勝間和代が発達障害を告白?!ADHDの症状や乗り越え方とは?

勝間和代が発達障害を告白?!ADHDの症状や乗り越え方とは?出典:https://www.rosei.jp

勝間和代が発達障害を告白?!ADHDの症状や乗り越え方とは?

勝間和代がなんと発達障害を告白?

勝間和代は、経済評論家として、テレビなどで活躍しています。経歴を見てみると、慶応義塾大学商学部卒業後、早稲田大学大学院ファイナンス研究家専門職学位課程を修了し、ファイナンス修士の学位を取得したという、これだけでもすごい学歴です。現在は、経済評論家として活躍する一方、中央大学大学院戦略経営研究家客員教授も務めている勝間和代。取得資格を見れば、公認会計士に、中小企業診断士、高度情報処理技術者など、こちらもかなりハイレベル。高い学力と知性を持っていることが分かります。

ところが、自身の著書「勝間和代のクロストーク」の中で、勝間和代が告白しているのは、自分がある発達障害であるということでした。勝間和代が語るところによると、自身の行動は、典型的なADHDなのだとか。これだけ素晴らしい経歴・肩書の持ち主で、現役の大学教授も務めている勝間和代が発達障害であるとは驚きです。

勝間和代のADHDの症状や乗り越え方とは?

勝間和代は、自身がADHDであることを告白しました。ADHDは、注意欠陥・多動性障害と呼ばれます。
症状は、大きく「不注意」「多動性」「衝動性」の3つに分けられ、忘れ物が多い、片付けや整理整頓が苦手、忘れっぽい、静かにすべきところで静かにできない、思いついたら行動してしまう、順番が待てないなどがあるそうです。

スポンサーリンク

勝間和代は、とにかく忘れ物がひどいといいます。家の鍵や財布をなくしたかと思えば、保険証もなくす、さらには、同窓会の打ち合わせを忘れ友人たちから山のようなメールが届いたり、予約したネイルに行くのも忘れたりしてしまうそう。また、じっとしていることが非常に苦手であるとも語っています。

とはいえ、勝間和代の場合、社会生活がほぼ問題なく営まれています。治療の必要性があるかというと、勝間和代自身が「ギリギリな感じがします」とのコメントから、経過観察中と思われます。勝間和代は、周囲の人にADHDの症状を持っていることをなるべく明かし、適切なサポートをしてもらうことを心掛けているそうです。

また、出張の際の切符は前もって受け取ると失くしてしまう可能性が高く、なるべく前日に受け取るようにする。お気に入りの小物やIT機器などは複数購入して、なくしても困らないようにしているとの事。また、じっとしていることも苦手ゆえ、長時間の移動は、ある程度自由に動ける電車を使用するなど、自身の障害をうまく受け入れ、事前に対処することで、乗り越えていっているようです。

スポンサーリンク

勝間和代と長女の不仲は深刻!断捨離を成功させる極意とは?

勝間和代と長女の不仲は深刻な状態!原因は勝間和代にある?

勝間和代の私生活は波乱万丈です。これまでに2度の結婚と離婚を経験し、3人の娘がいます。そんな勝間和代が、長女と不仲であるとの噂があります。
勝間和代の長女のブログには、勝間和代に対する嫌悪の気持ちが綴られたことがあったのだとか。さらに長女は、勝間和代のお金で生活していくのが嫌で、離婚した父親と一緒に住んでいたという情報もあります。

2人の不仲は、勝間和代と、長女の父親との離婚理由が、勝間和代の浮気によるものだったことに起因しているという話も。……噂が本当だとしたら、自身の母親の浮気によって、長女が勝間和代を信頼できなくなってしまったのは仕方がないような気もしますえ。

勝間和代流断捨離を成功させる極意はトヨタ式?

勝間和代は、「2週間で人生を取り戻す!勝間式汚部屋脱出プログラム」という本を出版しており、いわゆる断捨離を成功しています。断捨離を成功させる前、勝間和代の自宅は物にあふれていたそうです。それを毎日2~3時間かけて断捨離に励み、すっきり綺麗な自宅に戻しました。断捨離をやり遂げた勝間和代いわく「家にある8割が要らない物」なのだとか。勝間和代の断捨離のコツは、トヨタの極意と同じで、ずばり「ジャスト・イン・タイム」!

ジャスト・イン・タイムとは、在庫を持たず、必要な部品を必要な時に届くようにするトヨタの考え方で、勝間和代自身も、必要な物以外は持たないように切り替えました。その証拠として、服が6着しかかかっていないクローゼットの写真を公開しています。そこまで思いきり捨てることは難しいように思えてしまいますが、勝間和代流の断捨離を実行すれば、部屋も気持ちも、すっきりすることは間違いなさそうです。

勝間和代が教える節約術が話題!

勝間和代が「サタデープラス」に出演し、その内容が話題になりました。いつの間にか節約のスペシャリストになっていた勝間和代が次に語ったのは、なんと月6万円の節約方法です。

勝間和代流の節約術によると、スーパーへ行った際はカートを使用せず、余分な物を買うのを防ぎます。そんな勝間和代のお勧め食材は、なんといっても乾物!いわれてみれば、たしかに乾物は保存が効く上、比較的値段も安く、節約に適した食材かもしれません。

そしてなにより1カ月の節約最大の工夫は、外食をせず、自炊をすること。勝間和代によると、外食する料金が1,000円だとしたら、食材の原価はおおよそ300円程度で、それ以外は人件費や土地代なのだそう。この計算でいくと、外食を止めて、1カ月自炊をするだけで、1カ月に6万円も節約できることになります。日頃から外食に偏りがちな方ならば、試してみる価値はあるかもしれませんね。自炊に自信がない方は、これまた勝間和代の推奨する時短料理レシピをお試しください!

節約術と断捨離術のほかにも、勝間和代は、年収10倍アップの勉強法に、時間投資法、知的生産術、金融リテラシーの基本、ビジネス頭の作り方から断り方まで、さまざまなビジネス本を世に送り出してきました。それらはどれも、「なるほど!それが知りたかった!」と思うテーマばかり。そんな常に時代の先端をいく勝間和代が、今見つめているものは何なのか、気になるところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る