勝地涼、実家の花屋でスカウト!ヤメゴクでの怪演技が話題に!

勝地涼、実家の花屋でスカウト!ヤメゴクでの怪演技が話題に!

2015年5月13日、「勝 勝次郎」という人物が7月15日にキューンミュージックより、デビューする事が決定しました。そのタイトルは「お風呂はぬるめの勝次郎」という変わったタイトル。ジャケットも昭和の演歌をイメージさせるものになっています。プロデュースしているのは「あまちゃん」などの脚本でも御馴染、宮藤官九郎。宮藤官九郎がレギュラーを務めるラジオ番組「宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD」の人気コーナー「宮藤官九郎の一行から始める作詞講座」から生まれた楽曲だそうで、今回のタイトル曲の歌詞も、この企画から誕生しています。この曲の作曲にはクレイジーケンバンドの横山剣が担当し、豪華な顔触れでプロデュースされることになった「勝 勝次郎」とは!

勝地涼、戸田恵梨香の束縛が強すぎてオネエに?!

勝地涼「ヤメゴク」での怪演技が話題に!「あまちゃん」での「前髪クネ男」の再来か!

今回「勝 勝次郎」名義でCDデビューする事になった勝地涼。元AKBの大島優子が主演を務める「ヤメゴク」で、大島優子演じる永光麦秋(ながみつばくしゅう)という変わった名前の主人公の、足抜けコールセンターに入り浸る暴追アドバイザー佐野直道という役を勝地涼は演じています。間違った敬語を使うどこか人を食ったキャラクターで、物腰は穏やかなのに浮ついた人物という捉え所のない役。北村薫演じる三ヶ島翔に恋心を寄せるオネエなのでは?と話題を呼んでいます。また、怪演ぶりに「前髪クネ男」の再来か!?とネットで飛び交っています。この「前髪クネ男」は宮藤官九郎が脚本をつとめ話題となった、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で出てきたキャラクターなのですが、実は「あまちゃん」の156話中で1話しか登場していないキャラクターなんです。公表を受け作成された総集編でも、出演シーンはカットされずに放送されるという異例の扱いを受けたキャラクターです。

勝地涼 戸田恵梨香との付き合い、仕事も上々!

勝地涼と戸田恵梨香が付き合っていることが明るみに出たのは、2014年にフライデーで銀座高級寿司店で仲良くデートしている現場を、スクープされたことで発覚しました。性格なのか、二人は特に隠す様子もなく堂々としていたようで、一説には御互いの両親に紹介もして、同棲もしているという話が上がっています。戸田恵梨香と言えば、松山ケンイチや村上信五、綾野剛と交際していた事もある恋多きイメージがある女優さんです。しかし名前が出ている俳優は三人とも人気があり、もしかすると戸田恵梨香はアゲマンなのかもしれません。そんな例にもれず、勝地涼もブレイク寸前であり、こうして話題に上るようになったのも、戸田恵梨香と付き合ったことが一つの要因なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

勝地涼 実家でスカウト!兄も芸能関係者?

勝地涼 実家の花屋でスカウトされ子役から芸能界に

勝地涼は1986年8月20日生まれの28歳。東京都出身で、母親が経営する生花店にてドラマの撮影があり、見学していたところを当時の瀬戸朝香の担当マネージャーにスカウトされ、現在所属するフォースタープラスの事務所に入りました。2000年に放映されたTBS系ドラマ「千晶、もう一度笑って」がデビュー作。その後高校は堀越高等学校に通学しながら数々の映画やドラマ、舞台で活躍。卒業後、芸能活動に専念し、2005年には映画「亡国のイージス」で第29回日本アカデミー賞新人賞を受賞。この映画で物語のキーマンの青年である如月をしっかり演じるために、自衛隊へ体験入隊や真冬の海に入るなど過酷なロケに挑戦し、その気迫の演技が評価されての受賞でした。また2013年には戸田恵梨香が主演の一人を務めた、フジテレビ系ドラマ「SUMMER NUDE」に出演し、交際のきっかけになりました。この年には先にご紹介したNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で、8月27日に放送された第128回に「前髪クネ男」ことTOSHIYAという役で一回のみ出演。そこでの演技が強烈なインパクトを残しました。

勝地涼 兄は芸能関係者?ヒョンビン似とネットでも話題に

ネットではその甘いマスクで、韓国の俳優ヒョンビンに似ていると話題になった勝地涼。その兄は小栗旬とプライベートで友人だったそうで、その紹介で勝地涼も小栗旬と仲良くなり、一緒に野球を楽しむ仲だそうです。また俳優の笠原秀幸と同級生で、山田孝之とも知り合いだという勝地涼の兄。ただ正体は調べてみたのですが、謎のまま。俳優と知り合いの一般の人も多くいますが、ここまで広いと芸能関係者なのでは?と考えてしまうのも不思議ではありませんね。

勝地涼の出身地 東京都について

勝地涼の出身地、東京都の観光スポット「ロボットレストラン」

勝地涼の出身地、東京都の観光スポット「ロボットレストラン」東京都新宿区歌舞伎町にある、食事よりもショーをメインに楽しめる空間は、圧巻の一言。ホテルなどの旅行に関する口コミ、価格比較サイトであるTripAdviserで「圧倒されるほど珍しい観光名所10選」にも選ばれた「ロボットレストラン」ショーは未来をイメージした衣装に身を包んだダンサーが踊り、その合間にロボットも出てきて動き回るという、90分のショータイムは海外セレブもこぞって通うほどで凄いとしか言いようがありません。料金は一人7000円(食事は別途1000円必要です)で完全予約制になっていますので、遊びに行く際には、ネット予約をして行ってください。JR山手線新宿駅東口より歩いて5分の場所にありますので、是非東京都へ遊びに来た際は、「ロボットレストラン」に立ち寄って、未来をイメージした煌びやかなショーを楽しんでみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

勝地涼の出身地、東京都の観光スポット「江戸東京博物館」

勝地涼の出身地、東京の観光スポット「江戸東京博物館」都営地下鉄大江戸線の両国駅(江戸東京博物館前)を降りてA4出口から徒歩1分の場所にある「江戸東京博物館」休園日は主に月曜と年末年始ですが、たまに休みの日があるため、ホームページで確認して欲しいとのことです。失われていく江戸と東京の文化と歴史に関する資料の収集と保存、展示を目的として1993年3月に開館した、「江戸東京博物館」1階に企画展示室、3階の野外には「江戸東京ひろば」5階と6階に常設展示室があり、そこは江戸ゾーンといわれる、江戸の町を再現した大型模型や可動模型、持ち上げ可能な千両箱などが展示されているゾーンと、もう一つ東京ゾーンといわれる所には、明治維新以降に起こった関東大震災や、東京大空襲などの展示物があり、分かれています。常設展は一般600円で65歳以上300円、大学生480円、中学・高校生は都外だと300円。都内在学または在住の中学生・小学生以下は無料となっています。団体割引もあるそうです。その他の特別な展覧会などの場合は、その展覧会で提示される料金に。また常設展と特別展を両方見ることができる、共通券もありますよ。是非東京へお越しの際は、「江戸東京博物館」をご覧になってみては如何でしょうか。

7月15日にキューンミュージックから発売される「勝 勝次郎」のデビューシングル「お風呂はぬるめの勝次郎」、今ブレイク寸前の勝地涼の代表作になってほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る