松田賢二が「真田丸」長崎元家役でブレイク寸前!年収増加で妻・辺見えみりと夫婦格差解消へ?!

松田賢二が「真田丸」長崎元家役でブレイク寸前!年収増加で妻・辺見えみりと夫婦格差解消へ?!

松田賢二が「真田丸」長崎元家役でブレイク寸前!年収増加で妻・辺見えみりと夫婦格差解消へ?!

松田賢二が「真田丸」長崎元家役でブレイク寸前!

松田賢二を含め、仮面ライダー出身の俳優は数多くいます。福士蒼汰、佐藤健、水嶋ヒロ、賀集利樹、オダギリジョー、要潤など、そうそうたる顔ぶれです。ただ、その一方で、ライダー役の印象が強すぎて新たな役どころの仕事がなかなか来ない、あるいは、来ても端役というというケースがあるのも事実。

松田賢二はそんな俳優の中の一人だったといえます。ドラマに出演している本数はそれなりにあるのですが、松田賢二の代表作と呼べるほどのものは、『仮面ライダー響鬼』以降ほとんどありませんでした。そんな松田賢二に、今、スポットが当たりつつあるのが、大河ドラマ「真田丸」での長崎元家役です。関ヶ原の戦いでは戦況に大きな影響を与える役割の長崎元家役ですから、物語が盛り上がりを見せるこれから、松田賢二にはますます注目が集まることでしょう。

年収増加で妻・辺見えみりと夫婦格差解消へ?!

松田賢二は、連続ドラマのゲスト出演などが中心なので、ギャラがそれほど高いとは思われません。一部の話では、松田賢二の妻・辺見えみりとの夫婦間での収入格差は10倍近いとまで言われています。ごく一般的な共働きの夫婦関係ですと、結構ギクシャクしてしまいそうなものです。

スポンサーリンク

しかし、今回の「真田丸」の長崎元家役でブレイクするともなれば、年収も一気に倍増し、夫婦の経済格差の悩みを解消できる可能性は高いでしょう。NHK出演のギャラはそんなに高くないでしょうが、大河ドラマで大きな役どころを演じ、注目されれば、俳優としての箔がつきます。好調な「真田丸」の長崎元家役で一気にブレイクして、経済夫婦格差はスッキリ解消してほしいものです。

松田賢二と妻・辺見えみりの結婚までの道筋!子供の現在は?

松田賢二と妻・辺見えみりの結婚までの道筋!

松田賢二と年収格差が10倍とも言われる妻は、辺見えみり。辺見えみりならば、知名度も抜群ですから、それなりに収入は得ているはずというわけです。松田賢二と妻・辺見えみりの馴れ初めは、2004年に映画『零 -ゼロ-』で共演したことがキッカケだったといいます。その後、辺見えみりは木村祐一と2006年に結婚しましたが2年後に離婚。2010年に、舞台の仕事で松田賢二と運命の再会を果たしました。

この再会が契機となり、松田賢二と辺見えみりは、交際・同棲と順調に仲を深めていき、2011年、晴れて結婚という運びに。すでに1度、結婚と離婚を経験していた経験豊富な辺見えみりから見て、松田賢二の人間性に確かなものを感じたのでしょう。現在も、時おりバラエティ番組で妻・辺見えみりが語るプライベートの様子からは、仲睦まじい夫婦生活がうかがえます。

スポンサーリンク

松田賢二の子供の現在は?

松田賢二・辺見えみり夫妻の間には、女の子が一人います。2013年6月に誕生したということですので、間もなく3歳になろうかという頃ですね。辺見えみりのブログでは、修正加工などをして、基本的には顔が分からない形で時折登場しています。ただInstagramでは顔が出ていたこともありました。子どもの顔出しをすると、読者や閲覧者からいろいろと茶々が入りますから、非常に難しいところであります。

ブログを拝見する限り、松田賢二と辺見えみりの子供は、健やかに育っているようです。有名人カップルですから、年齢的には保育園やらお受験やらという言葉がちらついてきますが、松田賢二・辺見えみり夫妻は子供をどのように育てていくのでしょうか?

松田賢二は長崎元家のごとく、表に出ないでうまく立ちまわるのがよいのかも

松田賢二一家の様子が、先日雑誌の「LEE」で大々的に特集されました。ただし、記事の冠は、今回で3度目の表紙を飾ることになった辺見えみり。「辺見えみりさんのリアルな暮らしとおしゃれ、全部見せ!」という内容でした。松田賢二・辺見えみり夫妻は、引っ越しをしてから、1年以上かけて自分たち好みのインテリアを手がけたのだとか。お金ではなく、センスにこだわったという点では、読者層にも真似できるかもしれないというコンセプトに合致していますよね。

松田賢二自身も、大河ドラマ「真田丸」での大役に抜擢とあって、役者として大きなステップアップを図れそうなタイミングではあります。しかし、これだけ辺見えみりが前面に出ている状況ならば、ここはあえて出しゃばらずに、一歩下がった「縁の下の力持ち亭主」というスタイルのほうが、かえっていいイメージにつながるかもしれません。幸い「真田丸」の役どころも、長崎元家という家臣の立場。家臣がしっかりしていてこそ、初めてお家は成り立ちます。「辺見えみりの夫」という肩書きも、決して恥じるものではありません。

もちろん俳優としてここまで頑張ってきた松田賢二には、自身の野望があることでしょう。しかし、仕事はほどほどで、家庭円満。妻・辺見えみりのサポートや、子育てに全力を注いでいるヒーローというのも案外悪くないのではないでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る