リリー・フランキーが結婚出来ない理由はヤクザバンパイアだったから?!

リリー・フランキーが結婚出来ない理由はヤクザバンパイアだったから?!

リリー・フランキーがヤクザバンパイアに!?

リリー・フランキー、撮影に満足のコメント。

「アクションシーンが初めてでしたが、撮影がとても楽しく爽快感がありました」
リリー・フランキーが演じるのは最強伝説をもつヤクザバンパイアである組長・神浦という役。

ある日刺客たちに襲われ瀕死の重傷を負ってしまいます。その場に居合わせた市原隼人演じる影山。
神浦に憧れてヤクザの世界に入った男です。死の間際、その影山の首筋に噛みついて「ヤクザバンパイアとして生きろ!」と言い残し息を引き取ります。

スポンサーリンク

実は神浦はあまりの強さからバンパイアと呼ばれていたのですが、本当にバンパイアだったのです。
そして影山の戦いがそこから始まるというのが、6月20日より公開される「極道大戦争」のストーリーです。

リリー・フランキー名言、語録

今回凄みのある役どころを演じるリリー・フランキー。
リリー・フランキーはラジオや雑誌などで多くの名言、語録を残しています。一つそれを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

「例えばイラストレーターになりたいなら勝手に名乗ればいい。最後に、でも、売れてないんですけどね、って付け加えればいいんですよ」

これは情熱大陸にリリー・フランキーさんが出演された時におっしゃっていた言葉です。
名著・東京タワーもそうなのですが、心が疲れていたり挫けそうな人の所にスッと優しく入り込んでくる言葉をリリー・フランキーさんは、
そっと呟いています。

リリー・フランキーは何故結婚できないのか

リリー・フランキー結婚観を語る。

「目指してはいるけど、浪人が長いだけです」これは先日放送された、フジテレビのボクらの時代という番組で、
リリー・フランキーが結婚についての話になっていた時にいっていた言葉です。

リリー・フランキーと言えば、CMで深津絵里さんなどと共演されていて
過去に加藤紀子や安めぐみ、長澤まさみとも噂になりました。
数々の浮き名を流しているイメージですが、ご縁があると良いですね。

リリー・フランキーが生み出した優しいキャラクター、おでんくん

2001年に小学館から発行された、絵本のキャラクター「おでんくん」。
モチーフは油揚げの巾着に、アヒルの口と目を足した丸々とした愛らしいキャラクターです。

お話の舞台は、東京タワーの側にあるおでん屋台の中にあるおでん村。
大人の視点から作られた話ですが、その中でおでんの具のキャラクターたちの悲喜交々が書かれており、
心温まるお話です。

リリー・フランキーの出身地、福岡県北九州小倉の「梅園」名物は河豚最中。

北九州の美味しい物を追求し、販売している「梅園」の銘菓、河豚最中。第一回和菓子工芸展「農林大臣賞」を受賞し、
「北九州市・食のブランド」にも認定されています。

梅園さんで扱っている物の中で、一番目を引くのは、やはり名産の河豚最中ではないでしょうか。
大納言小豆によって作られた餡と、程よい粘りがあるひよく餅を使用した最中。最中の中にその餡をたっぷりと詰められたその様は、
まさに河豚のようです。

また、九州と言えば、からし明太子ではないでしょうか。
梅園さんではからし明太子にもこだわっており、
北海道で一時期しか取れない真子と呼ばれる成熟卵を更に厳選し、
更に明太子を漬け込む出汁も最高級真昆布を使用してじっくりゆっくり時間を掛けて熟成させています。
是非一度は味わいたいですね。

リリー・フランキーの出身地 福岡県北九州小倉の「新日本三大夜景」に選ばれた皿倉山

北九州市は1963年に小倉市を含む5都市が合併してできた市であり、
政令指定都市で九州でも2番目に人口の多い都市であり、経済も発展しています。

また九州主要の国道、鉄道の起点でもあり九州の玄関口として知られています。
そんな中で2003年4月に、非営利団体「新日本三大夜景・夜景100選事務局」が選定した日本で特に美しい夜景の3カ所に、
北九州市から皿倉山(さらくらやま)が選ばれました。

標高622mと日本の山の中でも中間に位置する高さなのですが、
流石新日本三大夜景に選ばれるだけあって眺めは秀逸の一言。

観光客が多く訪れており、観光スポットとしても有名です。
ロープウェイと車、どちらでも上る事が出来、北九州市の夜景を見渡す事が出来ます。

お勧めの時間帯は18時47分から15分間です。
昼から夜に変わる間にライトアップしていく北九州市の街の姿を一度ご覧になられては如何でしょうか。
潮騒の音が聞こえ、黄昏の景色も美しく、夜景も抜群な場所で育ったリリー・フランキーの映画、極道大戦争。
雄大で憂いのある演技が見られるか楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る