川谷絵音が嫁と離婚!ベッキー不倫騒動を振り返る!

川谷絵音が嫁と離婚!ベッキー不倫騒動を振り返る!出典:http://buzz-plus.com

川谷絵音が嫁と離婚!ベッキー不倫騒動を振り返る!

川谷絵音が嫁と離婚!ベッキーとの結婚はないの?

川谷絵音が、2016年5月9日、昨年5月に結婚した嫁と離婚したことを、ツイッターとブログで報告しました。巷では、嫁と仲直りしたとか、嫁が妊娠しているから離婚できないという噂がありましたが、話し合いの末、”卒論提出”に至ったようです。

川谷絵音と嫁の離婚のきっかけとなったのは、言わずもがな2016年1月に発覚したベッキー不倫騒動。慰謝料についてさまざまな憶測が飛び交う中、5月2日には、川谷絵音同席で、ベッキーに、嫁への直接謝罪の場が設けられ、表向きは円満解決といった形になりました。

しかし、不倫をした芸能人は川谷絵音に限ったわけではないとはいえ、嫁の存在を知らない実家に、堂々とベッキーを連れていくなど、かなりだらしないイメージが付いてしまった川谷絵音。しかも時期的に、ベッキーとの交際は、嫁が妊娠中だったそうですから、貼られたダメ男のレッテルは、そう簡単にはがれそうにありません。芸能人生命を懸けた大恋愛だったならまだしも、1月中旬から川谷絵音とベッキーは連絡を取っておらず、今は完全に恋愛関係を解消したという話です。

川谷絵音とベッキー不倫騒動の発覚・過熱の一部始終!

川谷絵音とベッキー不倫騒動の発端は、奇しくも、嫁の誕生日である2016年1月6日に発売された週刊文春でした。この時、実家への訪問や、クリスマスのお泊りデート、嫁との離婚の話し合いを卒論に例えてベッキーに報告したLINEが発覚しますが、同日に会見を開いたベッキー、FAXでコメントを出した川谷絵音双方が、”友達関係”と説明しています。

スポンサーリンク

続く1月21日、週刊文春は、最初の報道前日に交わされた「ありがとう文春」「センテンススプリング」というLINE画像を掲載。後に、嫁のインタビューが記事が載せられ、川谷絵音が、嫁に結婚していることを口止めしながら、いずれ実家に連れていくと約束していたとか、妊娠中であったというとんでもない事実も発覚。

ベッキーと交際を始めた当初は、ベッキーにすら既婚者であることを隠していたという話も出てきました。ベッキーはテレビから姿を消し、川谷絵音はゲスの極み乙女。のフリーライブで謝罪するも、相次ぐ批判に「誰に謝るの?」とキレ気味。そのまま、嫁との別居を解消することもなかったようです。

川谷絵音がmiwaをディスったって本当?本名、年齢、血液型は?

川谷絵音がmiwaをディスる!嫉妬深いジメジメ性格?

川谷絵音が、ベッキー不倫騒動ですっかり性格が悪い人扱いされ始めると、次々と過去の性悪エピソードが発掘されるようになりました。ゲスの極み乙女。が結成される前年の2011年頃、川谷絵音は、ツイッターで、当時20歳そこそこながらテレビで活躍していた歌手・miwaを「音楽舐めてるとしか思えない」とディスっています。それだけならまだしも、miwaがミュージックフェアで矢野顕子と共演した時には、「マジかよ、くそすぎる」。

スポンサーリンク

同時期にflumpoolがブレイクすると、「ジャニーズみたい。ああはなりたくない」と馬鹿にして、傍目には、嫉妬にしか映らないという意見が続出。せっかくゲスの極み乙女。でブレイクしたのに、不倫騒動で株を下げたばかりか、元カノに言い寄られて、嫁に揺れる気持ちを打ち明けるといったジメジメ性格も発覚。消せない汚点は、渾身の音楽活動でしか挽回できそうにありません。

川谷絵音の本名、年齢、血液型!東京農工大学の偏差値は?

川谷絵音の本名は川谷健太。ベッキーが週刊文春に流出したLINEで「けんちゃん」と書いていた謎が解けました。年齢は、1988年12月3日生まれの現在28歳。血液型は、恋愛に慎重と言われるA型だそうですが、ずいぶんあてにならないものです……。とはいえ、川谷絵音は頭のほうはかなりよろしいようで、高校は、地元長崎県でも上位進学校である長崎東高校に進学し、医学部を目指すレベルの優秀な生徒が集まるシーボルトコースに在籍していたそうです。

その後進学した大学は、偏差値60の東京農工大学工学部応用分子化学科。学費面で親に苦労をさせたくないという思いから、国立大学を志望したといいますから、川谷絵音も、全く思いやりに欠けた人ではないということです。

川谷絵音がベッキー「金スマ」にコメント!ゲスの極み乙女。は大丈夫?

川谷絵音の離婚報道に続き、不倫騒動のお相手ベッキーが、5月13日放送の「金曜日のスマたち」でテレビ復帰しました。番組を観て、「書かないといけない」という思いに至ったという川谷絵音。自身のブログで、週刊文春で報じられたLINEの内容と、ベッキーとは友達ではなく恋愛関係であったことを初めて認め、「嫁の気持ちを踏みにじり、ベッキーを実家に連れていったのは僕の独断」「2人ともに申し訳ないことをした」と謝意を述べています。

「金曜日のスマたち」では、ベッキーが中居正広に「ウソをつかない」と誓った上で、川谷絵音を”男性”と呼び、「もう好きではありません」と涙ながらに語るシーンが印象的でしたが、本当に2人の関係は終わっているのか?というのは誰もが疑問をもつところ。そんな中、川谷絵音のもう1つのバンド「indigo la END」が発表した新曲「藍色が好きさ」の歌詞「君が好きだってこと意外は、この際どうだっていい」は、再び邪推を呼びそうです。

騒動中には、自分の置かれた状況をネタにしたのかと思われるようなゲスの極み乙女。のアルバム「両成敗」が大ヒットとなった経緯がありますから、今回も同じようなマッチポンプを狙ってのことだったのでしょうか。あんなことがあっただけに、2016年6月から始まる川谷絵音の第2のバンド「indigo la END」の宣伝活動を、テレビ等のメディアで大々的にするわけにいかない状況らしいですから、川谷絵音の苦肉の策だった可能性も。

そもそもゲスの極み乙女。ファンは、純粋な耳で彼の素晴らしい才能に惚れこんでいたはずなのに、何を作ってもそう言われるようになってしまったのは、アーティスト・川谷絵音の最大の汚点かもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る