茅島成美の息子は俳優・中尾学!中尾彬の元嫁って知ってた?

茅島成美の息子は俳優・中尾学!中尾彬の元嫁って知ってた?出典:http://blog.livedoor.jp

茅島成美の息子は俳優・中尾学!中尾彬の元嫁って知ってた?

茅島成美は70歳を超えたベテラン女優!息子の俳優・中尾学は中尾彬の息子だった!

茅島成美(かやしまなるみ)は、武田鉄矢主演のドラマ「3年B組金八先生」の国井美代子教諭役で知られるベテラン女優です。70歳を超えた今も、「相棒」などのドラマで、脇役として活躍中ですが、若い人には、あまり名前を知られた存在ではないかもしれません。

そんな茅島成美には、俳優となった1人息子がおり、名前は中尾学といいます。中尾学は、1990年の映画「おあずけ」に出演していますが、それ以外の目立った活動歴は見当たらず、俳優としては無名。しかし、彼が”ねじねじマフラー”俳優・中尾彬の息子だというと、若い人でもピンとくるのではないでしょうか。

現在、中尾彬は、女優・池波志乃と結婚しており、芸能界きっての”おしどり夫婦”として知られていますが、実は、1970~1975年には、茅島成美と婚姻関係にありました。名うてのプレイボーイだった中尾彬に、最近ではふくよかなオバアチャンを演じることの多い茅島成美が……と考えると、全くイメージが沸かないかもしれませんが、中尾彬の元嫁だったことは確かです。

茅島成美は再婚後にアパート経営者!現在は息子・中尾学の一家と幸せ同居生活

茅島成美は、中尾彬と離婚してから15年後の1990年、48歳の時に、会社員男性と再婚します。悠々自適な生活を送るために、東京都中野区でアパート経営を始めました。ところが、バブルが崩壊してローン返済が苦しくなったため、その後は、夫婦揃ってアパートに住み、節約生活を送っているそうです。

スポンサーリンク

俳優だった息子・中尾学は、現在はグラフィックデザイナーとなり、茅島成美の話によると、結婚して、2人の子供に恵まれているといいます。嫁、孫ともども、茅島成美夫妻と同居生活を送っており、最近は、孫の成長を楽しみながら、幸せな生活を送っているとのこと。

2008年には、実母が骨折によって要介護となり、車椅子を押して膝を傷めたため、茅島成美は、女優引退も考えたこともありました。しかし、地道なリハビリにより、現在も、ベテラン女優・茅島成美は健在。息子を連れての離婚後は、大変だった時期もあったことでしょうが、公私ともに充実した生活を送ることができているようで何よりです。

茅島成美の若い頃の出演作品は?出身や本名、プロフィール!

茅島成美の若い頃が官能的!出演作「金田一耕助の事件簿」では熟女ヌードも!

茅島成美の若い頃の出演作品で最も有名なのは、1979~2011年まで出演した、武田鉄矢主演ドラマ「3年B組金八先生」です。シリーズ放送開始当初は30代だった茅島成美。気位の高そうな眼鏡姿で、生真面目で、ヒステリックな性格の国井美代子教諭も、茅島成美が演じることによって、どこか官能的な色気が漂っていたものです。

スポンサーリンク

最近の「爆報!THEフライデー」では、美少女然とした17歳の頃の画像が公開されていますが、茅島成美の本領は、熟女となってから発揮されています。1983年に出演した古谷一行主演ドラマ「金田一耕助の傑作推理 ミイラの花嫁」では、41歳の官能ヌードを披露し、濡れ場を演じている茅島成美。当時の色気たっぷりな茅島成美を見ると、プレイボーイだった中尾彬の元嫁だったと聞かされても驚かないかもしれません。

茅島成美の出身地や本名!東映女優”春海洋子”からテレビドラマの名脇役女優へ

茅島成美は、1942年9月14日、戦前生まれの女優です。出身地が”東京府”となっているあたりに、時代を感じさせます。茅島成美、本名・川上静江は、滝野川女子学園高校を中退し、東京ニューフェイス6期生として、1959年に東映京都へ入社しました。この時のオーディションは、応募総数2万6千人中、合格者は男6名、女14名の計20人。狭き門であることは明らかですが、同期には、千葉真一や太地喜和子、別世代には高倉健ら伝説級の人物が名を連ねていることも、オーディションに合格することの価値の高さを物語っています。

東映の俳優座で6カ月の研修を受け、京都撮影所で1年の修業を積んだ茅島成美は、”春海洋子”として女優デビューを飾りました。ところが、1960年の山城新伍主演映画「白馬童子」への出演を経て、1962年には東映を退社。その後は、テレビドラマを中心とした脇役女優として、個性を発揮していくこととなります。

茅島成美の年齢の重ね方がステキ!映画「オケ老人!」ではベテラン俳優陣が日本を元気に!

茅島成美が、2016年10月8日放送の「行列のできる法律相談所」に出演しました。番組では、茅島成美が、32年にわたって出演したドラマ「3年B組金八先生」において、”アドリブ満載の超大物俳優T”に激怒したエピソードを披露しています。「3年B組金八先生」によって、堅物で小うるさいというイメージが定着していた茅島成美ですが、最近では、バラエティ番組に出演し、くだけた話題を披露するようになりました。

1999~2009年まで出演した「大好き!五つ子」で、優しいオバアチャンのイメージを作り上げると、芸能界のオフクロ的な匂いを発するようになった茅島成美。別れた夫・中尾彬と池波志乃夫妻も幸せそうですが、茅島成美も、実にいい歳の重ね方をしています。

そんな茅島成美が出演する杏主演映画「オケ老人!」が、2016年11月11日に公開となりました。同映画は、誤って老人ばかりのオーケストラの指揮者となってしまったバイオリン奏者の、笑いあり涙ありの物語。茅島成美は、平均年齢70歳を超える”老人オケ”のフルート奏者を演じています。74歳にして、映画撮影という長丁場の中、実際に演奏しているかどうかはさておき、フルートにチャレンジするエネルギーは、素晴らしいもの。

主演の杏も、高齢のベテラン俳優たちを”人生の目標”として掲げると同時に、彼らの本編と普段のハイテンションぶりが変わらないことに驚いていました。老いてもなおエネルギッシュな茅島成美は、これから高齢化を迎える日本を元気にしてくれる気付け薬。「オケ老人!」にとどまらず、これからも、あらゆる作品で元気な茅島成美にお目にかかりたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る