真野響子の旦那・柴俊夫や娘の現在は?真野響子・眞野あずさの芸能界デビュー秘話!

真野響子の旦那・柴俊夫や娘の現在は?真野響子・眞野あずさの芸能界デビュー秘話!

真野響子の旦那・柴俊夫や娘の現在は?真野響子・眞野あずさの芸能界デビュー秘話!

真野響子・眞野あずさ、美人お嬢様ならではのデビューエピソード

真野響子は、1952年生まれの64歳。眞野あずさは、1957生まれの58歳です。父親は航空会社に勤めていて、帰国子女であった真野響子・眞野あずさは鎌倉に育ちます。その後、真野響子は桐朋学園大学短期大学を、眞野あずさは聖心女子大学を卒業したという正真正銘のお嬢様。真野響子は、就職期を迎えたとき、「一生続けられる仕事がしたい」と選んだのが、スチュワーデスか女優の仕事。スチュワーデスの試験にも受かっていましたが、名門劇団民藝のオーディションにも受かっていたため、1973年、民藝に入りました。

まさに、お嬢様の面目躍如といったところです。妹の眞野あずさもまた、大学生の時、週刊朝日の表紙を飾ったり、姉のドラマの撮影現場を見学に行くなどして、真野響子の妹であることが芸能界に広く知られるようになります。そして、イベントコンパニオンやモデルを経た眞野あずさもまた女優デビュー。真野響子は、ドラマで共演した俳優の柴俊夫と結婚。旦那や自身と同様、一人娘の柴本幸も、現在、女優になっています。

一方、眞野あずさは、1989年、「父と同じサラリーマンと結婚できてうれしい」と、コンピュター会社に勤める一般男性と結婚していましたが、2005年に離婚。子供はできなかったようです。

真野響子は、正真正銘の美人お嬢様女優

女優の条件とは、いったい何でしょうか。確かに美人であることは条件の1つですが、どうやら絶対条件ではないようです。絶対条件としてあるのは、凄まじいまでの自意識、プライド、ナルシシズムといったものではないでしょうか。しかしそれが、女優という職業についた多くの女性たちに、輝かしい栄光と悲劇的な末路を与えているようにも思えます。

スポンサーリンク

ここまでメディアが一般に浸透した今では、何不自由ない家庭に美人で育ったお嬢様を、芸能界は決して逃しません。自薦他薦、スカウトやコンテストによって、多くのきれいなお嬢様が、いったんは芸能界に入ります。しかし、そのほとんどは、やがて芸能界を離れます。お嬢様たちは芸能界に執着しなくても、他に生きていく術があるからです。

そんな中、デビューから妙齢となった今も、女優としての欲を出すことなく、マイペースで女優業を続けている美人姉妹がいます。それが、真野響子・真野あずさ姉妹です。

真野響子主演映画「燃える秋」ドラマ「御宿かわせみ」あらすじ感想キャスト!

真野響子の代表作「燃える秋」は、とある大事件でお蔵入り?!

真野響子は、真面目な優等生タイプのようで、民藝に入った翌年には、「桜の園」のワーニャ役に抜擢されます。その後は、NHKの大河ドラマや、民放各局のドラマの主演を数多く務めます。真野響子の演技には、おのずと育ちのよさがあらわれ、安定感がありました。しかし、それはあくまで等身大の真野響子であり、女優としての凄みや外連味ではありません。映画では、1978年に、五木寛之原作「燃える秋」で主演を務めた真野響子。

スポンサーリンク

内容は、ペルシャ絨毯を通して、二人の男性(佐分利信、北大路欣也)の間で揺れ動く女性の出会いと別れ、そして自立を描いています。イランでのエキゾチックな海外ロケをふんだんに盛り込んだ、ロマンチックな大作だった「燃える秋」。しかし、老舗百貨店三越を私物化して罪に問われた岡田茂元社長の肝いりだったことから、「燃える秋」は公開直後にお蔵入り。

ソフト化もされていない、いわくつきの映画となってしまいました。映画では、当然濡れ場もありましたが、ヌードシーンは吹き替えであったようで、この作品でも、真野響子は、自らの殻を破ることはできませんでした。

真野響子の「御宿かわせみ」や「ちゅらさん」にみる、優等生的演技

真野響子は、1980年代に入ると、NHK時代劇「御宿かわせみ」の美人女将役で人気を博します。「御宿かわせみ」は、江戸川のほとりにひらかれた旅籠が舞台。真野響子演じる、「かわせみ」の女主人・庄司るいと、恋人の神林東吾、旅籠の奉公人である嘉助・お吉夫婦らが、江戸の町に起こる悲喜こもごもの事件を解決していく物語です。

時代劇ということもあったでしょうが、真野響子のおっとりした上品な色気が、江戸情緒にマッチしたのが人気の理由だったのかもしれません。真野響子は、子育てもあり、「御宿かわせみ」出演以後、しばらく一線を離れていましたが、2001年、朝のテレビ小説「ちゅらさん」で再注目されました。

しかし、ここでの役柄も、キャリアウーマンの理知的な母親役。決して、真野響子自身からかけ離れた役ではありませんでした。ある意味、真野響子は、等身大の自分を演じ続ける不思議な女優といえます。

真野響子・眞野あずさ姉妹は、美人お嬢様女優が最大のキャラ

真野響子の妹、眞野あずさもまた、姉と全く同じ。デビューからこれまで、美人のお嬢様といった等身大の役柄からはみ出したことはあまりないようです。ただ、姉の真野響子がふっくらとして優しいイメージがあるのに対して、妹の眞野あずさは、すっきりした美人の分、表情に乏しく、ともすれば冷たく見えてしまうきらいがあります。

先日も、あるバラエティ番組に出た時、眞野あずさ自身は決して不機嫌ではなかったのでしょうが、慣れないバラエティに表情がこわばったためか、視聴者にはとても冷たいイメージに伝わり、眞野あずさは性格が悪いというような噂が、ネットで拡散されてしまいました。

眞野あずさも、姉・真野響子同様、ドラマ出演歴は豊富。なかでも、日本テレビの火曜サスペンス劇場「弁護士高林鮎子」シリーズや、テレビ朝日「はぐれ刑事純情派」の美人ママ役は有名です。しかし、「弁護士高林鮎子」は橋爪功、「はぐれ刑事純情派」は藤田まことという、ベテラン男優の共演があってこその眞野あずさで、本人の印象は薄いのは、やはり、女優としての欲がないからなのでしょう。

真野響子・眞野あずさ姉妹は、デビューからこれまで、美人のお嬢様女優であり続け、それが今となっては、他の女優にない個性となった、稀有の姉妹といえます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る