千代の富士(九重親方)の病気はすい臓がんだった!千代の富士(九重親方)夫人や娘が支えたその症状とは?

千代の富士(九重親方)の病気はすい臓がんだった!千代の富士(九重親方)夫人や娘が支えたその症状とは?

千代の富士(九重親方)の病気はすい臓がんだった!千代の富士(九重親方)夫人や娘が支えたその症状とは?

千代の富士(九重親方)の病気、すい臓がんの余命は?

九重親方といえば、元千代の富士。ウルフフィーバーを巻き起こし、大人気力士として活躍していました。引退後は、日本相撲協会の重鎮として相撲界を支える裏方に。そんな九重親方が2015年、すい臓がんで入院していたことが報道されました。

すい臓がんとは、早期の頃はほぼ自覚症状がなく、血液検査でも発見されにくいため、がんが進行してから発見されることが多い病気です。手術で切除したとしても3年以内に再発する可能性が約90%といわれ、再発後の余命は3カ月~1年くらいという非常に恐ろしい病気です。

千代の富士(九重親方)をおそったすい臓がんの症状とは?支えた夫人や娘たち!

九重親方が患ったのは、がんの王様とまでいわれるすい臓がん。すい臓がんの症状としては、体重減少、腹痛、腰痛、食欲不振、嘔吐、黄疸、全身倦怠感、下肢のむくみなどがみられるそうで、九重親方も体重が13kgも減ったそうです。幸いなことに、九重親方のすい臓がんは早期発見され、1カ月ほどの入院・手術の末、退院し、治療は続いていますが、職務にも復帰。宣告された時は、厳しい練習を積んできた元横綱・九重親方であっても、精神的にはきつかったことでしょう。しかし、これまでも苦楽をともにしてきた、九重親方夫人や長女、次女・秋元梢ら家族にも献身的に支えられたことで、今日まできているのではないでしょうか。

千代の富士(九重親方)に人望はあるのか?!ふぐ料理店「うるふ」のオススメメニューと評判は?

千代の富士(九重親方)の人望はどうなっているの?

九重親方こと、千代の富士は、国民からは絶大な人気のあった横綱でした。その後、数々の輝かしい戦績を残し、惜しまれつつも引退し、九重親方になった後も人気は衰えていません。当然世間は九重親方について、人望が厚い、頼れる、そんなイメージを持っていたはずです。しかし、2014年に行われた理事候補選挙で、九重親方は、11人中ただ1人だけ落選してしまいます。そしてその年に発表された日本相撲協会の新人事では、貴乃花親方が多くの肩書をつけ、九重親方は理事からただの委員に降格させられました。

スポンサーリンク

「わたしの不徳のいたすところ」と会見で語った九重親方。九重親方の理事落選は、裏で北の湖理事長が操っていたという噂も出ていますが、九重親方は自分のやりたい放題で動き、しかもケチだということから、人望が薄い人物だという噂も出ています。

千代の富士(九重親方)監修のふぐ料理店「うるふ」で評判のオススメメニュー!

九重親方は、千代の富士として相撲界に君臨していた頃、「ウルフ」というあだ名で親しまれていました。2012年愛宕グリーンヒルズに、その愛称「ウルフ」を冠した九重親方メニュー監修の、ふぐ料理店「心・技・体 うるふ」がオープン。「うるふ」のメニューには、全国巡業で味わった日本のおいしいものや、九重部屋秘伝のちゃんこ鍋があります。

オススメメニューは「焼きふぐ」「すっぽん鍋」!高たんぱくで低カロリーといわれる、ふぐとすっぽん。ダイエット中でも美味しく食べられるという「焼きふぐ」は、オリジナルのたれにもみ込んだとらふぐを、焼肉のように網焼きで楽しむスタイルです。ワインとの相性も良いと評判の「焼きふぐ」は、グルメサイトでの評判もなかなかのもの。一度試してみたいものですね。

スポンサーリンク

千代の富士(九重親方)の再出発は?

九重親方が、2015年、60歳の誕生日を迎える前日に還暦土俵入りを行いました。60歳とは思えないほど引き締まった肉体を披露した九重親方は、「現役を思い出すね」と一言。国民栄誉賞も受賞している元横綱の凛々しい立ち姿には、九重親方ファンも、往年の千代の富士ファンも感無量だったことでしょう。その年7月に、すい臓がんのため仕事も休み、手術を受けることになりますが、九重親方は年内に復職。ふたたび、相撲界の発展のために力を尽くしているはずです。

プライドも高く誇り高いという九重親方。2年に一度行われる理事候補選挙が、2016年1月にも行われました。前回行われた2014年の理事候補選挙では、ただ一人落選してしまった九重親方。2016年の理事候補選挙は定員の10人を上回る11人が届け出たということから、九重親方は出馬を取りやめています。

理事長職は65歳が定年だそうですから、九重親方に残されているのはあと5年。大活躍していた力士が、相撲協会の頂点まで行けるのかどうかは、やや心配なところです。すい臓がんの手術も終わったところなので、まだまだ体調の部分にも不安はあると思いますが、10年ぶりに日本出身力士の優勝で盛り上がった大相撲です。九重親方にも日本の相撲を支える一人としてますます頑張ってもらいたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る