機を当て、呪文の表示が消えてしまったという
「あるある」エピソードも。

スポンサーリンク

片岡さんへのオファーはドラクエシリーズの生みの親、
堀井雄二さんが直接行ったそう。
堀井さんが片岡さん出演の芝居を観に行った際、
片岡さんは当時「ドラクエモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵」
(ニンテンドー3DS)を何百時間もプレイしていて、
堀井さんにサインをいただいたこともあるそうです。
オファーの決め手は、歌舞伎役者の声量と迫力が
“闇の一族最強にして最後の王”ヘルムードに合っていると感じたから。
片岡さんは大好きなドラクエシリーズに出演ができ、
「まさかボス役で参加できるとは、
人生で一番うれしかったかもしれない」
と語っています。
堀井さんからヘルムードを演じるにあたり
「怖さと威厳、余裕を出してほしい」
とのリクエストがあり、声の演技が初めてとのこともあり
大変難しかったそうです。

 

ゲーム制作はスクウェア・エニックス
ドラゴンクエストシリーズが好調のエニックスと、
ファイナルファンタジーシリーズなどを輩出したスクウェアが
2003年に合併してスクウェア・エニックスとなりました。
合併後はプレイステーションシリーズ、ニンテンドーDS・
Wiiシリーズなどでソフトを開発・販売し、
スマートフォン向けゲームも高評価を受けています。

ゲームの企画・開発は外部に委託されることもあるそうで、
今回の「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」は、
コーエーテクモゲームスとの共同開発です。
プレイステーションのプラットホーム向けの
ドラクエシリーズ完全新作(スピンオフを除く)として
約10年ぶりのリリースとなっています。

スポンサーリンク

 

片岡愛之助とは、どんな方?

片岡愛之助は超多忙でも努力を惜しまない

【6代目 片岡愛之助】
本名 片岡寛之(旧姓 山元)
1972年3月4日生まれの大阪府堺市出身。
1979年に「欲しがりません 勝つまでは」(NHK)で
子役としてテレビ初出演されています。
1981年に13代目片岡仁左衛門の部屋子となり、片岡千代丸を襲名。
その後、代目片岡秀太郎の養子となり、6代目片岡愛之助を襲名されます。
「夜桜お染」(フジテレビ系)でテレビ出演、舞台「蝉しぐれ」出演と
歌舞伎だけなく、各方面で活躍の場を広げられます。
そして2013年、ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の黒崎検査官!
強烈な印象のオネエキャラを演じて以来、
お茶の間での認知度を上げ、ドラマやCMのオファーが殺到、
超多忙で常にスケジュールが埋まっている状態だそうです。

一般家庭から歌舞伎界へと進んだ片岡さん。
長男であるにも関わらず、片岡家の養子となることを
実のお父様は快諾されたとか。
2015年2月21日にすい臓がんで亡くなられた
坂東三津五郎さんから20年ほど前、
セリフも少なかった頃に
「真面目にやっていたら絶対に誰かが見てくれているから、
コツコツとがんばりなさい」
とアドバイスを受け、その言葉を胸にやってきたと言います。
歌舞伎が大好きなことと、真摯に役に取り組むことで歌舞伎界でも
「上方歌舞伎」のホープとして一目置かれる存在となったのでしょう。

 

片岡愛之助は愛嬌があり人を引き寄せる

“ラブリン”の愛称でも親しまれている片岡さんは、
温厚で人あたりがよい方。
インタビューでは常にやさしさと周りへの気遣いが感じられ、
演技となると様々な役をこなす器用さがあります。
演技の存在感にも人を引き寄せるものがあるのでしょう。

また、片岡さんはB’zの大ファンで、野外歌舞伎が雨で中止のピンチに陥った時、
B’zの雨の野外ライブ映像を思い出し、雨でも観客を楽しませたいと
見せ場の毛ぶりを雨の中見事にやり抜きました。
B’zとの出会いは、20代にご両親を相次いで失い、
喪失感に襲われたときに出会った「ultra soul」という曲です。
落ち込んでいてもしょうがない、という気持ちにさせてくれた
曲に出会ったことで、前向きになれたそうです。
今ではギタリストの松本さんと仕事へのこだわりを
共感し合う仲でもあります。

 

片岡愛之助の出身地、大阪府堺市のおすすめは?

片岡愛之助の出身地、大阪府堺市のチンチン電車でのんびりと

堺市の観光には、チンチン電車と呼ばれる阪堺電車がおすすめです。
大阪市内から南北に延びる「阪堺線」が堺市を走ります。
紀州街道の車道と歩道の真ん中を電車がのんびりと走る姿はまるで
タイムスリップしたかのようです。
阪堺電車全線を1日間自由に乗り降りできる
「全線1日フリー乗車券 てくてくきっぷ」や指定区間の
阪堺電車と南海バスが1日乗り放題の
「阪堺電車・南海バス 堺都心1日フリー乗車券」(各大人600円/小児300円)など
お得な切符があるので、ノスタルジックな気分で乗車してみてはいかがでしょうか。

 

片岡愛之助の出身地、大阪府堺市の古墳巡りで古代史を知る

堺市には、クフ王ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ
世界3大墳墓の仁徳天皇陵古墳(大仙山古墳)があります。
5世紀中頃に造られたとされる日本最大の前方後円墳で、
墳丘は全長約486mあり、古墳の中には入れませんが、
全周2.8kmの周遊路が整備されているので
濠の外からでも巨大さが実感できますよ。
近くには仁徳天皇陵古墳より古く日本で3番目に大きい
履中天皇陵古墳や、堺の歴史と文化がわかる堺市博物館があるので、
歴史に触れながら堺市の観光ができそうですね。

古くから栄えた堺のまちに生まれた片岡さん。
上方歌舞伎のホープとして関西を盛り上げてくれるでしょう!

【関連記事】
新宿駅に100,000匹のスライムが現る!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る