小島奈津子アナウンサーが放送事故を笑う!?身長は可愛いのに性格が…

小島奈津子アナウンサーが放送事故を笑う!?身長は可愛いのに性格が…出典:http://matome.naver.jp

小島奈津子アナウンサーが放送事故を笑う!?身長は可愛いのに性格が…

小島奈津子アナウンサー時代のめざまし放送事故!菊間千乃の命の危機を笑った!?

小島奈津子アナウンサーが、フジテレビ局アナ時代に2代目メインキャスターをつとめた「めざましテレビ」。視聴者を震撼させた前代未聞の放送事故は、小島奈津子アナウンサーの目の前で起こりました。1998年9月、同番組内の「それ行け!キクマ」のライブ中継コーナーで、レポーターを担当していたのは菊間千乃アナウンサー。

彼女は、ビルの5階から、13m下の地上に避難器具で降り立つ予定でしたが、何とロープを固定していたフックが外れて転落してしまったのです。生放送で起こった突然の惨劇に、視聴者は背筋を凍らせました。ところが、小島奈津子アナウンサーは、「あっはっは!そーなんだ。外れちゃった」と笑ったのです。

ただし、このリアクションは、菊間千乃アナウンサーが運よく救命用のウレタンマットに落下した直後のもの。小島奈津子アナウンサーは、彼女の無事を確認した上で、凍り付いた場面を和ませようとしただけなのかもしれません。しかし、小島奈津子アナウンサーに性悪説が囁かれる限り、この発言と後輩イジメを重ねた視聴者は少なくなかったようです。

小島奈津子アナウンサーは身長156cmのお局性格!?中野美奈子イジメの噂

小島奈津子アナウンサーのフジテレビ時代は、数々のバラエティ番組での活躍がめざましいものでした。しかし、視聴率が稼げないことも少なくなく、そのたびに、スタッフへのダメ出しや、入れ替え、規格変更などを強引に行ってきたという噂があります。身長は156cmと小柄で可愛らしいのに、とにかく態度がでかくて性格が悪いと評判の小島奈津子アナウンサー。そういわれると、常に笑顔が保たれているあの目にも、意地悪な光を見てしまうというものです。

スポンサーリンク

そして、フジテレビ退職時に「地獄の日々だった」と語って批判を浴びた中野美奈子アナウンサーの件。あくまで噂ですが、小島奈津子アナウンサーが、後輩だった中野美奈子アナウンサーをトイレに呼び出して説教し、何度も泣かせたていたと聞いても耳を疑う者はそれほどいないでしょう。

しかし、中野美奈子アナウンサーは、フリー転向の際に、小島奈津子アナウンサーが在籍するフォニックスへと所属を移しています。スタッフダメ出しや、トイレの件が本当だったとしても、それは小島奈津子アナウンサーの真面目な性格ゆえかも。女子アナという人種、特にめざまし出身の女子アナに、陰湿女子的なうがった見方をしてしまうのは、視聴者の性なのかもしれません。

小島奈津子アナウンサーの子供や夫の現在は?学歴、アナウンサー経歴が気になる!

小島奈津子アナウンサーの子供、夫の現在!離婚して実家に戻っていた!?

小島奈津子アナウンサーが、フジテレビ時代の2001年11月に結婚した夫・大野貢は、フジテレビのディレクターでした。小島奈津子アナウンサーより3年先輩で、約1年の交際を経て結婚したそうです。社内婚だったこともあってか、翌年に、小島奈津子アナウンサーは、フジテレビを退社してフリーアナウンサーに。

スポンサーリンク

2003年3月には、「めざましテレビ」も本人の意向で卒業しています。2006年2月19日には子供が誕生した小島奈津子アナウンサー。夫は、情報・報道を担当しており、子育てに協力する機会は多くはありませんでした。小島奈津子アナウンサーも、産後1カ月でラジオ復帰を果たしていますが、夫婦で娘の話をするのが日課となり、結婚生活は順調そのものでした。

その娘も、現在は11歳。小島奈津子アナウンサーがインスタグラムで紹介している色とりどりの弁当は、家庭円満をうかがわせるものですが、実は、2006年に、夫と離婚していたとの噂があります。しかし、小島奈津子アナウンサーが離婚を発表した事実はなく、彼女が子供を連れて、実家付近をママチャリで激走していたという目撃談が、”別居&離婚説”に発展した可能性が高いものと思われます。

小島奈津子アナウンサーは法政大学からフジテレビへ!人気の影の努力に注目

小島奈津子は、1968年7月26日、埼玉県蕨市生まれ。蕨市立第二中学校時代は生徒会長を務め、その後は、カトリック系の浦和明の星女子高等学校に進学しています。この高校は、進学実績から偏差値72と推定されており、いかに小島奈津子アナウンサーが頑張り屋だったかを示しているようでもあります。

法政大学文学部時代には、マスコミ講座に所属していたという小島奈津子アナウンサー。1992年、フジテレビに入社直後から、「タモリのボキャブラ天国」、「笑っていいとも」などの番組に出演し、「めざましテレビ」の「突然!奈津子でございます」のコーナーを担当するなどしてブレイクを果たします。

こうして、小島奈津子アナウンサーは、明るく闊達なイメージの”なっちゃん”の愛称で、お茶の間の人気者に。「めざましテレビ」のメインキャスターを、先代の八木亜希子から引き継いでからというもの、眠る間もないほどに引っ張りだこ状態となりました。

小島奈津子アナウンサーは、結婚・出産・フリー転向を経て、アイドル的人気は下降の一途だったかもしれませんが、2007年に、フジテレビ系列番組を出て、初めて司会を務めることになったTBS「噂の!東京マガジン」は、今をもって健在。27年続く看板番組での小島奈津子アナウンサーの活躍は、真面目な仕事なくしては成り立たないものです。

小島奈津子アナウンサー「ボキャブラ天国」で開花した萌え!現在は百戦錬磨の貫禄が

小島奈津子アナウンサーは、飛びぬけた美人かといえば、実際のところ、そんなこともない気がします。しかし、笑顔が可愛い”なっちゃん”がメインキャスターを6年務めるうちに、「めざましテレビ」が、後の大きな盛り上がりを遂げる礎が作られたといっても過言ではありません。

小島奈津子アナウンサーには「めざましテレビ」就任前に、「タモリのボキャブラ天国」の初代アシスタントを務めていた頃からのコアなファンがいました。「タモリのボキャブラ天国」は、爆笑問題やネプチューンなどを輩出したお笑い芸人の登竜門として知られていましたが、小島奈津子アナウンサーが、タモリのダークないじりによって開花したのは”萌え”でした。実はスゴイ内面を秘めているのでは?と想像させるのが、若手女子アナの魅力。

放送事故だの、性格が悪いだのといった噂は、朝の番組で笑顔全開のなっちゃんの、裏の顔を覗きたいという願望をくすぐられるのは事実です。しかし、人気と並行して、さまざまな批判に耐えながらも、アナウンサー生活25年を立派に生き抜き、48歳となった小島奈津子アナウンサー。現在は、アナウンサー業より、バラエティ出演のほうが多い気もしますが、確かに百戦錬磨の存在感を放出し始めています。

次々と、若くて可愛い女子アナが世に送り出される中、世相は、小島奈津子アナウンサーのようなベテランが、バラエティで重宝されるようになっています。なぜなら、彼女らの一言一句、オーラからは、苛酷な女子アナ界事情がうかがえて興味をひくから。もはや茶番を感じつつも、いかに小島奈津子アナウンサーらベテラン勢がテレビを分かっているかという凄味には、平身低頭してしまいそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る