前田敦子の性格が良いか悪いか丸わかりエピソード集

前田敦子の性格が良いか悪いか丸わかりエピソード集出典:http://topicks.jp

前田敦子の性格が良いか悪いか丸わかりエピソード集!

前田敦子の性格は良いのか悪いのか?超マイペースなエピソード集!

前田敦子は、中学生時代から目立つことが大嫌いだったそうです。AKB時代には、4人でユニットを組んで歌う際に「自分1人だけが目立ちたくない!」と大泣きしたというエピソードがあります。一見他のメンバーに気を遣っているように見えますが、性格は本人曰く「自分の長所はマイペース、短所もマイペース」。このことから、周囲に誤解されることも多いようです。

「あっちゃんは何を考えているのか分からない」とメンバーから指摘されると、「そういう時には何も考えていない」と答え、「やる気がないでしょ」と言われれば、「気持ちがマイペースなだけ」とさらりと返すなど、超マイペースなエピソードが数多くある前田敦子。中でも極めつけは、前田敦子がコンサートの円陣にあまり参加しないこと。これから皆で力をあわせてコンサートを盛り上げていこうという時にさえ「参加する確率は半々くらい」なのだそうです。

前田敦子が観劇中に退席した理由を丸わかり解説!

前田敦子が、観劇中に退席させられたことがネットで物議を醸しています。生田斗真や木村カエラなど多くの芸能人も観劇に訪れた、野田秀樹の舞台『逆鱗』の千秋楽でのこと。主役を演じた松たか子とCMで共演したこともある前田敦子は、演技の勉強も兼ねて舞台に足を運んだようですが、どうして途中退席することになったのでしょう。その理由は、前田敦子が被っていた黒い帽子でした。

会場では、上演前に「帽子はお取りください」とのアナウンスが流れ、そもそも舞台の上演中の着帽は基本的にマナー違反とされています。帽子を取ることが出演者に対しての礼儀でもあり、何より帽子自体が後部座席に座っている観客の観劇の妨げになるからです。もしかすると、前田敦子は「自分が目立つことで周囲に迷惑を掛けてはいけない」と思ったのかも知れませんが、それなら会場が暗くなってから取ればよかったこと。

スポンサーリンク

会場関係者に再度注意されても、前田敦子が帽子を取らなかったことはどうにも理解に苦しみます。勉強熱心で月に何度も舞台めぐりをする前田敦子ですから、マナーに対する知識がないとは到底考えられません。このような行為に及んでしまった原因が何かあったのでしょうか。

前田敦子の出身高校の偏差値?主演ドラマ「毒島ゆり子の赤裸々日記」とは?

前田敦子の出身校は2校ある?偏差値はどうなの?

前田敦子の出身校はどこなのでしょう。前田敦子は最初「日出高等学校」に通っていましたが、途中で転校したようで、最終的に「晃陽学園高等学校」を卒業しています。日出高校の卒業生には、仲間由紀恵・多部未華子・剛力彩芽・上野樹里・沢尻エリカ・仲里依紗など、今をときめく層々たる人気女優陣が名を連ね、他にも数多くの芸能人を輩出しています。

日出高校の偏差値は「43」、晃陽学園高校は「38」。全国平均からすると、そう高いとはいえませんが、売れっ子になると、どうしても学業よりも芸能活動が中心になるでしょうから、きちんと卒業したという事実だけでも、前田敦子にとっては大変な努力が必要だったのでしょう。

スポンサーリンク

前田敦子の主演ドラマ「毒島ゆり子の赤裸々日記」の見所とは?

前田敦子は1991年7月10日生まれなので早24歳。今まさに大人の女性に変貌しつつあります。AKBを卒業後は女優とし活躍していますが、今回TBS系ドラマ『毒島ゆり子の赤裸々日記』でのヒロイン役に抜擢。テーマが「恋愛」と「政治」といったドラマ展開の中で、前田敦子は「必ず彼氏を2人作る」という独自のルールにのっとった恋愛をする主人公・ゆり子を演じます。幼い時に父親に裏切られたトラウマから男性不信に陥ったゆり子が、同じ政治記者である1人の男性(新井浩文)に一目惚れしたことから幕を開ける『毒島ゆり子の赤裸々日記』。

物語の見所は、単なるラブストーリーではなく、不倫に二股恋愛と「昼ドラ」も真っ青なドロドロ恋愛ドラマに仕上がっている点でしょう。前田敦子本人も、この台本には相当びっくりしたとか。「でも、とっても面白い。ここまでやっていいんだ」。そう語る前田敦子がどんな泥沼ヒロインを演じてくれるのか、本当に楽しみですね!

前田敦子の魅力は「努力する姿」にあった!今も支持され続ける理由とは

前田敦子の伝説的名言、「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください!」。これは、総選挙で1位に返り咲いた折の前田敦子のコメントです。「私は、自分のことは好きではありません。自分の中で好きなところがないのです」。前田敦子は、このように自分のことをしばしば否定します。これは今までのアイドルにはあり得なかったこと。

そんな前田敦子ですが、AKBのセンターに君臨し続け、卒業後も女優業で活躍するなど、今もって人気が衰えることはありません。言い方は悪いですが、他のメンバーよりずば抜けた美貌も才能もあるように思えない前田敦子が、ここまで皆に支持される理由とは一体何なのでしょう?前田敦子を称して「センターに一番向いていない女の子」というのは、AKBの生みの親である秋元康。

しかしながら、「そんな女の子が人一倍努力して栄冠を勝ち取っていく。そんな姿に皆が共鳴するのではないか。もし、前田敦子が誰もが羨む美貌とスタイルの持ち主だったら、皆も応援する気にならなかっただろうし、ここまで人気も出なかったんじゃないかな」と評しました。また、同期の大島優子は、前田敦子の魅力を「努力するストイックさ」と述べています。

メンバーに厳しいと評判だった前田敦子ですが、その裏には本人自身の並々ならぬ努力があったよう。自分のことを「超マイペース」と言うのも、不器用で周囲の空気を読めないことをカバーするため。自己否定するのも「現状に満足しない」という本人の志の高さのように思えます。そんな前田敦子の、常に「努力する姿」にファンは感動して応援し続けるのです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る