工藤亜須加はテニスの道を諦め俳優に!プロ野球の工藤公康監督、妹はプロゴルファーの工藤遥加!

工藤亜須加はテニスの道を諦め俳優に!プロ野球の工藤公康監督、妹はプロゴルファーの工藤遥加!出典:https://matome.naver.jp

工藤亜須加がテニスを諦めた理由とは?!東京農業大学在学中に俳優デビュー!

工藤亜須加は錦織圭に勝っていた!テニスを諦めた理由とは?!

工藤阿須加(くどうあすか)は、爽やかなスポーツマンタイプのイケメン俳優です。スポーツマン風の容姿は伊達ではなく、TBSのバラエティ番組「炎の体育会TV3時間SP」では、世界ランキング上位に食い込むプロテニスプレイヤーである錦織圭を、ハンデつきとはいえ、破ったとして話題になりました。

それもそのはず、小学生の頃からテニスに打ち込み、高校時代は関東大会まで進んだという腕前の工藤阿須加。プロになることも視野に入れて大学でもテニス部に所属していましたが、右肩の怪我でテニスの道を諦めたと言います。

工藤亜須加は東京農業大学在学中に俳優デビュー!

一時期はテニスでプロ入りも目指したという工藤阿須加は、身長180cmと身長は高く、すらっとした細マッチョなイケメンです。プロフィールを紹介しますと、生年月日は1991年8月1日、埼玉県所沢市出身。なんと五人兄弟の長男です。有名大学への高い進学率を誇り、進学コースやスポーツ専攻コースもある千葉県の私立高校・東京学館高等学校を卒業し、東京農業大学に進学しています。怪我でテニスを断念し、進路を変更した大学在学中の2012年に、ドラマ「理想の息子」で俳優デビューしました。

工藤亜須加の父親はプロ野球の工藤公康監督!妹はプロゴルファーの工藤遥加!工藤家の驚きのルールとは!?

工藤亜須加の父は工藤公康監督、妹はプロゴルファーの工藤遥加とアスリート一家!

ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」では、社会人野球のピッチャーを演じたことのある工藤阿須加。実は父親は、元プロ野球選手で、現役時代は名ピッチャーとして活躍し、現在は福岡ソフトバンクホークスの監督である工藤公康です。工藤公康は二男三女の子だくさんとしても知られ、工藤阿須加はその長男にあたります。

スポンサーリンク

さらに、工藤阿須加の妹で、工藤家の長女である工藤遥加はプロゴルファー。工藤阿須加自身は野球経験はありませんが、末っ子の弟の工藤拓也は小学生の頃から野球をやっており、工藤家はがスポーツ一家であることは間違いないでしょう。

工藤阿須加を育てあげた工藤家の驚きのルールとは!?

怪我で道を絶たれたとはいえ、工藤阿須加本人は一時プロテニスプレイヤーを目指し、妹はプロゴルファーとして活躍しているというスポーツ一家の工藤家。そんな子供たちを育てあげた工藤家には、驚くべきルールがあると言います。父の工藤公康の試合をテレビ観戦する時は、なんと正座。

父が負けた場合は、次の登板までに父のコンディションをよくするために何ができるかを話し合い、父の帰宅を玄関で寝ないで待ちます。また、負けが続くと、験を担ぐために引っ越しもしたとか。大黒柱である父・工藤公康を支えるためのルールが徹底していたようです。

スポンサーリンク

工藤阿須加は順調に俳優として実績を積み上げている!2世タレントなどと呼ばせない

プロ野球のレジェンド選手として、監督として、チームを何度も優勝に導いてきた工藤公康という偉大な父を持つ工藤阿須加。偉大な父と比べてしまえば、俳優としてのキャリアは5年とまだ浅いものですが、順調に実績を積みかねているようです。

2017年もすでに数本のドラマに出演。7~9月放送の夏クールの連続ドラマ「カンナさーん!」では、主演の渡辺直美演じるカンナの息子・麗音の通う保育園の保育士・青田壮介役でレギュラー出演していました。お笑いタレントとして大活躍中の渡辺直美が女優として主演を務めていることでも話題の作品で、工藤阿須加は、優しく爽やかなイケメン保育士という役柄をしっかり演じ切りました。

保育士を演じるにあたり、子供に対して普段から決して怒らないことを心掛け、子供たちが納得するまで話を聞いて、説明するようにしていたとか。そのかいあってか、工藤阿須加演じるイケメン保育士からは優しい雰囲気がにじみ出ているようでした。

「カンナさーん!」の放送は9月で終了しましたが、10月には、スペシャルドラマ「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」へ出演することが決まっています。この作品は、2014年に小栗旬主演で放送された「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」のスピンオフ作品で、波留を主演に、「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」として前後編で放送されます。

工藤阿須加が演じるのは、主演の波留演じる法医学教室助手・比嘉ミカとともに、連続殺人事件の解決のために奔走する所轄の刑事・中澤史明。「カンナさーん!」で演じた優しい保育士とは180度イメージが異なる上に、主人公とともに事件解決を目指すという重要な役どころです。

主演の波留は、「工藤阿須加さんは私と同じ歳。ついつい自分を大きく見せたくなる年頃ですが、工藤さんはそういう部分が皆無で、役柄にも真摯に向き合われる」とコメント。「本当にまっすぐな方だと、改めて思いました」と、工藤阿須加の真面目で実直な姿勢を高く評価しています。

真摯な取り組みを見せたという工藤阿須加には、このドラマで視聴者に新たな一面を見せることで、俳優としての振れ幅の広さをぜひ示してほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る