マキタスポーツのミスチルものまねが革命的!ラジオの音楽愛も凄かった!

マキタスポーツのミスチルものまねが革命的!ラジオの音楽愛も凄かった!出典:http://book.asahi.com/index.html

マキタスポーツのミスチルものまねが革命的!ラジオの音楽愛も凄かった!

マキタスポーツがミスチルになりきり!作詞作曲ものまねのセンスが凄い!

マキタスポーツが得意とする、ミスチル桜井和寿のものまねが、他のものまね芸人と決定的に違うところ。それは、いかにもミスチル桜井和寿っぽい作詞作曲を行う”作詞作曲ものまね”です。例えば、もし”トイレ”というお題でミスチル桜井和寿が曲を作ったなら、「うじうじ~、めそめそ~、もじもじ、でもトイレがない~」と、歌詞を文字に起こすと冗談がすぎますが、マキタスポーツがギターをつま弾きながら歌うと、確かにミスチル。

歌声というよりも、コード進行や展開、歌詞の譜割りでそれっぽさを表現するのが、マキタスポーツの”作詞作曲ものまね”なのです。あの佐野元春も「凄いね!お笑い界のアクロス・ザ・ユニーバース!」と絶賛するくらい、マキタスポーツの作詞作曲ものまねは音楽的にも狂いがありません。音楽の知識や作詞作曲の基本的な技術があるからこそできるマキタスポーツのミスチルものまね。ミュージシャンが本気でやると”パクリ”ですが、お笑いの領域ならばパロディと呼べるのも、ある意味で革命的要素です。

マキタスポーツのラジオは音楽ばかり!?芸人にしておくのは惜しいほどの音楽愛!

マキタスポーツといえば、ミスチルなど、ミュージシャンの音楽構造や思考形態を擬態した歌ネタを得意とする芸人。あくまで職業はお笑い芸人です。ところが、マキタスポーツが過去にパーソナリティを務めたラジオ「はたらくおじさん」にしても、「土曜もキキマスター」にしても、内容はマニアックな音楽分析番組。現在放送されている人気ラジオ番組「東京ポッド許可局」は、”刺激的な内容を屁理屈で伝える”という、お笑い芸人らしい内容にまとまっていますが、毎週水曜放送の「音楽ガハハ」は、やはり音楽が拠り所となっています。

「音楽ガハハ」は、レキシ池田貴史やエレキコミックらとタッグを組み、笑いと音楽の融合を図った即興演奏までやってしまう高度なお笑い系音楽番組。歌ネタ芸人が増殖する中、マキタスポーツがどれだけ音楽にこだわりを持っているかは、ラジオを聴けばよく分かります。

スポンサーリンク

マキタスポーツ「Fly or die」はV系バンド!「ヒット曲の法則」とは?

マキタスポーツが「Fly or die」でV系ダァ様に!お笑い×音楽はここまで来た!

マキタスポーツには、”ダァ様”ことDar’k~nessと呼ばれる、もう1つの顔があります。ダァ様は、ビジュアル系ロックバンド「Fly or die」のボーカリスト。一見すると格好よさげなV系バンドのようですが、ダァ様がヘッドバンギングすると、カツラが外れてハゲ頭が全開になったり、歌詞をよく聞くと、かなりフザケタ内容であったりと、いわばこれもマキタスポーツが得意とするV系バンドをパロディ化した”作詞作曲ものまね”の一端です。

「Fly or die」は、マキタスポーツが主催するバンド「マキタ学級」のメンバーとともに出場した、テレビ東京「ゴッドタン」の企画”マジ歌選手権”から誕生した歌ネタバンド。その後、ロックフェスに登場するなど、お笑いの域を出た活動のうちにファン層を拡大し、2016年1月にはアルバム「矛と盾」をリリースしています。

マキタスポーツ提唱「ヒット曲の法則」は本当にヒット曲を生むのか?

マキタスポーツは、自らを”構造分析フェチ”と呼び、特に音楽分析を得意としています。著書「現代ポップス論考」では、過去30年間のヒット曲から抽出・考察した「ヒット曲の法則」を提唱。マキタスポーツによると、一発ヒット曲の大半は、同じコードに終始する循環コード”カノン進行”が採用されているといいます。聴き手が知らず知らずのうちに心地よさを覚えるカノンコードや、日本人の情緒がくすぐられるマイナーコードの典型”ドラスティックマイナー”にメロディをハメると何だかヒットする、と言うのです。

スポンサーリンク

また、歌詞においても、「翼・扉・桜」というキーワードと個人的な事柄を盛り込むと共感を得られるのだとか。もちろんマキタスポーツ自身もそれを認識しつつ曲を書いているはずですが、「Fly or die」のアルバム「矛と盾」は、1500枚という売り上げ不振を喫してしまいました。マキタスポーツが「レコード会社の怠慢!」と釈明したことで、一応のところ「ヒット曲の法則」の体裁は守られたと考えておきましょう。

マキタスポーツの出身大学、プロフィール!才能が溢れすぎてブレイクできない!?

マキタスポーツは山梨県山梨市出身。山梨県立日川高等学校、国士館大学卒業後は、モスバーガーの店長、フリーターを経て、28歳で芸人デビューしています。デビューを支えた浅草キッドから「マキタスポーツは売れる!」と言われながらも、なかなかブレイクできないマキタスポーツ。自身の考察から、”J-POPは全てパクリ”と公言できるのも、単なる歌ネタ芸人ではなく、純粋なミュージシャンでもない”ネタができるミュージシャン”として、高い音楽性を誇るマキタスポーツだからこそ斬り込める内容です。

もっと話題になってもいいはずなのに、少しアングラすぎて万人受けしにくいのでしょうか。そんなマキタスポーツですが、2012年の映画「苦役列車」でブルーリボン賞新人賞、東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞し、NHK朝ドラ「あまちゃん」をはじめ、数々のドラマに出演するなど、近年は俳優としての才能を開花させつつあります。

すでに2016年7月スタートのドラマ「闇金ウシジマくんseason3」や、映画「闇金ウシジマくん」への出演も決定しているマキタスポーツ。……ますます本業が何だったか分からなくなってきました。マキタスポーツが大ブレイクできないのは、”溢れんばかりの才能の渋滞”によるものだと、浅草キッドは言っています。多岐に渡る才能が仇となっているのだとしたら、二物も三物も与えた神様を恨むしかありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る