小市慢太郎の白髪がかっこいいと女性ファン急増!結婚相手や子供は?

小市慢太郎の白髪がかっこいいと女性ファン急増!結婚相手や子供は?出典:https://matome.naver.jp

小市慢太郎がドラマ「クライシス」出演で話題に!「白髪がかっこいい!」と女性ファン急増

小市慢太郎はドラマに欠かせないミステリアス俳優!「クライシス」での役が話題に

小市慢太郎(こいちまんたろう)は、舞台やテレビドラマ、映画で活躍している俳優です。声優の経験もあり、繊細な表現力と精密な演技力には定評があります。話題のドラマに多く出演しているだけでなく、「三井住友VISAプラチナカード」をはじめCMでもよく見る俳優のひとり。

独特の台詞まわしと佇まいはどこかミステリアスで、ドラマでは一癖も二癖もあるような役どころを絶妙に演じる小市慢太郎。時には主役を食うような存在感を発揮することもあります。これまでも、NHKの朝ドラ「まんてん」や「てっぱん」、大河ファンタジー「精霊の守り人Ⅱ 悲しき破壊神」、2016年にフジテレビで放送された「99.9-刑事専門弁護士-」などの人気ドラマで名バイプレーヤーとして活躍してきました。

特に、2016年の日テレドラマ「そして、誰もいなくなった」では、自分のこと事を「ガキの使い」と称する馬場役を好演。フジテレビのドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」(2017年)での偏屈な教授役も話題となり、ドラマに欠かせないミステリアス俳優としてますます注目されています。

小市慢太郎の大人の魅力「白髪がかっこいい!」と女性ファン急増

小市慢太郎の魅力のひとつとしてあげられるのが「白髪」です。小市慢太郎のロマンスグレーなヘアスタイルは大人の男性としての魅力をアップさせているようで、「白髪がかっこいい!」と言う女性ファンも多いと言います。ミステリアスな雰囲気に、落ち着いた声でダンディな大人の魅力が溢れる小市慢太郎は、同性にとっても憧れる存在かもしれません。

スポンサーリンク

小市慢太郎は1969年2月15日生まれなので、おそらく白髪は染めているのではなく、自然のなせる技だと思われます。ごく一般的には、「少しでも若いと思われたい!」と白髪を染めてしまいがちですが、小市慢太郎の場合は、白髪のほうがより魅力が光るような気がします。

小市慢太郎の結婚相手や子供は?意外と詳しい「公式プロフィール」の中身

小市慢太郎の結婚相手や子供は?プライベートもミステリアス

ミステリアスで白髪がダンディな俳優・小市慢太郎は、プライベートもまたミステリアスです。芸能人ともなれば、知られたくないことさえ公然の事実として晒されることもしばしば……な現代のネット社会ですが、小市慢太郎の場合は明かされている情報がほとんどありません。
小市慢太郎のブログ「マンタノミコト」でも、プライベートについては詳細が語られていませんので、結婚しているのかしていないのかも謎。ネットでは、「女優のいしのようこが嫁」という情報もちらほら見かけますが、全く確証がありません。小林稔侍主演のTBSのドラマ「税務調査官・窓際太郎の事件簿3」(1999年)で小市慢太郎といしのようこが共演していることが噂の発端のようです。

このように、「結婚はしているのか?」「嫁はいしのようこって本当?」「子供はいるの?」という疑問に対してネットで勝手な憶測が飛び交っているだけで、本人は一切語っていない小市慢太郎。プライベートもミステリアスを貫いている、というところでしょうか。

スポンサーリンク

小市慢太郎の意外(!?)と詳しい「公式プロフィール」!

プライベートはヴェールに包まれている小市慢太郎ですが、公式プロフィールは意外と詳細に紹介されています。誕生日は1969年2月15日で、大阪府出身。身長173.5㎝、体重62㎏で、スリーサイズはB94/W76/H90、靴のサイズは27㎝で、頭のサイズは59㎝です。特技は、殺陣と水泳、スキーということですから、運動神経が良いということも分かるでしょう。

小市慢太郎というのは芸名で、本名は小市義行(こいちよしゆき)と言います。小市という名字と大阪府出身ということもあってか、大阪府大阪市平野区にある「社会福祉法人 燦燦会 小市学園」が小市慢太郎の実家であるという記事も見られますが、これも確証はありません。小市慢太郎と地元が一緒だと言う人のTwitterの投稿があるだけで、単なる噂の域を出ない情報です。

小市慢太郎が話題のドラマ「トドメの接吻」に出演!キスマークで追加キャストも続々紹介

日本テレビの2018年1月期新ドラマ「トドメの接吻」でも、小市慢太郎のミステリアスな演技を堪能することができそうです。主演の山﨑賢人を皮切りに続々と追加キャストも発表され、放送前からすでに大きな話題となっていた「トドメの接吻」。

ドラマのタイトルにちなんで、役名とキスマークで追加キャストを予告するという粋な演出もあり、それぞれが誰のキスマークだったのかが明かされた時にも注目を集めました。気になるキスマークの正体は、布袋道成役の宮沢氷魚(みやざわひお)、森菜緒役の堀田茜、青田真凛役の唐田えりか、小柳奈々子役の山本亜衣の4名。その他にも、門脇麦や新田真剣佑、新木優子、志尊淳などの若手注目株に加え、高橋ひとみ、光石研、奥貫薫、岡田義徳と実力派揃いのベテランも出演しています。

小市慢太郎は、主人公の堂島旺太郎(山﨑賢人)が狙う社長令嬢・並樹美尊(新木優子)が継ぐことになっている日本トップ企業「並樹グループ」の社長秘書・新井郡次役を務めています。2018年1月7日の初回放送から、一癖ありそうな秘書役を見事に演じました。小市慢太郎の、決して派手ではないもののいぶし銀で味のある演技は、欠くことができない名バイプレーヤーとしての地位を着実に確立していると言えます。今後もミステリアスでダンディな小市慢太郎の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る