黒木優子は女子プロボクシング世界王者!かわいさがノックアウト級!

黒木優子は女子プロボクシング世界王者!かわいさがノックアウト級!出典:http://nznsms.jp

黒木優子は女子プロボクシング世界王者!かわいさがノックアウト級!

黒木優子は常識を覆す女子プロボクシング世界王者!

黒木優子は、1991年3月生まれで、福岡県出身。身長154㎝、体重47kgのプロボクサーです。ボクシングといえば、引き締まった体に、ゴツイ顔、そもそも男性がやるものというイメージが強いスポーツ。しかし、女性らしい出で立ちでテレビに登場する黒木優子は、とてもプロボクシング選手には見えません。

オシャレに気を遣い、髪の毛もカールさせ、可愛いアクセサリーをつけ、化粧もバッチリです。そんな黒木優子ですが、かわいらしい見た目とは全く違い、れっきとしたWBC女子世界ミニフライ級の世界王者。サウスポーの黒木優子は、カウンター気味の左ストレートが武器です。

黒木優子は強いだけじゃない!かわいさもノックアウト級!

黒木優子は、「ボクシング界のゆうこりん」と呼ばれ、「本当にボクサーなの?」と疑う人も多いくらいの美貌の持ち主。見た目のかいわさだけではなく、栄養士の資格を持つという黒木優子の趣味はお菓子づくりで、練習相手になってくれた男子選手にお礼の手作りケーキを持ってくることも多々あるそうです。こんな美人に、手作りケーキを持ってこられたら……かわいさだけでもノックアウトされてしまいそう。試合前の記者会見では、黒木優子の対戦相手までもが、「黒木優子の第一印象は?」と聞かれて、「かわいいですね」と答えるほど。ボクシング選手の会見であるのに、ハイヒールをはき、ミニのワンピースで笑顔となるのも驚きです。

黒木優子とボクシングの出会いは中学時代!ボクサーデビューまでの経歴は?

黒木優子はなぜ中学時代にボクシングにはまったの?

黒木優子は、3歳の頃からスキーを始め、アルペンスキー選手として活躍していました。高校では、2年連続で国体とインターハイに出場するほどの腕前です。しかし、スキー競技と平行して、中学2年の時にボクシングジムに通い始めた黒木優子。父親が警察官だったため、父親が行っていたボクシングを勧められたことが始まりです。

スポンサーリンク

黒木優子にとって、ボクシングを始めた当初の目的は、エクササイズ程度。しかし、「スキーでは、雪国の選手に敵わない」と考えた黒木優子は、ボクシングで試合に出たいという気持ちが強くなり、次第にボクシングに専念していくようになります。

黒木優子とボクシングの出会い!ボクサーデビューまでの経歴

黒木優子は、2008年、高校生の時に、関ボクシングジムに移籍し、福岡で初めて開かれたプロテストを受けます。テストを見事合格した黒木優子は、プロライセンスを取得。2008年12月20日には早くもデビュー戦を行いますが、これは、当時のJBC女子最年少記録を更新してのデビューでした。初めから、黒木優子の強さは破格だったのでしょう。デビュー戦としては珍しく、黒木優子の試合は、メインイベントとして行われました。

しかし、黒木優子のデビュー戦の結果は、元世界ランカー相手に惜敗。このときの悔しさを胸に、2009年に、高校を卒業した黒木優子は、中村学園大学短期大学部食物栄養学科に進学し、学生をしながらボクサーとして活躍を続けます。そして同年4月5日、黒木優子は、横関夏芽と対戦し、念願の初勝利をあげました。

スポンサーリンク

黒木優子の快挙!防衛成功に話題沸騰!

黒木優子は、女子ボクシングも、なでしこ同様にメジャーなスポーツにしたいと奮闘しています。様々なスポーツ界で、女子選手の活躍が目立つようになってきた昨今。サッカー、ラグビー、ソフトボールなどは、男子だけではなく、女子だってここまでやれる!と、かなりメジャーになってきています。だからこそ、ワンピースを着て登場し、試合前の体重測定で花柄の水着を着るなど、黒木優子は、ボクシングの概念を覆すべく、イメージチェンジに一生懸命。おそらく、黒木優子の対戦相手すら驚いていることでしょう。

「25歳までに結婚して子供を産む」夢を持っていたという黒木優子ですが、2014年5月17日に世界王者になって以降は、防衛戦に向けて、特訓の日々で、恋愛をしている暇はなかったようです。2014年11月には、1度目の防衛に成功し、2015年5月には、2度目の防衛成功!2015年12月には、3度目の防衛成功と、不動の地位を築きつつあります。ここまでのプレッシャーは、半端ではなかったことでしょう。

しかし、そうした重圧もはねのけ、2016年6月6日には、フィリピンのノル・グロ選手と4度目の防衛戦を行い、8RでKO勝ちと、堂々の防衛成功となりました。これまでの黒木優子の戦績は、21戦16勝4敗1分け。4度目となる防衛戦前には、右手の中指を骨折しているかもしれないという状態で挑んだ黒木優子でしたが、見事な試合展開で、ファンは大興奮しました。かわいい顔がボコボコになっていることもありますが、女子ボクシングがメジャーになることを夢見て、黒木優子は今日も走りこんでいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る