松本人志、浜田雅功の原点「ペヤング」販売復活再開!

松本人志、浜田雅功の原点「ペヤング」販売復活再開!

松本人志、常識的大阪のおっちゃん説

松本人志、「ペヤングが再開するならオレも再開する」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志は、「ペヤングが再開するならオレも再開する」と、しばらく休んでいたツイッターを再開したそうです。これは昨年12月、まるか食品が自社商品の「ペヤングソースやきそば」に虫が混入したことから、同商品の生産を自粛をしていたものを、今年6月首都圏で、7月には全国で販売を再開するという知らせを受けての発言。 彼のツイートは、販売再開のニュースと共にNHK総合の『NEWS WEB』でも紹介されました。松本人志の影響力たるや恐るべしです。事件当時彼は、回収された数十万個のペヤングが廃棄されることについて、自分の番組であるフジテレビのワイドナショーでも、「このもったいなさは、ええのか?」と大いに憤慨。最近の企業における極端な自主規制のあり方にも疑問を投げかけていました。映画作りやワイドショーの司会など、今や文化人的志向が強い松本人志、彼はいったい何を目指しているのでしょうか。

松本人志、金髪も筋肉も全ては愛妻のため

彼の人間的変化は、やはり、46歳で結婚した19歳年下の嫁である元タレント井原凛と愛娘の存在が大きく影響しているようです。一説には、彼が銀髪を金髪にしたのも、マッチョな筋肉を維持しているのも全て家族のためとも言われています。肉体作りは、一家の主としていざとなれば愛妻や娘を自分で守るためという溺愛ぶりです。娘の溺愛エピソードにも事欠きません。とある松本家の休日、醤油一滴跳ねても激怒するぐらい大事にしていたジャケットを着ていた彼は、娘が気分を悪くして吐くのを、そのジャケットのポケットで受け止めたというではありませんか。

スポンサーリンク

松本人志。お笑いピーターパンは、今何をめざす

松本人志、ピータパンから大人の男へ

松本人志は結婚するまで、永遠の少年のような恋愛スタイルで、女優の常盤貴子や優香、スピードのヒロなどと数々の浮名を流しましたが、そのどれもが決して結婚に至りませんでした。その彼が、当時全く無名であった井原凛と電撃結婚したことは、当時マスコミやファンから大いに疑問視されましたが、意外にも彼は、その歳になってやっと、男として女性の優位に立つ自信と覚悟ができたのかもしれません。

松本人志、普通の大阪のおっちゃん説

ドラえもん好きといったグラビアアイドルに対しては、「でもドラえもんが引き出しから出てきたら、逃げるでしょ?」。子供にマジ切れ説教した武田鉄矢に対しては、「どえらい贈る言葉でしたね」。志村けんをお前呼ばわりした相方の浜田雅巧に対しては、「それはアカンやろ。コイツにお前とか言うな!」と瞬時に名言を吐く松本人志。ことお笑いに関しては天才的ひらめきを持つ彼ですが、相方の浜田雅巧と同様、この才能の源泉は、極めて常識的な大阪のおっちゃんの考え方やものの見方なのです。

スポンサーリンク

明石屋さんまは、お笑いというバトルフィールドから決して降りることのないサイボーグ戦士であり、北野武は、その才能や言動がすでにお笑い界を越えた超人であると言えます。では50を越え、お笑いピー  ターパンから、女房子供を大事にする大阪のおもろいおっちゃんに成長した松本人志は、これから芸能界をいかに戦い抜いていくか、今後の彼の動向が注目されます。

松本人志が育った兵庫県尼崎市って、どんなとこ

松本人志も 兵庫県尼崎市の悪ガキだった

松本人志が育った尼崎市は、大阪府と兵庫県の境にある町で、関西ではこの町を、畏敬とも軽蔑ともつかぬ「尼」という一言で表します。戦後の復興とともに、海に面する港湾部には多くの工場ができ、全国から労働者が集まる人口密集地となった尼崎は、決して裕福ではないけれど、庶民的でバイタリティにあふれた町となりました。そんな尼崎も、今は再開発が進み、大阪に近くて便利でお洒落たベットタウンに変容しつつあります。関東で言えは、ちょうど神奈川県の川崎市といったイメージでしょうか。

松本人志も 兵庫県尼崎市のもしかしたら知らなかったおいしい名物

決して観光地ではない尼崎市ですが、知る人ぞ知るといった和洋のスイーツがあります。まずは和から。明治初期創業以来、日本古来の水飴として伝統を守り続け百年余り。老舗飴屋琴城ヒノデ阿免本舗の生水飴です。材料は米のみで砂糖は使用せず、一切添加物もなし。極上の米を選別し、その時々の飴の表情を読みながら炊き上げ、寝かし煮詰めて作られた、これぞ究極のオーガニックな水飴です。そして洋は、尼崎で創業し、今では全国有数の高級洋菓子メーカー、エーデルワイスが作っている、フランスのメレンゲ菓子ダックワーズをアレンジしたアンテワーズです。尼崎に立ち寄ったら、ぜひお土産にどうぞ。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る