勝俣州和がうるさくともバラエティーに呼ばれるワケ!芸能界を生き抜く能力とは

勝俣州和がうるさくともバラエティーに呼ばれるワケ!芸能界を生き抜く能力とは

勝俣州和がうるさくともバラエティーに呼ばれるワケ!芸能界を生き抜く能力とは

勝俣州和がうるさくともバラエティーに呼ばれるワケ!容赦なくツッコめる裏には地道に築いてきた人脈!

勝俣州和は、今やバラエティーに欠かせないひな段タレントとして、テレビで見ない日はないほどです。いつもうるさい印象の勝俣州和ですが、最初はアイドルとしてデビューしました。

劇男一世風靡を経て、「欽きらリン530!!」のオーディションで萩本欽一に見出され、アイドルグループ「CHA-CHA」の一員として活動を開始した勝俣州和。当時、絶大な人気を得て、1990年代には俳優としても活動していました。アイドルグループ解散後は、堀部圭亮とお笑いユニット「K2」を結成し、バラエティー路線へスライドします。

そして「笑っていいとも!」や、ウッチャンナンチャンの番組で、現在の下地を築き上げました。視聴者からうるさいというコメントが多く寄せられても、それぞれの番組に勝俣州和が呼ばれ続けるワケは、アイドルグループ解散後も、前向きに明るく取り組んできたことが大きなポイントです。また、TBS「アッコにおまかせ!」などが良い例ですが、和田アキ子など大物タレントと呼ばれる人たちに対して、容赦のないツッコミを入れても怒られないという、勝俣州和の人柄が影響しています。

スポンサーリンク

勝俣州和の芸能界を生き抜く能力とは!?芸能界には珍しいサラリーマン的な付き合い方!?

勝俣州和は、仕事が途切れません。それは、大物タレントに気に入られる性格がキモだと思います。和田アキ子や哀川翔、内村光良などがその一例です。ダウンタウンですら、勝俣州和のことを愛称である「かっちゃん」と呼んでいるほど。そして、人付き合いの良さが、とてつもなくよいそうです。

勝俣州和は、和田アキ子の主催する飲み会も毎回断らず参加し、番組でネタにしています。サラリーマン的な付き合い方で、人脈を築いてきた勝俣州和。萩本欽一ファミリーでもなければ、和田アキ子の所属するホリプロでもありませんが、芸能界を生き抜くために身につけた、勝俣州和流の処世術なのでしょう。

勝俣州和の嫁、子供は?年収がとんでもないことになっている!

勝俣州和の嫁、子供は?愛妻家で有名!長女と長男の子供2人!

勝俣州和は、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」で内村光良と共に独身時代が長く、「もてないキャラ」として取り上げられた事があります。デート企画なども組まれましたが、成功せずこのまま独身かと思われた2002年10月4日、元キャビンアテンダントの一般女性と結婚。2004年10月25日には長女が誕生し、その4年後には長男にも恵まれています。愛妻家でも有名であり、毎年奥さんの誕生日に花束とカードをプレゼントするなど、家庭円満であることでイメージが良く、勝俣州和の人気の秘訣の一つでもあると思います。

スポンサーリンク

勝俣州和の年収がとんでもないことになっている!?レギュラーや準レギュラーは少なくとも、ゲストが多い!

勝俣州和が抱えるレギュラー番組は、意外なことにABCテレビで放送されている「朝だ!生です旅サラダ」と、TBSの「炎の体育会TV」の2本のみです。また、準レギュラーとして勝俣州和は、TBSの「アッコにおまかせ!」と、読売テレビの「ダウンタウンDX」「秘密のケンミンSHOW」に出演しています。

ただし、ゲスト出演となると、毎年年末に行われる「ガキの使い笑ってはいけないシリーズ」などの特番や、「アメトーーーク」など、挙げるときりがありません。メインを張るわけではなくても、これだけテレビ出演が途切れなければ、年収もとんでもないことになっているはず。現在、勝俣州和の年収について公表されているわけでありませんが、ネットでは、数千万円はいっているとのではといわれています。実際、自宅を世田谷に構えているという話もありますから、年収数千万円は現実的な数字なのではないでしょうか。

勝俣州和の今後は!? 若い頃の「シャー!」という掛け声を聞かなくなったのが大きなポイント!

勝俣州和は、2015年10月2日に行われた「つけ麺VSラーメン本当に美味いのはどっちだ決定戦」というイベンに、オープニングセレモニーに立会人として出席しました。同席していた、結婚したばかりの千原ジュニアに対して「感謝を忘れず、毎日ありがとうの気持ちをノートにつけるといい」と提案。イベントの「つけ麺」にからめたコメントですが、こんなところからも、勝俣州和のあたたかい人柄が感じられますよね。

若い頃は「シャー!」という掛け声とともに登場することがとても多かった勝俣州和。しかし、現在50歳の勝俣州和は、相変わらず声とリアクションは大きいままですが、若いころのような、前へ前へといううるささは見られません。ボケた人を優しくフォローしたり、言い辛い所をズバッと言ったり、タレントとして非常に器用な人物になっています。あえてポジションが似ている人物を挙げるならば、やはり関根勤ではないでしょうか。

笑顔を絶やさず、どんな酷い状況でも何とかしてあげたいと優しくフォローしつつも時には厳しいツッコミもする……勝俣州和も、このまま関根勤のように、もともと持っている、優しい部分を出しつつツッコむというスタイルのまま、場の調整が巧くなっていき、仕事を続けて行くのではないでしょうか。目立たないようですが、その時々によって自身のスタイルを柔軟に変えてきた勝俣州和。クローズアップされることは少ないですが、実は、稀有なタレントなのかもしれません。
勝俣州和はこれからもどこかのテレビのひな壇に座って笑いつつ、空気を読んで、ツッコんでいくでしょう。これからも番組を盛り上げてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る