川島なお美 渡辺淳一とリアル失楽園?!肝内胆管がん54歳で死去 

川島なお美 渡辺淳一とリアル失楽園?!肝内胆管がん54歳で死去 

川島なお美 渡辺淳一とリアル失楽園?!黒木瞳と共演NG?

川島なお美 渡辺淳一との関係!リアル失楽園?

映画「失楽園」で不倫という題材を扱い、社会現象を巻き起こした小説家・渡辺淳一。実は、川島なお美と渡辺淳一の間には男女の関係が会ったということは、関係者の間では周知の事実です。ふたりの付き合いが始まったのは、映画「失楽園」の主演を狙った川島なお美からの猛烈なアピールからでした。

最初は渡辺淳一が、川島なお美を「いい女」として教育するという関係だったとのこと。当時、場違いとも言える出版パーティで川島なお美が目撃された直後、ヒット小説「失楽園」の映画化の話が決まり、主演女優に黒木瞳と川島なお美の名前が挙がりました。もちろん、女優経験の浅い川島なお美の名前が挙がることに不自然さを感じた関係者は多数。

その時すでに2人の関係は深まっていたと思われます。2人の北海道不倫旅行野写真や、都内のホテルで密会し部屋で抱擁&キスをしているところは何度か撮られていましたが、大作家の渡辺淳一を敵に回す出版社はおらず、掲載は見送られていたそうです。

スポンサーリンク

そしてその後、川島なお美は、日本テレビがドラマ化した「失楽園」の主演に大抜擢されることになりました。さらに、渡辺淳一原作のドラマ「くれなゐ」や「メトレス・愛人」の映画の主演にも抜擢。渡辺淳一と不倫関係にならなければ、今の川島なお美はいなかったのではないかとまで言われています。

川島なお美 黒木瞳と共演NGって本当!?

渡辺淳一を巡っては、もう一つ有名な話があります。それは.川島なお美と黒木瞳は共演NGということ。これはなぜなのでしょうか?
「失楽園」の映画版の主演を務めたのは、黒木瞳。ドラマ版で主演を務めたのは川島なお美。実は、映画化の話が持ち上がった時に主演の名前には2人共の名前が挙がっていました。

そして、映画の主演の座を射止めたのは黒木瞳でした。映画の主演を任せるということは、渡辺淳一が黒木瞳の実力を認めていたということ。そして、川島なお美については、「川島が愛人なのは認めるが、彼女を女優としては認めていない」などと語っていたそうです。渡辺淳一の寵愛を受けて絶対に自分が主役になると思っていた川島なお美は、黒木瞳が主演に決まったことをなかなか受け入れられなかったことでしょう。

スポンサーリンク

掴み取ることのできなかった主演の座のため、川島なお美と黒木瞳の間には確執を残すことになりました。それからというもの、2人の共演NGは業界内では暗黙の了解として知られているそうです。

渡辺淳一が亡くなり、その後に行われたお別れの会では、別れを偲ぶため、川島なお美も黒木瞳ももちろん駆けつけました。会場では、2人がいつ鉢合わせするかと関係者をヒヤヒヤさせていたとのこと。女優と作家の関係だけではない、男と女の関係も絡んでいるので、この確執は簡単に解決ということはないかもしれませんね。

川島なお美 シャンパン一生分飲んだ「見ただけで全部わかる」

女優の川島なお美が旦那でパティシエの鎧塚俊彦と共に7日、東京・恵比寿で、シャンパーニュ「COLLET」の新商品発表会に出席しました。昨年1月に肝内胆管がんの手術を受けてからは、当面のアルコール断ちを宣言していましたが、この日は、シャンパンをこよなく愛する夫妻として登場。

旦那の鎧塚俊彦氏と見つめ合ってグラスを合わせるなど、仲睦まじい様子で日本初上陸のシャンパンを楽しんだ様子。病気になってからは、お酒を解禁はしてないそうで、記念日などにたしなむ程度という川島なお美。それでも「一生分飲んだので、量を飲まなくても見ただけで味も品種もわかります」と胸を張っていました。

11月にはソロコンサート、そしてミュージカルへの出演も決定しているため、2キロのダンベルを持ちながら発声練習などのトレーニングを続けているとのこと。「大丈夫、元気ですよ。舞台の公演もありますし、“激やせ”とか言われてる場合じゃない」とアピールしていました。

骨が見えるほど激やせしていても仕事に意欲を見せ、2カ月後のためにトレーニングをしているのは、まさに女優魂を見たような気がします。川島なお美がこれからも美を保ち、女優魂をたくさん見せてくれることを楽しみにしていましょう。くれぐれもお体には気をつけていただきたいと思います。

川島なお美 肝内胆管がん54歳で死去 激やせで体重30キロ 

川島なお美病気(肝内胆管がん)で激やせは今井雅之と似ていた!

川島なお美の旦那 鎧塚俊彦氏がフェイスブックにつづられています。
 「本日19時55分妻なお美が他界致しました。一週間前まで舞台を勤め、そして最後の最期まで女優として、女房として、人として全力で生を全う致しました。なお美を支え応援して下さった皆様方には心より御礼申し上げます。息を引き取るまで川島なお美はやっぱり川島なお美のままでした。本当に立派でした。」

川島なお美、どれほどの深い思いで最後、マスコミの前に出てきたかを思うと、言葉もないです。プロ意識を高く持ち最後まで川島なおみを演じられたのですね。
あれは、覚悟の上での最後の勇姿だったのですね。なんて強い意志をもった女性だったのだろう川島なお美・・・。弱音を一言もはかずにまさに華のように散ってしまった。
ご冥福をお祈り申し上げます。

2015年1月に肝内胆管がんの手術を受けた女優の川島なお美が、2015年夏、イベントに登場した時、その姿を見た人は驚いた方が多かったのではないでしょうか。
闘病の影響からか、黒いワンピースからのぞく二の腕や首筋、肩のラインは骨格が出ており、3カ月前にも既に激やせと言われていましたが、さらに痩せたように見えました。関係者からは「おそらく30キロ台前半ではないか」と言われているほど。実際の体重は本人の口からは語られませんでしたが、それを見た報道陣からは心配の声が上がっていました。

川島なお美は2014年8月に肝内胆管がんが見つかり、2015年1月には12時間にも及ぶ切除手術を受けています。手術前には、パティシエの旦那・鎧塚俊彦のために遺言まで書いていたことも明かしていました。幸いにも腫瘍は取り除かれ、転移も無かったとのことでしたが。肝内胆管がんは、5年生存率50%というとても厳しい病気。ブログでは元気な言葉を綴っている川島なお美ですが、今後の再発の可能性が0ではないだけに、とても心配でした。

急遽、舞台を降板されたのは、かなり病状が悪いのかも。。。
どうしても今井雅之さんの死去1ヶ月前のガリガリに痩せた姿を思い出してしまいました。
川島なお美も余命1か月どころではなく、華が散るように死去されてしまいました。

黒木奈々も周りから惜しまれながら亡くなってしまいましたしね。つんくもガンとたたかっています。
川島なお美元気になられることを祈っていたのですが残念です。ご冥福をお祈り申し上げます。

川島なお美 旦那・鎧塚俊彦と闘病生活

川島なお美の旦那はパティシエの鎧塚俊彦です。肝内胆管がんを患い、闘病生活を送っていた川島なお美ですが、実は旦那も網膜中心静脈閉塞症という目の病気を患っています。旦那・鎧塚俊彦は、2010年5月頃から左目だけ視力の低下が始まり、網膜中心静脈閉塞症という、視力が急激に低下する病気と診断されました。

網膜中心静脈閉塞症は、失明をもたらしてしまう大変恐ろしい病気。この病気は、糖分や脂質アルコールなどの取り過ぎが原因となることも。しかし、鎧塚俊彦の職業はパティシエです。糖分の高いスイーツの試食は減らすことができません。そのため、川島なお美は、毎日低カロリーの低料理を作ったり、旦那のために自身もお酒を控えたりしていたそう。結果、鎧塚俊彦の体重は健康的に12キロも減りました。

しかし、肝心の目の症状は良くならず、2011年には4回もの手術を受けることに。もちろん川島なお美は毎日病院に通い、献身的に旦那を支えました。 現在、残念ながら左目はほとんど見えないとのことですが、毎日目薬を差すことが日課の川島なお美は、今でも旦那を支えています。「私生活では私が彼の左目になります」という川島なお美の言葉も有名ですね。

今回の川島なお美の方が病気になった時は、旦那がきっと支えたのでしょう。夫婦2人共に闘病生活を送るということは想像を絶する大変なことだと思いますが、この夫婦なら乗り越えられることと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る