松本孝弘の奥さんや子供は?身長、体重は?使用のギターが気になる!

松本孝弘の奥さんや子供は?身長、体重は?使用のギターが気になる!

松本孝弘の奥さんや子供は?身長、体重は?

松本孝弘の奥さんや子供は?

松本孝弘(まつもとたかひろ)は、二人組音楽ユニットB’zのメンバーです。もう一人のメンバーは、ボーカルの稲葉浩志。B’zの歌は、恋愛の歌が多いですが、松本孝弘が作詞の曲も、恋愛の歌が多いですね。松本孝弘の詞は実経験のもとなのか、理想像・想像の詞なのかが気になるところ。また、ファン心理としては、松本孝弘に奥さんはいるのか?松本孝弘には子供がいるのか?でしょう。

松本孝弘は、B’z結成当時、すでに結婚していたそうですが、その後、離婚。そして再婚したのが、現在の奥さんです。一般の女性で、七夕に結婚されたのだとか。結婚直後のインタビューで、「指輪をしているけど、ギター弾く際にも気にならない。」と答えている松本孝弘。

ギタリストだから指輪もしない、というギタリストもいますが、さらっとこのように応える松本孝弘は、かっこいいですね。子供は、長男・長女の二人だそうです。公にされている情報はありませんが、ライブ会場などでは、子供たちの目撃情報もあるそうですから、家族でたびたびライブ会場に足を運んでいるようですね。松本孝弘はプライベートをあまり多く語りませんが、幸せ家族の様子が垣間見れます。

スポンサーリンク

松本孝弘の身長、体重は?

松本孝弘の身長は、165センチと言われています。松本孝弘の体重は、53kgだそうですが、ライブ後は減少するのだとか。そしてなんど、ジーパンのサイズが26インチ!女性並みのスタイルですね。松本孝弘は、身長・体重とも決して大きいとは言えませんが、ギターを弾いている姿は、とっても大きく、男らしく見えますよね。それも松本孝弘の一つ魅力ですよね。

松本孝弘自身のミュージシャンとしての活動の幅広く、B’zのギタリストであり、かつ作曲家・アレンジャー・音楽プロデューサーです。ソロ活動では、作詞・ボーカルとしても活躍している松本孝弘。その際は、「TAK MATSUMOTO」(タック・マツモト)という名で活動しているので、ファンの方は見逃さないように!

松本孝弘使用のギターが気になる!TM木根尚登の影武者だった!

松本孝弘の使用のギターが気になる!

松本孝弘はギタリストとして、ギターをしている人のみならず、音楽関係者から一目おかれるほどのギターの演奏技術の持ち主です。まさに、日本で指折りのギタリスト。そんな松本孝弘のギターは、いったい何を使用しているのでしょうか。これまでに、ヤマハやギブソンから、松本孝弘モデルギターが発売されています。世界に名の知れたギブソン社から、自身の名前が付けられたギターが発売されたのは、アジアでは松本孝弘が初めて。これこそ、松本孝弘のギター技術が認められている証拠とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

昔から愛用しているヤマハのプロトタイプギターと、松本孝弘モデルのエレクトリックギター「MG-M」は、現在でもレコーディングの際に使用しているそうです。その他にも、松本孝弘はギブソンのシグネチャーモデル、Tak Matsumoto ダブルカッタウェイなど、数多くのギターを愛用しています。音楽番組やライブで、今日はどのギターで演奏されるのかファンとしては気になるところ。松本孝弘が奏でるギターの音色は、一度聞くと心奪われること間違いなしです。

松本孝弘はTM木根尚登の影武者だった!

松本孝弘には、ファンにとって気になる噂があります。それが、松本孝弘はTM木根尚登の影武者だったというのです。TMは、B’z結成以前に飛躍的活躍をしていたバンドグループ。TMの木根尚登は、結成当初、キーボーディストでした。しかし、TMには小室哲哉がいたことから、キーボードに二人は要らないということで、急遽、木根尚登がギターを弾くことに。

しかしその頃は、アコースティックギターしか弾けなかった木根尚登。そのため、ライブやレコーディングで、松本孝弘がサポートメンバーとしてギターを演奏していたそうです。つまり松本孝弘は、TM木根尚登のいわば影武者だったというのです。TMの初期の頃とB’zの初期の頃の音楽に、どこか通じるものを感じるのも納得です。

松本孝弘の奏でる音色は自身の象徴である!

松本孝弘、B’zといえば、日本のトップユニットグループです。男前でクール、冷静沈着で、音楽技術も高く評価されている松本孝弘。そんなB’z松本孝弘にも、苦悩した時代がありました。デビュー前、TMのサポートメンバーとして活躍し、B’z結成直後も引き続きサポートメンバーとしても活躍していた松本孝弘。サポートメンバーによばれるほどのギターの腕前ですから、苦悩など無縁かと思いますよね。B’z結成当初は、全くCDが売れませんでした。その後徐々に、人気が上がり、トップユニットグループへと登りつめていきます。しかし人気出ても松本孝弘は、仕事に対する姿勢はまっすぐのままでした。

その全てが、人を惹きつけてやまない奥深い松本孝弘の演奏につながっているように感じます。松本孝弘のギター音に酔いしれ、ギター演奏姿に見とれるのも納得です。今後もますます、松本孝弘の演奏に磨きがかかり、さらに奥深い音色を奏でていってくれることでしょう。新たな音楽に期待が高まります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る