イ・ボミが劇的に日本語会話に上達!先生や勉強方法は?

イ・ボミが劇的に日本語会話に上達!先生や勉強方法は?

イ・ボミが劇的に日本語会話に上達!先生や勉強方法は?

イ・ボミの日本語が劇的に上達!その実力は?

イ・ボミは、今、日本で人気急上昇中の韓国人ゴルファーです。2011年から日本ゴルフツアーに参加し始めたイ・ボミ。2015年には、年間獲得賞金額が、日本国内女子ツアーでは史上初となる2億円を突破し、見事、賞金女王となった、今大注目のプロゴルファーです。

しかし、イ・ボミが注目されているのは、プレーや成績だけではありません。日本ツアーに参加してから、イ・ボミの日本語がどんどん上達していっているということでも話題になっています。

2011年には、日本語がまだ話せなかったイ・ボミですが、そのわずか1年後には、通訳がいなくても、日本人選手と会話ができ、会見でも日本語で受け答えるなど、劇的に日本語が上達し世間を驚かせました。現在では、すっかり日本語はペラペラで、「イ・ボミプロを囲む会」というファンサービスの食事会でも、ファンと自由に会話をし、楽しんでいるようです。

イ・ボミの日本語会話勉強方法!実は嵐の曲が先生?

イ・ボミは、一体どのような勉強方法で、日本語を習得したのでしょうか?イ・ボミは、来日前から日本語を猛勉強していたとのことですが、日本ツアーに参加してからも、勉強を欠かすことはありませんでした。移動の際は、常に参考書を片手に持ち歩き、日本人キャディを先生とし、会話を逐一メモして、勉強を積み重ねていったそうです。

スポンサーリンク

また、来日したばかりの頃、イ・ボミは、知っている日本の芸能人はを「嵐」と答えていたとのこと。そのため、嵐の曲が、イ・ボミの日本語の先生ではないかとの噂も広まっています。歌はヒアリングの訓練にもなりますし、イ・ボミと同じく韓国人女子ゴルファーとして活躍するジョン・ミジョンが、かつて、ジブリ映画「ハウルの動く城」で日本語を勉強したというエピソードもありますので、会話の勉強方法として、あながち間違いではないのかもしれません。

イ・ボミの彼氏、結婚相手はキャディ?飛距離やスイングの評価は?

イ・ボミの結婚相手は専任キャディ?その真相は?

イ・ボミは、あっという間に日本語ペラペラとなり、日本にもだいぶ慣れ、忙しい日々を送っています。そんなイ・ボミに、現在、彼氏はいるのでしょうか?結婚の予定はあるのでしょうか?

今、イ・ボミが、専属キャディと結婚するのではないかという噂が広がっています。噂のキャディとは、清水重憲。これまでに上田桃子、谷口徹を担当し、選手を賞金王へ導いたという凄腕のキャディです。その敏腕キャディが、イ・ボミの結婚相手ではないかと噂された理由は、共に行動する機会が多いからのようです。ゴルファーにとって、キャディは良き相談相手。試合中は一緒に行動しますし、プレーの流れについて相談することも多いため、その様子を見たファンが、イ・ボミとキャディを務める清水重憲が結婚するのではないかと思ったようです。

スポンサーリンク

しかし、イ・ボミのマネージャーは、「イ・ボミはゴルフ一筋で、一緒にいるのは、僕か母親くらいです」とコメントしているため、イ・ボミと清水重憲は、結婚相手ではなく、あくまでもゴルファーとキャディの関係であるようです。

イ・ボミのプレーにライバルも高評価!飛距離をアップさせるスイングのコツ

イ・ボミは、今年2015年に見事、賞金女王に輝きました。イ・ボミの実力については、ライバルたちも高く評価していて、特に、ショットのレベルが高いという声がたくさん上がっています。スイングリズムの安定感や飛距離などで高い評価を得ているようです。
そんなパワフルショットを実現するための秘訣について、イ・ボミは、「飛距離をアップさせるには、力を使って速くしようとしても速くならない」とコメントしています。

多くのゴルファーは、バックスイングからダウンスイングへと移る際、腕の力を入れてしまいがちですが、逆に力を抜くことでヘッドスピードが上がるのだそうです。また、イ・ボミによると、ヘッドの重みを感じることなく、軽くスッとクラブを振ることが飛距離アップの秘訣とのこと。なかなか飛距離が上がらないという方は、このスイング方法を試してみると良いかもしれません。

イ・ボミはファンを大切にするプロゴルファー!日韓関係に希望の光!

イ・ボミは「スマイル・キャンディ」と称されるほどの可愛らしいルックスを持っており、現在、日本人男性を中心に、人気急上昇中です。応援組織「ファンカフェ」の会員は、2000人を超えており、日本ツアーのゴルフ場には、多くのイボマーが駆けつけ、もはやアイドルと同等の存在であるイ・ボミ。しかし、イ・ボミの人気が高いポイントは、ルックスだけではないようです。

イ・ボミは、サイン会で会ったファンの名前や出身地などをすべて覚えており、挨拶する際には名前を呼び、居住地についても触れ、「わざわざ来てくれてありがとうございます」と、優しい笑顔で声をかけ、日本人男性の心を掴んでいるのだそうです。ファンの情報を逐一覚えるというのは、なかなかできないことですよね。しかし、イ・ボミはそれを自然とやっているため、名前を呼ばれた人も自然とイ・ボミを応援したくなるのでしょう。また、イ・ボミはミスショットをした時に不機嫌な表情は絶対に見せないそうです。苦笑いをすることはありますが、怒ったりすることはなく、それどころか、ファンに対し、「遠くから応援に来てくれたのにごめんなさい」と謝罪し、とても謙虚に振る舞うのだとか。

日本語をわずか1年で習得し、可愛らしい容姿からは想像できないほどのパワフルショットを繰り出すイ・ボミ。努力を惜しまない一面や、抜群のプレーを見せるだけでなく、ファンに対する気配りや謙虚さが、多くの人の心を捉える彼女の大きな魅力と言えるのではないでしょうか。最近、日韓関係が冷え込んでいますが、イ・ボミと彼女を応援する日本人ファンの存在が、日本と韓国の間を隔ててしまった氷の壁を切り崩すきっかけの一つになれば良いと期待が高まるばかりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る