Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/diagonal/anincline.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
「人生がときめきく片付けの魔法!」近藤麻理恵(こんまり)の結婚、夫、年齢は?”世界で最も影響力のある100人」に選出

「人生がときめきく片付けの魔法!」近藤麻理恵(こんまり)の結婚、夫、年齢は?”世界で最も影響力のある100人」に選出

「人生がときめきく片付けの魔法!」近藤麻理恵(こんまり)の結婚、夫、年齢は?”世界で最も影響力のある100人」に選出

15年4月、アメリカのTIME誌が「世界で最も影響力のある100人」を発表し、その中である日本人が代表作ノルウェーの森で世界的にも有名な作家である村上春樹と共に選出され、その人物の著書が今話題を呼び、累計発行部数約132万部という驚異的な売り上げを記録しています。過去に3度オリコンのBOOK部門週間1位を達成し、オリコン年間“本”ランキングのBOOK部門でも2011年に11位、2012年には8位を獲得するなどロングランヒットを記録しています。また今回の選出により再び注目が集まり、オリコンBOOK部門のTOP20にまで躍り出ているそうです。発売は2011年1月という4年前の本が今でも売れ続けているというその本と、今回「世界で最も影響力のある100人」に選出された人物とは!

近藤真理恵(こんまり)「世界で最も影響力のある100人」に選出!

近藤真理恵(こんまり)「人生がときめく片づけの魔法!」

先にご紹介した2011年1月15日に初版が発行されて以来ロングベストセラーの「人生がときめく片づけの魔法」この本のうたい文句として“「こんまり流ときめき整理収納法」で一生、きれいな部屋で過ごせます”という文字が躍っています。極意はまず「捨てる」を終わらせ、一気に短期で完璧に片づける、だそうです。細かい内容は本の中に書いてあり、ブックレビューでも実践した人から称賛の声が多く寄せられており、長い間売れるだけの内容が詰まっているのは間違いないようです。コンサルティングを受けた方からは、人生が劇的に変わった、穏やかになった、仕事の面で迷わなくなった、自分がもっている力にきづけるようになった、というようなコメントも寄せられているそうで、片づけから人生が変わる可能性があるのかもしれません。とても興味深い内容ですね。

近藤真理恵(こんまり)セミナーを受けるなら「日本ときめき片づけ協会」へ

近藤真理恵が代表理事を務める「日本ときめき片づけ協会」は定期的に片づけ体験セミナーを開催しており、そこでは日本ときめき片づけ協会が設けている資格である「認定ときめき片づけコンサルタント」の取得者の方が、近藤真理恵監修の「こんまり流ときめき整理収納法」をよりわかりやすく、楽しく実践的に教えてくれるそうです。申し込みは「日本ときめき片づけ協会」のホームページから受けたい所を選んで、申込フォームから申し込む方になっています。料金は講座によって差がありますので、より「こんまり流ときめき片づけ」を知る意味でも「日本ときめき片づけ協会」のホームページをご覧になってみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

近藤真理恵(こんまり)結婚、夫、年齢は?

近藤真理恵(こんまり)年齢は非公開!結婚していた!夫は誰?

近藤真理恵は生年月日は非公開になっています。噂の域を出ませんが2011年12月27日の時点で年齢が27歳だという話ですが、やはり真相は謎のままです。幼稚園の年長の時から、一般家庭の料理の献立のレシピなどを主に載せている「オレンジページ」や、主婦向けの生活情報雑誌である「ESSE」などを愛読しているそうで、小学生の時には整理整頓係を務めるなど、早いうちから家事や片付け、整理整頓に興味を持っていたそうです。中学3年生の時に『「捨てる」!技術』(宝島社新書、辰巳渚著)を読んで大きな感銘を受けて、本格的に片付けについて研究を始めました。そして東京女子大学2年生の時から、片づけコンサルティング業務を開始します。卒論のテーマは「ジェンダーの視点から見た掃除/片づけ」だそうです。大学卒業後、一旦株式会社リクルートエージェントに勤務するも、片づけコンサルトに専念するため2009年に退社し、本格的なコンサルタント業へ進んで行きました。現在は一般社団法人日本ときめき片づけ協会の代表理事を務めており、担当講座は「ときめき片付け研究会」と「ときめき片づけコンサルタント1級講座」だそう。女性限定の「乙女の収納レッスン」や、紹介が必要な「社長の整理収納レッスン」などの業務も行っているそうです。気になる方は、日本ときめき片づけ協会をご覧になってみては如何でしょうか。プラスになることが多いと思います。「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、2014年には一般男性と結婚して現在妊娠中と「片づけの魔法」で人生もバラ色な近藤真理恵に注目が集まりますね。

近藤真理恵(こんまり)たたみ方がスゴいと金スマで話題に

Tシャツを例に出しますと、先ず手でシワを伸ばします。その次に袖と肩の部分の身ごろと呼ばれる部分を内側に折ります。その後もう一方の身ごろも折り、長方形になった所で、襟元を裾の方に折ります。最後に自立するように小さく長方形にたたんで完成です。これで洋服を立てて引き出しにしまえば、多くしまうことができます。また、ときめく洋服のたたみ方では、洋服を引き出しにしまう際に、洋服を立てて、奥が濃い色になるよう収納すると見た目が綺麗になるそうです。Tシャツ、スカート、ストール等洋服の種類や生地の厚さによってたたみ方のテクニックを披露しています。近藤麻理恵流たたみ方には「ゴールデンポイント」なるものがあり、このポイントを押さえると誰でも簡単にできますね。この、近藤麻理恵たたみ方を実践すると、クローゼットの1/3もスーペースが空くそうですよ!

近藤真理恵(こんまり)が所属する協会の所在地 東京都港区港南について

近藤真理恵(こんまり)が代表を務める「日本ときめき片付け協会」の所在地、東京都港区港南の観光スポット「レインボーブリッジ」

近藤真理恵が所属する協会の所在地、東京都港区港南の観光スポット「レインボーブリッジ」は、お台場と港区芝浦地区を結ぶ吊橋で、1987年昭和62年に着工が開始され、1993年の平成5年に工事が完成し、この年の8月26日に開通しました。「レインボーブリッジ」の名前は一般公募で付けられたもので、正式名称は「東京湾連絡橋」と言います。織田裕二が主演を務めた踊る大捜査線でも御馴染のレインボーブリッジは、観光名所でありその先の観光地のお台場へと繋がる大事な橋でもあります。映画やテレビドラマなどでも度々登場し、世界的にも有名です。日没後にライトアップされる姿はとても綺麗で、お台場から眺めるライトアップしたレインボーブリッジは絶景の一言。また年末年始などは煌びやかなライトアップが実施されますので、是非年末年始に東京都港区港南に訪れた際は、レインボーブリッジを眺めてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

近藤真理恵(こんまり)が代表を務める「日本ときめき片付け協会」の所在地、東京都港区港南の観光スポット「屋形船」

近藤真理恵が所属する協会の所在地、東京都港区港南の観光スポット「屋形船」この屋形船で、レインボーブリッジやお台場に一番近い船宿と言えば、品川丸裕です。屋形船「和 なごみ」は定員65名も乗れる大きな船で、広々とした船内はゆっくりとくつろぐのに最適です。冷暖房も完備されており、水洗トイレもあり、通信カラオケシステムも搭載しているという最新式の屋形船。品川乗船桟橋から乗船する品川丸裕は周遊コースが3つあり、お台場コースのほかに、お台場とスカイツリーを見れるお台場スカイツリーコース、スカイツリーをみるスカイツリーコースがあります。特にスカイツリーコースは桜の見ごろの時期には満開の桜をバックにスカイツリーが楽しめるそうです。申し込み人数は10名から45名までで、電話かFAXでの申し込みだそうです。料金は料理内容で変わるそうで、8,800円からとなるそうです。出船と所要時間は12時から19時で、2時間から2時間半かけて景色を眺めつつ料理を頂くという屋形船を、東京都港区港南にお越しの際は是非利用してみては如何でしょうか。

皆さんも是非「人生がときめく片付けの魔法」を呼んで御部屋を片付けて、そこから何かをつかみ、近藤真理恵のように「世界で最も影響力のある100人」を目指して頑張りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る