桑田佳祐と妻・原由子の馴れ初め、夫婦愛!息子たちの現在は?

桑田佳祐と妻・原由子の馴れ初め、夫婦愛!息子たちの現在は?

桑田佳祐と妻・原由子の馴れ初め、夫婦愛!息子たちの現在は?

桑田佳祐と妻・原由子の馴れ初めがまるでドラマのよう!

桑田佳祐と妻・原由子のおしどり夫婦は有名です。桑田佳祐と妻・原由子は、同じ青山学院大学の学生でした。桑田佳祐は、妻・原由子の1つ先輩に当たります。入学直後、知人に軽音楽部への入部を勧められた原由子は、部室向かう途中の階段で、桑田佳祐に初めて出会いました。

その時、桑田佳祐が聴いていたのがエリック・クラプトンの曲。原由子もまたエリック・クラプトンを好んでいたこともあり、共感を覚えたといいます。その時の、原由子の桑田佳祐への第一印象は「何となくいじめっ子」。しかし桑田佳祐が歌うクリームやディープパープルには心酔させられ、桑田佳祐もまた原由子のピアノ演奏の腕前に一目置いていたことから、サザンオールスターズが結成されたのです。

サザンオールスターズがデビュー翌年の1979年、桑田佳祐が原由子に「ずっと一緒にいよう」と告白したことから、交際がスタートします。ちなみに後日、桑田佳祐が電話で愛を込めて歌って聴かせた曲が「いとしのエリー」。以後、音楽の同志であり、恋人として支え合った桑田佳祐と原由子は1982年に結婚しました。

桑田佳祐と妻・原由子の夫婦愛が羨ましすぎる!息子たちの現在は?

桑田佳祐の食道がんが発覚した2010年7月から、しばらく音楽活動を休止していた時期がありました。ちょうどこの頃、妻・原由子は、朝日新聞夕刊で「あじわい夕日新聞~夢をありがとう~」を連載中だったため、リアルタイムで綴られた夫婦愛には多くの人が感動させられたものです。「術後初めて声を出した、歩いた、ご飯を食べた、ついに歌ったとか、そんな事一つ一つが感動」という原由子の温かな献身。

スポンサーリンク

それに答えるように、同コラムをまとめて出版したエッセイ本のあとがきには、桑田佳祐が感謝の気持ちを添えています。桑田佳祐が、その年の紅白歌合戦に出場するという脅威の復活を遂げたのも、夫婦愛が起こした奇跡だったのでしょう。そんなおしどり夫婦、桑田佳祐と妻・原由子の間には、2人の息子がいます。

1986年生まれの長男・佑宜(ゆうき)はロックバンド「READ ALOUD」のギターボーカルとしてメジャーデビュー間近と言われていました。しかし、2015年10月に「音楽の方向性の違い」を理由にバンドは解散。1988年生まれの次男・洋輔については、兄と同じ青山学院大卒という事以外、信憑性のある情報はないようです。音楽の才能豊かな両親の元、どのような成長を遂げてきたのか興味のあるところではありますね。

桑田佳祐と長渕剛の確執再勃発?!新曲、ツアーは?

桑田佳祐の国家侮辱を長渕剛の愛国心が許さない?!確執の系譜

桑田佳祐は2015年、ステージ上で、天皇や安倍首相を侮辱したパフォーマンスを行ったと批判されましたが、そんな桑田佳祐の行為に、長渕剛の腸も煮えくり返っていたかもしれません。なぜなら、長渕剛は、東日本大震災被災地の自衛隊激励に駆けつけ、日の丸を掲げたほどの愛国家だからです。

スポンサーリンク

第65回紅白歌合戦で共演NGが解けたかと思いきや、まさかの確執再勃発とは皮肉な……。遡ること1983年、初対面ながら居酒屋で意気投合したことをきっかけに、桑田佳祐が長渕剛をライブゲストとして招きます。しかし、これが長渕剛にとって「前座扱いをされ」「カーテンコールでビールをぶっかけられた」という屈辱の1日となってしまったようなのです。

その後、長渕剛は、1988年に出演したドラマ「トンボ」の作中で、サザンオールスターズの「みんなのうた」が流れるや否や「こんなクソみたいな曲消せ!」と罵倒するシーンを演じます。これに怒った桑田佳祐は、あからさまに長渕剛ディスを匂わせる歌詞を付けた「すべての歌に懺悔しな!!」を発表。以来続いた桑田佳祐と長渕剛の30年戦争。しばらくは話題性を失いかけていましたが、2015年の一件で再燃?しかし今回は、本人たちが名指し批判合戦を行っているわけではありませんので、ご安心を。

桑田佳祐、サザンオールスターズ最新アルバム「葡萄」、ツアーBlu-ray&DVD!

桑田佳祐率いるサザンオールスターズは、2015年3月に9年半ぶりの最新アルバム「葡萄」を発表しました。タイトル付けには、2014年に逝去した作家・渡辺淳一のデビュー作「葡萄」や、友人である大空眞弓から桑田佳祐宛に葡萄の鉢植えが送られてきたこと等が由来しているそうです。

岡田三郎助の「あやめの衣」をオマージュしたジャケットデザインからも、どことなく文学香漂うサザンオールスターズの「葡萄」。収録曲は、2014年日本レコード大賞優秀作品賞にも選ばれた「東京VICTORY」、武井咲出演のJTB CMソングにもなった「はっぴいえんど」ほか計16曲です。これまでの作品に比べると、英語詞や過激な言葉が少なく、「日本人に懐古の情を抱かせるロック」という狙いがあるとのこと。

また、「平和・反戦」をテーマにした楽曲が多くみられるのも特徴です。リリース以来、オリコンチャート初週30万枚を売り上げ、グループのアルバムでは史上初となる1980、1990、2000、2010年代と4年代連続1位獲得した「葡萄」をひっさげ、2015年4~8月まで全国11か所で行われた大規模ツアー「おいしい葡萄の旅」。その模様を収録した待望のLIVE Blu-ray&DVDは、2016年1月6日に発売されています。

桑田佳祐「葡萄」レコ大賞受賞コメントもカット!問題を起こすたびに妻・原由子は……

桑田佳祐の「葡萄」は、2015年末の日本レコード大賞の最優秀アルバム賞に輝きました。番組では、ビデオ出演という形で、桑田佳祐が受賞コメントを寄せていましたが、1か所だけカットされていたことが司会者・安住紳一郎アナウンサーによって明らかになっています。

放送されている分だけでも「2016年は前立腺に優しい音楽を、オシッコのキレ……」などと、桑田佳祐は悪乗り全開でしたから、カットされた部分は、放送禁止用語だったと予想されます。桑田佳祐といえば、デビュー当初のサザンオールスターズがコミックバンド視されるほどの下ネタ好きな3枚目キャラクター。高木ブーの後任として、ドリフターズ入りの打診もあったと言われています。

「TSUNAMI」や「涙のキッス」など、誰をも感動させる名曲を多く世に送り出している傍ら、「マンピーのG★SPOT」など、放送禁止用語を狙った、冷やかし系の音楽で嘲笑うかのような姿も多く見られる桑田佳祐。最近のライブでも、生々しいセクハラ発言が恒例になっているようです。

2015年には、自身が秋の叙勲で受章した紫綬褒章を天皇のモノマネでオークションにかけるといったオフザケのせいで、「反日活動家」のレッテルを貼られ、連日抗議デモが起こるという騒ぎを起こしています。さすがに再起不能なのでは?と思いきや、サザンオールスターズ人気と桑田佳祐神話は健在のようです。これぞ、唯一無二の桑田佳祐の声・楽曲が持つ装甲の厚さ。しかし、そこに問題児・桑田佳祐を静かに支える妻・原由子の存在がなければ、今のようにはいかなかったかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る