木下博勝の弟の死因は?裏の顔をジャガー横田は知っていたのか?!

木下博勝の弟の死因は?裏の顔をジャガー横田は知っていたのか?!出典:https://www.speakers.jp

木下博勝の弟の死因は?裏の顔をジャガー横田は知っていたのか?

木下博勝の弟の死因は?医師でありながら救えなかった心痛とは?

木下博勝の弟は、2011年3月30日午前1時30分、35歳という若さで亡くなりました。当日の木下勝弘のブログによると、弟の死因は脳出血。病院に搬送された時には手術できないほどに脳へのダメージが甚大だったそうで、数時間のうちに亡くなっています。日中、自宅ベッドでイビキをかいて眠る弟が、起こしても起きないことに異常を感じた家族が救急車を要請したという搬送の経緯から、弟は、脳卒中による突然死と見られているようです。

家族全員が反対したジャガー横田との結婚を、唯一応援してくれたという木下博勝の弟。救命救急センターでの勤務経験を持つ木下勝弘は、弟の重篤な状況を誰よりも理解していながら、ロケ中だったため、死に目には会えなかったそうです。木下博勝が、連絡をくれた実家に住む叔母に、”低血糖か脳卒中ではないか?”と伝えているところを見ると、糖尿病などの既往歴があった可能性も。そうだとしたら、医師として、弟の死を防ぐことができなかった木下勝弘の心痛はただならないはずです。

木下博勝の裏の顔がヒドイ!ジャガー横田も目を背けるギャップとは?

木下博勝は、弟の死の際、レストラン店長だった弟の料理の味が忘れられないとブログに綴っています。目に浮かぶのは、お人よし顔の木下博勝が悲しみに暮れる姿。ジャガー横田に怯える恐妻家という、軟弱な顔をした木下博勝そのものです。そんな中、木下勝弘には、ジャガー横田が不妊治療中に、月々20万円で愛人契約していた裏の顔があったという話が。

2014年3月のフライデーで、愛人・エリが暴露した木下勝弘の本性は、「医者にする条件で男の子を産んでくれ」と避妊をしなかったり、LINEで「自分のことを最優先に考えてくれない」と逆切れしたりと、表の顔とは真逆の横暴ぶり。以前から、木下博勝は亭主関白との噂はありましたが、ここまで邪悪だったとはジャガー横田も信じたくはなかったのでしょう。ショックを受けながらも、「夫を信じます」との健気なコメントを出しています。

スポンサーリンク

木下博勝の息子・大維志の小学校はどこ?実家の母親の現在は?

木下博勝の息子・大維志の小学校名とは?ジャガー横田の本意は?

木下博勝とジャガー横田夫妻が、不妊治療の末に、2006年に授かった息子・大維志は現在10歳。息子が、まだよちよち歩きの幼少期から、有名インターナショナルスクールと学習塾で超英才教育を施されていたことはテレビの情報番組でも明らかにされており、2013年2月には、第一志望の小学校受験に合格したことも分かっています。小学校名は公表されていませんが、巷では、最難関校として知られる国立筑波大付属小学校との噂が。

「医者にしたい」「将来は官僚に」と、息子にも自分の信じる高学歴街道を歩ませたい木下勝弘が、息子の合格に歓喜しているくらいですから、国立筑波大付属小学校合格の噂にはやや信憑性を覚えます。ただ、「息子をスポーツ選手に」と語っていたジャガー横田が、木下勝弘に押し切られる形でお受験ママをやらざるを得なかったと想像すると切ない話です。

木下博勝の実家の母親の向学心もスゴイ!大学院合格後の現在は?

木下博勝の実家は、北海道深川市。父親は、木下博勝が杏林大学医学部在学中の21歳の時に他界していますが、母親は、その後も実家で独り暮らしを続けているとのことでした。木下博勝の母親は、現在75歳。本来ならば、独りで暮らすには心配な年齢ではありますが、木下博勝の母親は普通の高齢老人ではないようで、2012年、71歳の時に、仏教大学社会福祉学部の大学院に合格しています。

スポンサーリンク

しかも前年に不合格となった上での再チャレンジだといいますから、木下博勝に幼い頃から英才教育を施してきた母親なだけあって、不屈の向学心はさすがです。現在、大学院過程を終了しているか否かは不明ですが、木下勝弘が東京に呼び寄せようとしても「1人のほうが楽よ」と突っぱねるそうですから、同居の噂が聞かれない限り、健在ということでしょう。

木下博勝にバンドで壊れまくっていた過去あり!英才教育の闇を垣間見る?

木下勝弘は、ジャガー横田の夫で、高学歴の医師でありながら軟弱キャラ。恐妻家売りでジャガー横田と共にタレント業に参入しましたが、邪悪な裏の顔が発覚して、最近は失速気味です。特に、愛人・エリが、フライデーに流したLINEの内容のうち、「僕をお人好し、あしながオジサンとでも思っているのかな」とネチネチした文章はさほど驚きがないとしても、自らお人好しを否定してしまっては、商業価値を失ってしまいますよね。

また、木下勝弘には、1980年代に活躍した「Tranquilizer」というハードコアパンクバンドのボーカルだったという、意外性を上塗りする過去もあります。高校時代の学園祭では、缶バッジだらけの皮ジャン、スケスケのインナー、髪をおっ立て、メイクまで施すというパンキッシュなスタイルでライブに出演していたのだとか。曲名も、「大量虐殺」「メドゥーサ(魔女の恐怖)」とかなり病み気味。早期英才教育を受けた心の闇では?と感じてしまうだけに、息子・大維志の未来も案じてしまうというものです。

しかし、このバンド活動によって、希望する大学の医学部への進学を逃してしまった木下勝弘が、杏林大学医学部卒、東京大学大学院博士課程終了後に立派に医師になったのも事実。英才教育があったからこそ後戻りできたというのなら、息子・大維志への異常な教育熱も愛と呼べるのでしょう。ただ、健気に尽くすジャガー横田を、知力で蹂躙しているのが本当なら、そのうち全てを失ってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る