ケツメイシの事務所移籍理由!移籍して何が変わったの?

ケツメイシの事務所移籍理由!移籍して何が変わったの?出典:http://ticketcamp.net

ケツメイシの事務所移籍理由!移籍後の変化にファンの反応は?

ケツメイシは2012年に事務所を移籍!?どこからどこへ、そしてその理由は!?

ケツメイシは、1993年に結成された、男性4人組のヴォーカルグループです。レゲエ系ヒップホップの曲調が人気で、Ryo、Ryoji、大蔵、DJ KOHNOによる2MC、1ヴォーカル、1DJにて構成されています。すでに人気グループの地位が確立されていた2012年、所属事務所を、トイズファクトリーからavex traxへ移したケツメイシ。事務所移籍理由としては、昨今のCDの売上減の風潮が大きく影響しているものと推測できます。

アーティストとして多大な人気はあっても、売上に直結しないという厳しい状況に置かれている音楽業界。そんな中、avex traxのギャランティ契約は、アーティスト側が9割を占めており、一般的なレコード会社での6-7割と比べると、破格の好条件です。CD売上げが不調な中でも、ギャラを一定水準で維持できることは、ケツメイシでなくても、アーティストにとって魅力的でしょう。

ケツメイシが事務所移籍と共に変化!?対するファンの反応は!?

ケツメイシがavex traxへ移籍したことによって、いくつか変化点もありました。トイズファクトリー時代には、アルバムタイトルが「ケツノポリス」シリーズだったものが、ローマ字の「KETSUNOPOLIS」に変わっています。「KETSUNOPOLIS 8」が、移籍後初のアルバムでしたが、海外進出を意識している点もあり、ふんだんに英語詞を取り入れた内容でリリースされました。

これは、日本語詞を中心としていた、それまでのケツメイシからは大きな変化で、歌詞が聞き取りづらい英語だったこともあり、ファンからはかなり評でした。「KETSUNOPOLIS 9」ではその反省も踏まえてか、路線は、ケツメイシらしさを取り戻した内容に戻っています。

スポンサーリンク

ケツメイシの好きな曲ランキング!「バラード」の歌詞の意味は?

ケツメイシの好きな曲ランキング!多くのヒット作から3曲をピックアップ!

ケツメイシは、多くのヒット曲をたたき出し、今でも大勢のファンがいます。ここでは、オリコンの順位も踏まえた好きな曲ランキング上位3曲をご紹介。

「さくら」は、ケツメイシが初めてオリコンシングルチャート1位を獲得した曲で、桜の景色は変わらずとも、恋人が不在であることだけが違う、という過去の思い出が見事に描写されています。「君にBUMP」は、ミディアムテンポでゆったり乗れるナンバーで、PVは、サタデーナイトフィーバーが意識された演出。

タレントとしても、ダンサーとしても活躍中のパパイヤ鈴木が振付をしている点にも注目です。「旅人」は、ケツメイシ初となる2週連続オリコンチャート1位を獲得した楽曲で、ストリングスを盛り込み、哀愁深い1曲でリスナーの涙を誘います。

スポンサーリンク

ケツメイシ初のバラードソングとは!?その歌詞の内容に迫る!

ケツメイシは、これまで数多くの恋愛ソングを作ってきましたが、特に評価が高い1曲が「バラード」です。曲名の通り、ケツメイシ初のバラードでもあり、スローテンポな中にもケツメイシらしさが出ている切ない仕上がりの曲です。

「バラード」の内容は、切ない恋愛ソングかと思いきや、実は不倫がテーマとなっています。男性もしくは女性のいずれかがすでに結婚している立場にあり、家庭を持つ相手で、踏み込んではいけない領域だと分かっていながらも、愛し合う関係に発展してしまった葛藤を見事に歌い上げています。

「バラード」は、ケツメイシとしても、得意のラップ部分を少なくし、歌詞に力をこめた渾身のバラード曲といえるでしょう。

ケツメイシは今年デビュー15周年!「情熱大陸」密着で素顔に迫った!

ケツメイシは、デビュー15周年を迎え、テレビ番組「情熱大陸」にて、4カ月に渡るケツメイシ長期密着特集が報道されました。「楽しめなければケツメイシじゃない」と豪語する、ヴォーカル&MC担当のRyojiや、自虐ネタを中心に爆笑トークで観客を盛り上げるMC担当Ryo。ツアー中であっても、4人が、本格的なコントまで仕込んで笑いを取る場面があったりすることからも、ケツメイシの徹底的に「楽しむ」心意気がうかがえます。

デビュー以来、「楽しむ」という精神をモットーに、ヒット曲を連発してきたケツメイシも、今では、メンバーの平均年齢が40歳を超えました。「情熱大陸」でカミングアウトされた、Ryojiの突発性大腿骨壊死症は気になるところですが、パフォーマンスのクオリティ低下を避けるため、体の手入れを怠らないストイックな姿勢を維持しています。一方で、歳をとったからこそ生みだせる曲も増えていることから、ケツメイシ4人の創作欲は、ますます盛んになっているとのことです。

ケツメイシは8月6日、神奈川の日産スタジアムでのライブにて10枚目のオリジナルアルバム「KETSUNOPOLIS 9」を10月26日にリリースすることを発表しました。新作アルバムには、2017年1月公開予定で、Hey!Say!JUMP中島裕翔主演の映画「僕らのごはんは明日で待ってる」の主題歌「僕らのために…」も収録されています。「楽しむ」という若々しい考え方と、大人の魅力が共存するケツメイシは、デビュー時より、さらにずっとパワーアップしていると言っても過言ではありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る