清宮幸太郎のドラフト評価はイマイチ?実は弱点があった!?

清宮幸太郎のドラフト評価はイマイチ?実は弱点があった!?出典:http://sutakorasacchan.com

清宮幸太郎をドラフトスカウトはどう見る?進路は巨人か阪神か?

清宮幸太郎のスカウトベタ褒めは表向き?実際は極めてシビアな評価だった?

清宮幸太郎(きよみやこうたろう)は、早稲田実業の怪物スラッガー。スケール感抜群の「和製ベーブ・ルース」が、2017年秋に行われるドラフト会議の目玉選手として話題をさらうことは間違いないでしょう。

各球団スカウトは、清宮幸太郎をどう評価しているのでしょうか。各球団スカウトによると、「あれだけの飛距離を出せる選手はそう見当たらない」「将来の大砲候補」「ホームランを量産できる」など長距離砲としてベタ褒めです。それどころか、「プロで十分やっていける素材」「間違いなく何年かに1度の選手」という声があるように、大器ぶりへの評価も高く、指名1位は動かない状況と言えます。

これほどの大物を前にすると、経験豊かなプロのスカウト陣も色めき立ってしまうようです。……と思いきや、それらの美辞麗句は表向きで、実際は極めてシビアな評価が下されているとの話もあります。「優秀な選手であることは確かだが、パワーも技術も高校生にしては頭抜けているというレベル」というのが本音の評価だとか。

超高校級の怪物スラッガーかと問われると、スカウト陣も意見が分かれるようです。高校時代に活躍しながら、プロ入り後に精彩を欠いた選手の事例には事欠かないだけに、スカウト陣が慎重になるのは致し方ないですね。

スポンサーリンク

清宮幸太郎の進路は一家そろってファンの阪神か?ポスティング容認へ動きつつある巨人か?

評価はさまざまではあるものの、清宮幸太郎がドラフト1位指名される可能性が高いことは変わりません。現在、彼の進路として一番有力視されているのは阪神です。清宮家が揃って阪神ファンということがその理由。「阪神ファンだから阪神入団」とは無茶苦茶でしょうが、阪神のチーム事情を見れば、それなりの理由があるとも言えます。それは、何といっても、ポジションが空いていることです。

現在の阪神には、ファーストを守れて打力もある選手がいません。そのため、スター性があって打力もある清宮幸太郎は、阪神にとって魅力ではないかと考えられます。しかし、阪神は、選手をちやほやしてダメにしてしまうという悪しき伝統が続いているため、その点がファンには心配なところ。阪神に対抗する存在としては、ライバルの巨人説も有力視されています。

ここにきて、「ポスティングによる選手のメジャー移籍を認めない」という方針を転換しつつあると報じられている巨人。その背景には、メジャー志向が強いとされる清宮幸太郎を獲得する手段として、ポスティング容認へ動くしかないという事情があるとか。どこまでが本当かは分かりませんが、一選手の獲得のためにポスティング容認へ方針転換するとは信じがたい話です。もし本当ならば、巨人も、清宮幸太郎獲得にそれだけ熱を入れているといえます。

スポンサーリンク

清宮幸太郎には弱点があった?怪物を生んだ自宅の環境とは?

清宮幸太郎の弱点はインハイにあった!左の外角スライダーにもろさも!

清宮幸太郎ほどの怪物スラッガーにも、弱点はあります。それはインコース高め(インハイ)を攻められることです。手首の柔らかさを利用して、低めの変化球を拾うことには長けている清宮幸太郎。ピッチャーは低めの変化球で攻めることが多いので、低めへの対応にはうまさを見せています。

しかしその反面、インハイのコースを突かれた際の対応に課題が残るのも事実です。実際に、清宮幸太郎を擁する早稲田実業と対戦した東海大福岡は、外を見せ球にして、インハイで勝負を挑み、清宮幸太郎を翻弄しました。東海大福岡の杉山繁俊監督が、「清宮君は、基本的にローボールヒッターと思っている。だから、インハイを突いて欲しい」と語った通り、そのボールにことごとく手を出した清宮幸太郎。ほとんどがファウルか、詰まらされる結果に終わりました。

彼の感触によれば、「球速以上にキレがあったので、明らかなボール球でもついつい手が出てしまう」とのこと。清宮幸太郎に苦手なインハイを意識させれば、ピッチャー有利ということになりそうです。加えて、インハイを意識しすぎて、左の外角スライダーにももろさを見せました。清宮幸太郎がどのように弱点を克服したか、夏の甲子園が非常に楽しみです。

清宮幸太郎の自宅はトレーニング環境完備!

清宮幸太郎の圧倒的な強さには、本人の素質や努力だけでなく、家系や環境も大きく関係しています。彼の父親は、ラグビーのトップチーム、ヤマハ発動機の監督を務める清宮克幸。高校時代から日本代表に選出され、早稲田大学ラグビー部でキャプテンとして活躍し、大学選手権優勝などを経験した輝かしいキャリアの持ち主です。清宮幸太郎の体格の良さは、元ラガーマンの父親の血統を受け継いだことは一目瞭然。加えて、ジャンクフードは口にせず、牛乳を1日2リットルは飲むようにし、栄養価の高い食事を摂るなど、食生活への意識も高いようです。

父親がスポーツ指導者であるだけでなく、母親もまた元ゴルフ選手というスポーツ一家に生まれた清宮幸太郎が、一般の高校野球選手に比べて意識が高いことは当然かもしれません。さらに、彼は、東京都四谷の自宅に設置されている地下トレーニング室で、素振りやティー打撃に励んでいると言います。トレーニング室を設置した父親は、自ら球を投げて、息子のトレーニングに付き合っているという熱の入れようです。

清宮幸太郎の打棒爆発!平日ナイトゲームの大乱戦で勝利!

2017年のドラフト会議の目玉・清宮幸太郎フィーバーは止むことを知りません。彼が出場した4月27日の春季東京大会決勝は、日大三高との対戦でした。平日ナイトゲームという異例の開催でしたが、前夜から場所取りの行列ができ、午後5時開門予定を大幅に前倒しするという事態に。内野席はほぼ満員で、外野席も試合開始時間にはほぼ7割が埋まり、神宮球場のスタンドには2万人の観客が詰めかけたそうです。

これも「清宮人気」のなせる業。試合は、延長12回の末、18-17というスコアで早稲田実業が乱戦をものにしています。我らが清宮幸太郎も2安打5打点。しかも、その2安打が、高校通算83、84号ホームランとあって、スタンドの観客も大いに沸きました。報道陣も総勢2000人を越える態勢で臨んだという、まさに「清宮フィーバー」。試合は、インターネットテレビの「AbemaTV」にも緊急中継され、試合終了直前には視聴者100万人になるという反響を見せたとか。

打っても打たなくても大注目の清宮幸太郎の今後については、やはりドラフト指名が有力です。とはいうものの、メジャー志向説や進学説なども錯綜しており、実際、当人もかなり迷っているところかもしれません。重大な決断の結果は今後の発表を待つとして、まずは夏の甲子園での活躍が楽しみな清宮幸太郎。甲子園で、彼の成長した姿が見られれば、今秋のドラフト会議がさらに過熱することは間違いありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る