丸山隆平の実家、兄弟は?出身高校が気になる!京都人所以の性格とは?

丸山隆平の実家、兄弟は?出身高校が気になる!京都人所以の性格とは?

丸山隆平の実家、兄弟は?出身高校が気になる!京都人所以の性格とは?

丸山隆平の実家はどこ?家族構成と兄弟愛

丸山隆平の実家は、京都市右京区西院春日町にある、マンションだと言われています。丸山隆平は2009年まで実家に住んでいたこともあり、2013年の台風で西院地区が大きな被害を受けた時には、多くのファンが心配してネットで検索していたようです。

丸山隆平の実家の父は、太鼓職人。2012年に京都で行われたボディビル選手権で優勝したこともある、稲葉浩志似のイケメンボディービルダーとしても有名です。父は、同じくボディビルダーだった母とは離婚しており、2014年に、25歳下の元神奈川県庁職員と再婚しています。最も話題になったのは、この女性が、丸山隆平より6歳も年下であること。

この再婚で、丸山隆平の兄弟は、実の両親の間に生まれた11歳下の妹・かなで、13歳下の弟・ひろきに加えて、継母の幼い息子と3人に。丸山隆平は、高校生になってもキスしてくる弟のことをぼやきつつ、大変溺愛しています。父の再婚で、新しい弟ができたことも喜んでいるそうです。

丸山隆平の出身高校はどこ?京都人は性格が悪いと言われるけど……

丸山隆平の出身高校は「京都芸術学院」か、錦戸亮と同じ、奈良県にある「関西文化芸術学院」ではないかと言われています。京都出身ということで、よく耳にする「京都人はプライドが高く、性格が悪い」に、丸山隆平が当てはまるかというと大間違い。他にも京都人には「愛想がいい、よいしょ上手の盛り上げ役」などの特徴があるそうですが、こちらは、「関ジャニ∞の盛り上げ役」と評される丸山隆平の性格に近いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

丸山隆平の性格については、共演者から「気配り上手」と絶賛されることが多い上、疲れを見せずに、スタッフを上手に盛り上げてくれると評判です。ドランクドラゴン鈴木も、丸山隆平の性格にほれ込んだ1人。誰からも祝福されない誕生日をぼやきまくっていたところ、後日事務所に、丸山隆平から手紙付きプレゼントが届いたのだといいます。忙しい中でも、悲しい人を放っておけない優しい性格の丸山隆平に、京都人の素晴らしい一面を見せてもらった気がします。

丸山隆平のエピソードがオモシロすぎる!こだわりの筋トレとは?

丸山隆平のエピソードがオモシロすぎる!何でそんなに勢いまかせなの!

丸山隆平には、伝説的にオモシロすぎる数々のエピソードがあります。丸山隆平の好きな言葉は「鮭鮫蝉」。そのまま「シャケ!サメ!セミ」と読むそうですが、特に意味を持つ言葉ではなく、単に口に出した時の響きが好きなだけ。中でも、「しゃけぇー!」と言って、腕を伸ばして倒れるだけの持ちギャグがあるほど、「シャケ」の響きには格別の思いがあるようです。

小学生の時には、隣の女の子の教科書を食べ、ジャニーズWebブログには、真っ黒の画面に何本かの光の線が入った謎の画像をアップするなど、勢いまかせの意味不明な行動が多すぎる丸山隆平。中華料理屋をハイテンションで走り回った挙句、ガラスに気付かず思い切りぶつかったり、メンバーも入るお風呂で「魔除け」と称して酒を浴びたり等々。丸山隆平が官能小説を音読するのも、紙袋に入れて持ち歩いているエヴァンゲリオンのフィギュアのスカートをめくって静かに中を確認するのも、きっと素直すぎる性格がゆえの突発的な行動なのでしょう。

スポンサーリンク

丸山隆平の筋肉愛はボディビルダー父譲り?こだわりの筋トレとは?

丸山隆平は、見かけによらず筋肉隆々の肉体の持ち主。ファンは、その格闘家並の上腕二頭筋を「丸萌えポイント」として挙げています。「筋肉オタク」と呼ばれる丸山隆平。こだわりの筋トレは、たびたび話題にのぼるものの、実は、腹筋・腕立て伏せ・背筋・ダンベルを使った基本的なトレーニングをメインに行っているだけらしく、特別なことは何もやっていないそうです。丸山隆平の筋肉は、多忙な活動の合間を縫って毎日欠かさずに筋トレを行う「継続力」の賜物であり、ボディビルダーの父に、効率の良い筋トレのコツを伝授されている結果に違いありません。

丸山隆平は「マッスル王子」という異名も持っていますが、これは、ボディビルダーの両親を持つ筋肉界のサラブレッドであるために付けられたと思われます。遺伝的に筋肉には執着してしまうようで、丸山隆平が「嵐にしやがれ」にゲスト出演した時には、話題の高級会員制ジムの筋トレ「吉川メソッド」を、誰よりも嬉々としてやっていたように見えました。

丸山隆平は京都人イチ性格が良すぎて泣けてくるエピソード!

丸山隆一は、発想即言動で、よく分からないことをやらかしますが、関ジャニ∞一性格が良く、ムードメーカーであることはもはや世間の常識。関ジャニ∞のメンバーだった内貴博が、不祥事によってジャニーズを追放された後、2007年の初コンサートツアー高知公演で、ファンから「内の代わりに脱退しろ」「丸山いらん」「丸山消えろ」などと、心ない罵声を浴びた時にさえ、口パクで「ごめんな」と言ったというエピソードは、涙なしでは語れません。

自分が中傷されたことよりも、内貴博の脱退を悲しむファンに対する謝罪だったと言われていますが、プライドが高いのが京都人の気質というなら、丸山隆平は本当の意味で「気高い人」だと言えそうです。渋谷すばるのラジオ番組「スバラジ」では、バーで1人飲んでいた丸山隆平が、滅多にしないメールを送って来たかと思えば、電話で「渋やんの歌、言わんかったけど、鳥肌たっててさ」と告白されたエピソードが語られました。

1人で、メンバー愛を肴に酒を飲む丸山隆平の姿は、まるで慈悲深い京都の仏像のよう。普段の絡みでは絶対に無なかった種類の告白を受けた渋谷すばるは、「いけない恋」をしているようで照れ臭かったそうです。しかし、丸山隆平には、「喜ばせてやろう」という計算が決して働いてないことが分かるだけに、心の中では本当に嬉しかったはず。真心で相手を盛り上げられるからこそ、丸山隆平がムードメーカーだと言われるのでしょう。ファンは、2人きりで飲みに行く姿を想像して「まるすば萌え」を堪能したそうですが、思いついたように電話をする丸山隆平は、渋谷すばるファンをも「かわいい」と惹きつけたのでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る