桐山照史(ジャニーズWEST)は難聴だった?彼女は小嶋陽菜ってホント!?

桐山照史(ジャニーズWEST)は難聴だった?彼女は小嶋陽菜ってホント!?

桐山照史(ジャニーズWEST)は難聴だった?彼女は小嶋陽菜ってホント!?

桐山照史(ジャニーズWEST)は難聴だった?

桐山照史(ジャニーズWEST)は、グループの中でも明るいキャラで、ムードメーカー的な役割を果たしています。大阪府出身で、お笑いなどにも通じる桐山照史はツッコミもお手のもの。そんな桐山照史(ジャニーズWEST)が2014年、ラジオ番組で難聴だったことをカミングアウトしました。

右耳が難聴になった桐山照史の発病の原因はストレス。ジャニーズWESTのリーダー的存在になっていた桐山照史は、強い責任感から、自身の心身に極度のストレスを受けてしまったようです。今では治っているそうなので、一安心ですね。

桐山照史(ジャニーズWEST)の彼女は小嶋陽菜!?

桐山照史(ジャニーズWEST)の彼女が小嶋陽菜だと噂になったのは、2人で楽しそうに写っているプリクラが流出したためです。顔もハッキリ写っていて、見間違える余地もなく、ハートがたくさん散りばめられたプリクラ。これを見れば、桐山照史と小嶋陽菜の関係は疑うまでもありません。

桐山照史の熱愛彼女が小嶋陽菜であることは間違いない!と誰もが思ったところ……ドラマ「ごくせん」で、桐山照史と小嶋陽菜が2人でプリクラを撮るシーンがあり、流出したプリクラもその時のものだったということが判明しました。これまでのところ、小嶋陽菜以外、桐山照史の彼女についての噂は出ていないようです。

スポンサーリンク

桐山照史(ジャニーズWEST)が朝ドラ「あさが来た」で人気急上昇!演技力は「ごくせん」の時のまま?

桐山照史(ジャニーズWEST)が朝ドラ「あさが来た」出演で人気急上昇!

桐山照史(ジャニーズWEST)は、出演するのが夢だったと語るNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」にキャスティングされ、人気が急上昇しました。桐山照史の役は、ヒロインあさの夫である白岡新次郎を演じた玉木宏の弟役。番組プロデューサーからも大きな期待を寄せられての起用だったという桐山照史は、白岡家の三男として、人懐っこさと、将来的には社長にもなり得るという素質を持つ役柄を見事に好演。セリフが大阪弁だったこともあり、大阪出身の桐山照史は、演技が自然すぎるくらいハマり役だったと高評価を集め、俳優としての注目度を高めました。

桐山照史(ジャニーズWEST)の演技力評価は?

桐山照史(ジャニーズWEST)は、難聴を患うほど強いストレスを溜めこんでしまうほど、責任感が強い性格です。責任感の強さゆえ、演技の勉強も一生懸命しているのでしょう。ドラマ「ごくせん」の演技でも、イイヤツ「倉木悟」を元気に明るく演じた桐山照史は、のびのび明るいキャラクターを無理なく表現し、その演技が絶賛されました。続いて登場した朝ドラ「あさが来た」で桐山照史が演じた白岡榮三郎役もまた、「ごくせん」同様、人懐っこく明るいキャラクター。これらを演じ切ったことで、影のない人物を演じさせたらピカイチとの評価を定着させつつある桐山照史。俳優としての道もますます広がっていくことでしょう。

桐山照史(ジャニーズWEST)は信頼できる人柄でますます人気

桐山照史は、明るく、ひょうきん者の部分を前面に出しておちゃらけているように見えても「やる時はやってくれる!」と、周りの人たちから信頼を集めています。ドラマの中でも、若くして名脇役といわれるほど周囲の人たちを引き立てるのが上手なタイプ。演技を見ていても分かりますが、現場の雰囲気を即座に読んでカバーできる頭の回転の速さも評判です。人を惹きつけてやまない人柄と性格で、ジャニーズWESTのメンバーからも慕われ、すっかりリーダー的存在になった桐山照史。

スポンサーリンク

責任感が強く、周りに気遣いができる、そんな桐山照史だからこそ、期待も高まり、ジャニーズアイドル以外の活躍の場も多くなってきているのでしょう。2016年4月からは、情報番組「ヒルナンデス」の木曜レギュラーに決まり、ラジオ番組では「レコメン!」で木曜のメインパーソナリティを務めています。

トーク大好きと語る桐山照史ですから、情報番組やトーク番組での起用は見どころ満載になりそうですね。桐山照史は踊っている姿もカッコ良いですが、周りの状況を見て繰り出す的確なツッコミトークでお茶の間を沸かせる姿をテレビで見る回数も多くなりそうです!桐山照史ファンがますます増えていきそうですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る