ライセンス井本の元ヤン伝説!ダウンタウン浜田との関係は?

ライセンス井本の元ヤン伝説!ダウンタウン浜田との関係は?出典:http://blog.livedoor.jp/aaaaazuki21/

ライセンス井本の元ヤン伝説!ダウンタウン浜田との関係は?

ライセンス井本ってどんな人?

ライセンス井本は本名を井本貴文と言い、1978年、奈良県北葛城郡王寺町の生まれで、現在38歳。コンビではツッコミを担当しています。サッカーが得意で、奈良県立西和清陵高等学校時代にはインターハイにも出場したことがあるそうです。

元ヤンと言われるほど高校時代からキレやすい性格は有名で、たこ焼き屋の店主さんと口喧嘩したり、よく警察の人に目を付けられたり、学校でも問題児扱いだったとか。例えば学校の先生にクラッカーで悪戯をして辞めさせたり、後に相方になる藤原さんに消しゴムのカスを投げつけたりして、学校の先生からは「クラスのガン」と言われるほど。その分人と仲良くなるのもうまく、芸能界ではダウンタウンの浜田を始め、幅広い分野の人と友人関係を築いています。

ダウンタウン浜田との関係は?

ライセンス井本はダウンタウンの浜田と非常に仲が良く、家族ぐるみの付き合いがあるようです。二人とも元ヤンと言われるキレやすい性格が共通しているから、という見方もありますが、最初に井本が浜田の楽屋に挨拶しに行った時、「座りいや」と言われて素直に座ったところが気に入られたという噂も。ダウンタウン浜田に関してはその後も世話になった井本は、「ガキの使いやあらへんで!」の浜田50歳記念企画で有名なエピソードを披露しています。

浜田に気を使いすぎ、浜田の車を運転しようとする井本に対して浜田がそこまでしなくてもいいと本気で怒り、「お前は東京に何しに来た?運転手ちゃうやろ?」と井本の自宅まで送ってくれたのだとか。お互い元ヤン同士であるなら気性の波長も似ているのでしょうし、、男同士の師弟関係と友情とがうまく噛み合った関係のようですね。

スポンサーリンク

ライセンス井本のイケメンランキング陥落は結婚が原因?嫁や子供は?

ライセンス井本、イケメンランキング陥落?

ライセンス井本と言えば、相方の藤原さんと一緒に「吉本男前ランキング」で常に四位の座にあるなど、イケメンお笑い芸人として知られています。そのランク入り履歴を見てみると、2004年度に17位にランクインしてから、2006年を除いて2012年まではほぼ毎年ランク入りを果たしており、2008年から2011年まではトップ3には至らないものの、4位をキープし続けていました。

ところが、殿堂入りした相方の藤原さんはともかく、2013年は11位と落ち、それ以降完全に首位ランクに入ってこなくなります。イケメンランキング陥落と言えるでしょうが、これには2012年にライセンス井本が一般女性と結婚したというのが大きいでしょう。

ライセンス井本の嫁や子供って?

ライセンス井本は2012年の一月に、岡山県出身の一般女性と10年以上の交際の末に結婚しました。井本本人曰く、ELTの持田香織を大きくしたような美人ということです。年齢は明かされてはいませんが、井本と同じくらいの年齢だとか。また、その一年後あたりの2013年2月には初の子供となる女の子が生まれました。ライセンス井本本人は「引くくらいうれしいです」と事務所を通じたコメントで報道機関に発表しています。

スポンサーリンク

この結婚から出産までの流れを見て、ファンの多くはおおむね肯定的に捉えた「おめでとう」という祝福の言葉をSNSで発言する一方、熱烈なファンの中には井本への幻滅を訴える人も少なくなかったようです。確かに、今まで大好きだった独身の人が結婚してしまったら、もっと手の届かない人になってしまう感じがして、異性のファンから見れば確かに悲しいですね。

しかし、芸人仲間のSNS写真に娘さんを抱きながら幸せそうに写っている井本を見ると、これからはただのイケメン芸人ではなく、父親として、夫として、より大人のイケメンになった彼の活躍を期待できるのではないでしょうか。

ライセンス井本の今後はどうなる?DVD発売、中堅芸人としてバラエティー常連へ

ライセンス井本は2016年の1月27日で38歳。2016年の1月29日には、ライセンストークライブ第四弾DVDの発売に合わせて相方やスタッフからサプライズを受けて記念撮影をするなど、終始和気あいあいの様子で、コンビ的な活動に仲違いなどの問題はなさそうです。

また、3月まで継続していたダウンタウン浜田主導のお笑い番組『ごぶごぶ』の終了に合わせて、同じく浜田をメインに据えた『ケンゴローサーカス団』も4月から始まります。番組の中では体を張ったロケを敢行するなど、脂の乗った芸人活動を見ることができます。

お笑いのスタンスについても、近年はバラエティー番組『芸人同棲』などでアドバイザー役を務め、熟練の域に達しつつあるネタ作りとツッコミの役割を熱く語り、「ツッコミをなめるなよ」などと檄を飛ばしました。ただのイケメン芸人から中堅、安定した実力を持つ芸人への脱皮を果たしつつあると見ることができそうです。

今まではイケメンというビジュアル先行で知名度を上げてきたライセンス井本ですが、昨今の活動と結婚を経て、これからは中堅として後輩たちを引っ張っていく存在になるのかもしれません。そこでこそ、ダウンタウン浜田と築いた師弟関係を活かし、より懐の深い芸人になっていくのかもしれませんね。今後も注目が必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る