清原果耶「あさが来た」ふゆ役でブレイク!デビュー後の経歴も華々しい!

清原果耶「あさが来た」ふゆ役でブレイク!デビュー後の経歴も華々しい!出典:http://nissy0909.com

清原果耶は「あさが来た」のふゆ役!朝ドラ出演のきっかけは?

清原果耶「あさが来た」ふゆ役でブレイク!なんと13歳で母親役まで演じきった

清原果耶(きよはらかや)という名前よりも、「あさが来た」のふゆちゃん、と言ったほうがピンとくる方が多いかもしれません。2015年9月から半年間放送されたNHK連続テレビ小説「あさが来た」で、清原果耶が演じたふゆは、主人公あさのお付きとして、嫁ぎ先の加野屋に入りました。

あさの夫に想いを寄せるものの実らず、やがて加野屋で働く亀助の妻となり、子供を産むという役柄です。驚くのは、2014年に芸能界デビューを飾ったばかりだった清原果耶の年齢が、13歳ということ。「あさが来た」の中で、デビュー直後とは思えないほど堂々とした演技で、ふゆ(最終回ではふゆの娘役なつとしても出演)を演じ、にわかに注目が集めた清原果耶。

主人公の夫を密かに想うという難しい役でありながら、皆に愛されるキャラクターとして成立させました。天性の演技力に加えて、表情やしぐさから垣間見れる素直さが、清原果耶がブレイクした理由のひとつかもしれません。

清原果耶 朝ドラに出演にはどんないきさつがあったの?

清原果耶は、老若男女問わず見られている朝ドラに出たいという思いから、オーディションに応募しました。もともとは、別の役で応募するも落選しますが、オーディションに立ち会ったプロデューサーが、その後、ふゆ役に抜擢しました。「清原果耶は今後大きくなる存在であり、女優人生のスタートに立ち会いたい」というプロデューサーの言葉からも、清原果耶の魅力が伝わってきます。

スポンサーリンク

撮影当初は、長いセリフが言えずに泣いてしまったこともあるという清原果耶ですが、ドラマでは、寡黙でありながらも芯の強いふゆを好演。清原果耶にとって「あさが来た」は、女優人生をスタートさせるにあたって大切な作品となりました。

清原果耶の出身中学の噂!身長体重、プロフィールは?

清原果耶の出身中学はどこ?プロフィールが気になる

「あさが来た」放映時は13歳。オーディション参加当時は、わずか12歳でした。どこの中学校に、こんなに可愛い子がいたのか気になります。大阪府出身で、2002年1月30日生まれ、身長159㎝、体重は非公開ですが、スレンダーなスタイルから40㎏台後半ではないか、と言われています。

女優の他にモデルもこなし、仕事があるときには大阪から東京に通っています。中高一貫校の大谷中学校・大谷高等学校に通っているのではとも言われていますが、残念ながら確実な情報はありません。小学生の頃から、クラッシックバレエやダンスに歌にと、芸能界で活躍する素養を身に着けてきた清原果耶の芸能界デビューきっかけも気になる所です。

スポンサーリンク

清原果耶はデビュー後の経歴も華々しい!

清原果耶は、2014年に芸能事務所アミューズのオーディションで、3万2214人の中から審査員の満場一致でグランプリに輝き、デビューを果たしました。それからわずか3カ月後に、三井リフォームのCMにも出演。透明感のある歌声と柔和な表情で、視聴者からも「あの女の子は誰?」と声が多くあがり、早くも話題になりました。

三井のCMといえば、リハウスガールとして、宮沢りえや坂井真紀など多くの美少女を大抜擢してきたことで有名です。業界関係者の注目も高いようで、清原果耶の存在は、このCM出演で広まったのかもしれません。2015年には、ファッション情報誌「ニコラ」の専属モデルとなり、2016年にNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」で、綾瀬はるかが演じている主人公の幼少期を演じました。

また、同年のドラマ「死幣-DEATH CASH-」では、民放ドラマにて初めてレギュラー出演。清原果耶は、鮮烈のデビューからまだ5年ほどですが、華々しい経歴ですね。

清原果耶「3月のライオン」出演にネット民も歓迎!2017年出演映画が公開続々

2017年3月18日に前編が公開された、映画「3月のライオン」で、清原果耶は主人公の零が出会う3姉妹の次女ひなた役を演じています。ひなたは、零と恋仲になっていく非常に重要な役どころです。ちなみに、零を演じる神木隆之介は、「3月のライオン」の完成記者会見で、作品のテーマ「愛」にちなんだ「愛おしい人は?」という質問に、二階堂役の染谷将太を挙げています。

染谷将太も「もちろん神木くん!相思相愛」と嬉しそうに返答。映画内では清原果耶が神木隆之介と想い合いますが、現場では新たな恋模様(?)も繰り広げられるなど、和気あいあいとした雰囲気だったようです。原作本ある作品の映画化となると、ネット上で「イメージと違う」など言われがちです。

しかし、ご安心しください!「3月のライオン」で清原果耶がひなたを演じることに、ネット民も歓迎モードの様子です。ちなみに、香子役を有村架純が演じることには当初、批判的な意見も出ていたようですが、数多くのドラマで好演してきた女優だけあって、前編放映後には、一転して大好評とのこと。清原果耶も、今後はネットで批判される局面にぶつかるかもしれません。しかしその時は、有村架純のように、演技で評価をひっくり返すくらいの女優魂で、力強く成長していってもらいたいですね!

2017年4月22日からは、「3月のライオン」後半が公開されます。また9月には、映画「ユリゴコロ」で、清原果耶の憧れの女優である吉高由里子の幼少期役として出演することも発表されました。ひとつひとつの作品で話題となり、演技力を評価されつつある清原果耶。今後もどのように成長してゆくのか、楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る