きじまりゅうたは「きょうの料理」のオネエ料理研究家!?プロフィールは?

きじまりゅうたは「きょうの料理」のオネエ料理研究家!?プロフィールは?出典:http://prw.kyodonews.jp

きじまりゅうたは「きょうの料理」のオネエ料理研究家!?プロフィールは?

きじまりゅうたは「きょうの料理」で活躍中のオネエ料理研究家ってほんと?

きじまりゅうたは、「きょうの料理」で活躍中の料理研究家です。短髪にあごひげの風貌で、出演番組「きじまりゅうたの小腹がすきました!」でも江戸前な雰囲気を感じさせるきじまりゅうたですが、なぜかオネエ料理研究家との噂があります。きじまりゅうたオネエ疑惑の原因は、彼のインスタにありました。

きじまりゅうたのインスタには、料理研究家らしく、おいしそうな料理写真も数多くアップされています。チョイスされたメニューや構図が非常にオシャレなきじまりゅうたのインスタ写真が、妙にオネエっぽく見えるため、オネエ疑惑があがったとか。身長が低めなことからも、疑惑がさらに強まっているそうです。

NHK「あさイチ」に出演した際に、司会の井ノ原快彦からいじられまくった愛されキャラも疑惑に拍車をかける結果に。ゲイの人たちから「かわいい」と言われて、きじまりゅうたに人気があるのも事実の様子。とはいっても、きじまりゅうた本人が、オネエであるなどと公言したことはありません。

きじまりゅうたの気になるプロフィール!意外な学部を卒業していた?

きじまりゅうたは、1981年東京都生まれです。料理関係の学校出身かと思いきや、立教大学観光学部を卒業しています。卒業後、アパレルメーカーに就職したきじまりゅうたは、接客業を数年間経験。母で料理研究家の杵島直美(きじまなおみ)のアシスタントを務めた後に、料理研究家として独立を果たしました。

スポンサーリンク

趣味は、サーフィンと音楽鑑賞。特にブラックミュージックが好きだそうです。「りゅうたのフライパンひとつで男めし」などの著作タイトル通り、同世代の人たちが無理なく作れる料理を目指し、「きょうの料理」や「きじまりゅうたの小腹がすきました!」などでも活躍しています。

きじまりゅうた「小腹がすきました」レシピがSNSで話題!母や祖母は?

きじまりゅうた「小腹がすきました」レシピは同人誌が出るほどの話題ぶり!

きじまりゅうたを代表する番組に、NHK「きじまりゅうたの小腹がすきました」があります。「小腹がすきました」と悩む人々が、スマホアプリを押すと、謎の料理人きじまりゅうたが出現し、さくっと簡単に激うま料理を作ってくれるというストーリー仕立ての番組です。

「小腹がすきました!」内に登場するレシピは、どれも缶詰等手軽な食材を使ったものばかり。素人が思いつかないような料理が簡単に作れ、なおかつ激うまなことから、「無性に食べたくなりつい作ってみました」と、SNS等で話題沸騰中だといいます。メニューも、メインの唐揚げや餃子から、フレンチトースト、デザートのプリンまで多種多様。番組公式サイトによると、「小腹がすきました!」をネタにした同人誌が出るほどの人気の高さを誇っているそうです。

スポンサーリンク

きじまりゅうたは母や祖母も料理研究家の料理一家出身だった!

きじまりゅうたの母は、杵島直美です。祖母は、村上昭子(むらかみあきこ)。料理好きな方ならば、きじまりゅうたの母、祖母ともに料理研究家であることをご存じでしょう。村上昭子や杵島直美の料理本もたくさん出版されているので、お持ちの方も少なくないはずです。母も祖母も料理研究家であるため、幼少の頃から、料理に親しむ環境にあったきじまりゅうた。

母・杵島直美のアシスタントを務めた後に独立していますが、杵島直美も、母親である村上昭子のアシスタントを務めた後に独立しているそうです。3代続いてきたからこその実力に加え、男性であるという新しい視点も備えたきじまりゅうたは、これからも時代に即した新レシピを次々に紹介してくれることでしょう。

きじまりゅうたのオリジナル低血糖ダイエットレシピは必見!ライザップ挑戦でも話題に

きじまりゅうたが、ライザップでダイエットに挑戦したことで話題になっています。その様子が掲載されているのは、1月10日発売「レタスクラブ」内での「おうちでライザップごばん」という企画です。「レタスクラブ」では、きじまりゅうたが、料理研究家として、ライザップの食事ルールに基づいた低糖質レシピを開発。

ダイエットしたい方は必見のレシピの数々が掲載されています。ダイエットレシピと聞くと、「飽きてしまいそう」や「手間がかかるのでは?」と思う方も少なくないはずです。しかしそこは、時短・手間なしレシピがお得意のきじまりゅうた。スキレットを大活躍させ、写真を見るだけでよだれが出そうな豪華な低血糖メニューを紹介しています。

何かと忙しい朝食には、作り置きスープで対応するなどアイデアも豊富。毎日味をアレンジできる対策もばっちり紹介しています。これぞまさに、きじまりゅうたの本領発揮と言ったところでしょうか。レシピ開発に加え、週2回のライザップジム通いもしたというきじまりゅうた。料理研究家自身が、レシピのみならず、ダイエットにも挑戦するとはまた革新的です。ダイエットの結果はもちろんのこと、きじまりゅうたが、次はどのような新しいチャレンジをするのかも楽しみで仕方ありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る