吉川晃司とアン・ルイスと共演ステージが衝撃だった!紅白パフォーマンスも奇抜過ぎ!白髪は自前?

吉川晃司とアン・ルイスと共演ステージが衝撃だった!紅白パフォーマンスも奇抜過ぎ!白髪は自前?出典:http://pisukisu.com

吉川晃司とアン・ルイスと共演ステージが衝撃だった!紅白パフォーマンスも奇抜過ぎ!白髪は自前?

吉川晃司とアン・ルイスと共演ステージが衝撃だった!紅白でも大暴れ!

吉川晃司とアン・ルイスが、年上女性に夢中になる年下男を歌ったアン・ルイスのヒット曲「六本木心中」で共演を果たした1985年10月2日放送の「夜のヒットスタジオ」。吉川晃司がアン・ルイスを背後から抱え込み、腰をくねくねさせながらビートを刻むというパフォーマンスは、あまりに衝撃でした。

しまいには、アン・ルイスが、吉川晃司の股間をまさぐるという破廉恥ぶり!バブル時代の夜の六本木って、こんなトガった男女ばかりだったのでしょうか……。そんな吉川晃司を、NHKが、同年末の紅白歌合戦に初出場させたのはなぜでしょう。案の定、吉川晃司は白組にもかかわらず、真っ赤なジャケットで登場し、口に含んだシャンパンを観客に向けて噴射。

観客席に降りてカメラと衝突し、ステージ上でギターを燃やして叩き壊すといった奇抜なパフォーマンスで、伝統ある紅白歌合戦を真っ青にさせたのです。もちろん、吉川晃司がその後十数年にわたってNHKを出禁になったのはいうまでもありません。

吉川晃司の白髪は作れる!?老化現象でさえもカッコイイ!

吉川晃司といえば、白髪交じりのゴマ塩頭ですが、白髪というよりは銀髪ダンディ。最近では、わざわざシルバーアッシュに染める男性もいるようですが、吉川晃司の場合は自前なのでしょうか。ここ数年の間に、急に白髪頭になってしまった吉川晃司。「遠視と乱視がひどくてね。髪も、今までは黒くして隠してだよ」と語っていましたから、どうやら老化による白髪のようです。

スポンサーリンク

周囲からは「老けた」「爺臭いからやめろ」とダメ出しされているようですが、言われれば言われるほどやめたくなくなるという吉川晃司は、やはり元祖ロックな男でした。ただし、ナチュラルなゴマ塩頭では精彩を欠いてしまうということで、ワックスに髪用のカラースプレイを混ぜて銀色っぽく演出するという、スタイリング時のこだわりはあるようです。結果的には、吉川晃司の白髪は全くの自前とはいえないものの、老いを活かしたオシャレができるあたりがカッコイイですよね。

吉川晃司が結婚した嫁、子供は?天海祐希との破局理由は何だったの?

吉川晃司と結婚した嫁との間には隠し子がいた!

吉川晃司が、4年間の交際を経て2011年6月に結婚した嫁は、40代の一般女性でした。嫁は、モデルから医療関係に転職歴があり、離婚歴もあります。そんなことよりも人々が一番に驚いたのは、この時、すでに吉川晃司と嫁の間には2歳になる子供がいたことでした。

2009年のインタビューで「子供は作っても、結婚しなくてもいいんじゃないですか?」という意味深な発言をしていた吉川晃司でしたが、まさか本当に子供がいたとは。そんな社会通念など一切無視の吉川晃司が結婚を決意したのは、東日本大震災がきっかけ。

スポンサーリンク

被災地のボランティアに参加したことで、家族の絆を実感したからだといいます。結婚発表時には、「(子供の誕生と入籍が)逆になったことについては言い訳はしません。自分はどこか弱かった」ともコメントしていた吉川晃司。変わる余地のある男とは、かくもカッコイイものでしょうか。

吉川晃司と天海祐希の破局理由は現嫁との浮気だった?

吉川晃司と女優の天海祐希は元恋人同士。2004年7月に交際が発覚し、2007年に2年半に及ぶ関係が破局したと伝えられています。破局の理由は互いの性格にアリ、など憶測が飛び交いましたが、2007年といえば吉川晃司が現嫁と交際をスタートさせた年。

そのため、吉川晃司の浮気が原因だったと考えられなくもありません。当時、吉川晃司の嫁は医療関係の仕事をしていたことから、映画「チームバチスタの栄光」の撮影現場に参加していて、出演者であった吉川晃司と出会ったそうです。しかし、実際に交際が始まったのは2007年8月から。

この情報が正しければ、吉川晃司の浮気が天海祐希との破局理由とするには、若干の時期のズレがあるような気がします。天海祐希によると、吉川晃司は”侍のような真っすぐな人”らしいですから、まさか2股交際なんて男らしくないことはしないでしょう。

吉川晃司伝説の数々!何をやらせても高みに上り詰めるオーラがスゴイ!

吉川晃司のデビューのきっかけは、高校生の時に、自らアン・ルイスや沢田研二が所属する渡辺プロダクションに「すごい奴がいる、広島まで見に来ないと一生後悔する」といった手紙を送ったことでした。高校を中退し、上京してから2年後の1984年、主演映画「すかんぴんウォーク」と、主題歌「モニカ」でデビューを果たした吉川晃司は、いきなり日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など8つの新人賞を総なめにしています。

広島県の修道高校在学中には、世界ジュニア水球選手権大会の最年少日本代表、2年連続で全日本高校最優秀選手にも輝いている吉川晃司。布袋寅泰と結成した「COMPLEX」では日本のロックシーンを激しく揺さぶり、番組企画で無人島生活をさせれば、元ボースカウトで鳴らしたサバイバル術を駆使するなど、何をやらせてもトップオブトップ。内側からほとばしるオーラが常人とは違います。

長らく音楽活動に専念していた吉川晃司は、2000年の三池崇史監督「漂流島」でヤクザ役を演じて以降、再び俳優として脚光を浴びるようになりました。出禁を食らっていたNHKでは、大河ドラマ「天地人」で織田信長を演じると、局に問い合わせが殺到するほど強烈なインパクト。

現在放送中のNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」のジグロ役といい、2016年8月公開予定の映画「秘密 THE TOP SECRET」の凶悪犯役といい、特異で重厚な存在感をもつ役柄といえば吉川晃司。そのロックな生き様が身に染みついた威光は、どんなに芝居の巧い俳優でも真似することはできません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る