国山ハセンアナは父がイラク人のハーフ!「王様のブランチ」遅刻事件とは?

国山ハセンアナは父がイラク人のハーフ!「王様のブランチ」遅刻事件とは?出典:http://newsnews777.blog.so-net.ne.jp
スポンサーリンク

国山ハセンアナは父がイラク人のハーフ!モデル並みのイケメンで筋肉も凄い!

国山ハセンアナは父がイラク人のハーフ!名前の由来は?

1991年1月5日生まれで東京都出身の国山ハセンは、TBSのアナウンサーです。中央大学商学部を卒業した2013年に、TBSテレビに入社しています。エキゾチックな顔立ちで、どこか異国の雰囲気を漂わせる国山ハセンアナは、イラク人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフ。「ハセン」という名前は、アラビア語で「美しい」という意味だそうです。

父親がイラク人であることから、国山ハセンアナ自身がイスラム教徒なのかどうかも気になるところ。一般的に、イスラム教徒の男性と結婚する女性はイスラム教徒であることが求められるため、国山ハセンアナの母親はイスラム教へ改宗した可能性が高そうです。

息子の国山ハセンアナ自身は宗教について明言していませんが、そんな中、ある写真がネットに上がりました。写されていたのは、松屋のスタミナ豚バラ生姜焼き定食を食べている国山ハセンアナの姿。イスラム教では、豚肉を食べることは固く禁止されています。そのため、形式的にはともかく、国山ハセンアナが敬虔なイスラム教徒である可能性は低そうです

国山ハセンアナの筋肉が凄いことに!ビッグマウスって本当!?

甘いマスクで人気の高い国山ハセンアナのイケメンぶりは、高校生の頃から光るものがあったと言います。モデル並みのルックスだけでも魅力は十分だと思われますが、さらにスポーツが得意な国山ハセンアナ。中でも、小学校から大学まで続けていたサッカーは、かなりの腕前とか。

スポンサーリンク

その経験と知識は、レギュラーとして出演しているサッカー情報満載のスポーツ番組「SUPER SOCCER」でも、存分に生かされています。モデル並みのイケメンで、スポーツが得意とモテ要素たっぷりな国山ハセンアナは、筋肉質な体つきも魅力。趣味が筋トレというだけあり、無駄がなく引き締まった肉体美を誇ります。

その一方で、ここまで完璧だとやっかまれることもあるのか、やや叩かれやすい傾向にあるのも事実。大先輩の安住紳一郎アナに対して「3年で越えたい!」と豪語したことから、批判を受けたこともありました。陽気な性格で好感度も高い国山ハセンアナですが、少々ビッグマウスな一面もあるようです。

国山ハセンアナの「王様のブランチ」遅刻事件とは?熱愛彼女報道は?

国山ハセンアナがいない!?「王様のブランチ」で顔面蒼白になった遅刻事件

朝の情報番組「王様のブランチ」で進行役を務めていた国山ハセンアナには、約1時間も遅刻するというハプニングを起こした過去があります。2016年7月9日、通常通り始まった「王様のブランチ」の冒頭で、メインMCの谷原章介が「国山ハセン君がいない……」と、心配そうにつぶやきました。

スポンサーリンク

共演者たちもカメラに向かって「ハセ―ン!」と呼びかけますが、現れないまま番組はスタート。それからおよそ1時間後、VTRが終わってカメラがスタジオに戻ると、顔面蒼白で地味なスーツ姿の国山ハセンアナの姿が映し出されました。遅刻した理由は明かさないまま、「遅れまして本当に申し訳ございませんでした」と、硬い表情で謝罪した国山ハセンアナ。

谷原章介らが、とぼけながらも温かくフォローしたことで事なきを得ましたが、ネット上では、「演出でなくガチだったのか」「寝坊?」という声や、「上司にこってり絞られた感じだね」という声が見られました。

国山ハセンアナの熱愛彼女報道は?英語力はいまいち?!

容姿端麗で高学歴アナウンサーの国山ハセンですが、今のところ熱愛彼女の存在をうかがわせるような報道はありません。スキャンダルとは無縁な一方、その英語力について注目を集めています。ハーフの国山ハセンアナには、「英語がしゃべれそう」というイメージがことさら強いようです。

しかし、国山ハセンアナの父親はイラク人で、母国語は英語ではありません。さらに生まれも育ちも日本であるため、英語に関する学習環境は、一般的な日本人と大差はなかったことでしょう。英語検定2級を持っているというプロフィールからは、国山ハセンアナの英語力は突出して優れているわけではないものの、理解して話すための最低限のスキルは持っているものと推測されます。

国山ハセンアナが「Nスタ」リニューアルで井上貴博アナやホラン千秋とCM出演!

国山ハセンアナも出演しているニュース番組「Nスタ」がリニューアルしてから、2018年春で1年を迎えます。それに合わせて、番組を担当している国山ハセンアナと井上貴博アナ、キャスターを務めるホラン千秋の3人が、特別CMに出演しました。

公開された特別CMでアピールされている番組のキャッチコピーは、「知りたい、はスタートだ。」です。あわせて、「親子で一緒に見てもらえるニュース番組作り」に力を入れていることもアピールしています。2018年3月11日には、制作側の念願だったという、被災地からの全面中継を取り入れた東日本大震災7年特別番組を放送した「Nスタ」。同じ時間帯の震災特別番組の中で、視聴率トップを獲得しました。

国山ハセンアナは、「Nスタ」に「アグレッシブに動き、ニュースを発信していく」という気持ちで臨んでいるといいます。そのイケメンなだけではない一生懸命な姿勢は、視聴者にもしっかり届いているようです。「王様のブランチ」の遅刻騒動で大失敗してしまったときにも、多くの励ましのメッセージが多く集まったように、真摯ながらも陽気な国山ハセンアナのキャラクターは、多くの視聴者から愛されていることが分かります。

春には新人アナウンサーも入社し、中堅としての活躍も期待されています。本人の宣言通り、大先輩の安住紳一郎アナを超える日を目指して活躍を続けてほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る