三田寛子と旦那・中村橋之助の子ども(息子)の大学は?実家は?

三田寛子と旦那・中村橋之助の子ども(息子)の大学は?実家は?

三田寛子と旦那・中村橋之助の子ども(息子)の現在は?実家は梨園とはほど遠かった?!

三田寛子と旦那・中村橋之助の子ども(息子)の現在は?

三田寛子は、1991年、25歳の時に、歌舞伎界の中村橋之助と結婚しました。結婚後、第一子は流産したものの、その後に息子3人を出産した三田寛子。後継者となる男の子をたくさん産むという梨園妻の務めをきちんと果たしています。

旦那・中村橋之助と三田寛子の間に授かった子どもは、1995年に長男・国生、1997年に次男・宗生、2001年に宣生の3兄弟。長男はすでに立派に成人していて、会見では「僕の夢は成駒屋という老舗を守り、兄弟3人で歌舞伎界の大看板になることです」と力強く宣言しています。

次世代の歌舞伎界を背負うことになる3兄弟は、現在はまだ学生の身分。3兄弟が通っている学校は、青山学院だそうです。青山学院は、幼稚園から初等部、中等部、高等部、大学まであります。三田寛子は教育熱心で、子どもたちが幼い頃から青山学院に通わせていたそうです。

スポンサーリンク

三田寛子の実家は梨園とはほど遠かった?!

三田寛子は京都出身。14歳の時に、雑誌「セブンティーン」のモデルに合格し、上京しました。その後は金八先生などのドラマに出演し、歌手としても活躍。「笑っていいとも」で連発していた見事なボケっぷりは、天然キャラの先駆け的存在といってもいいのかもしれません。

そんな三田寛子の実家は、梨園とは全く関係のなく、父親の職業はタクシードライバーです。芸事とは縁遠いごく平凡な家庭で育った三田寛子ですから、中村橋之助との結婚も簡単にはいかなかったといわれています。歌舞伎の世界では、ご贔屓筋というお世話になっている方々への挨拶回りなども妻の仕事となります。しかし、結婚が決まった当初、このご贔屓筋からの目が相当に厳しく、「アイドル上がりの何もできない人が来た」とまで言われていたのだとか。

しかし、梨園の妻としての三田寛子は、男の子を3人も生んだ上、歌舞伎の世界を後継しようという意識付けもしっかり行っています。結婚当初は、作法や華道、茶道、おもてなしの料理に、歌舞伎の知識などをみっちり習得し、夫や子どもの襲名披露やそのパーティの準備など、1年365日のうち1日も休むことなく、梨園の妻として務め上げてきました。今では歌舞伎界の習しにもすっかり慣れ、落ち着き払った様は見事の一言です。

スポンサーリンク

三田寛子の性格天然エピソード!?年齢を感じさせない綺麗の秘密!

三田寛子の性格天然エピソードとは!?

三田寛子の天然エピソードといえば、「笑っていいとも」の「寛子のおかし大好き」というコーナーを外すことはできません。「寛子のおかし大好き」コーナーとは、三田寛子が生番組の放送中にお菓子作りをするというもの。アイドルが手際も悪くキャーキャー言いながらドタバタしているが面白いという、よくあるパターンの企画です。その後、三田寛子は天然キャラでブレイク。数多くのバラエティ番組にも出演し、笑顔と天然ボケをお茶の間に提供してくれました。

ところが今になって、明るく笑顔がチャーミングな三田寛子の天然キャラは、天然ではなく人工だったのでは?とも言われています。というのも、簡単なお菓子も作れない人が、梨園の妻を務めることはできないからです。三田寛子は、実はとても賢い女性なのかもしれません。

三田寛子の年齢を感じさせない綺麗さの秘密とは??

三田寛子は現在50歳ですが、子どもたちが手から離れ、テレビ出演が増えていくとともに、「とても50歳とは思えない」「綺麗だ」と話題になっています。
アイドルとして活躍していた10代の頃からもちろん綺麗だった三田寛子ですが、年齢を重ねても美しさをキープするためにはさまざまな努力が必要なはず。どんな秘密があるのかは、女性なら誰でも気になるところですよね。

三田寛子の綺麗さには「品のよさ」があります。清潔感のある雰囲気で、服装も年相応。品のよさは、化粧やヘアスタイルをちょっと工夫するだけではなかなか出てこないものです。そのため、三田寛子の綺麗さの秘密は、外側をうまく装っているからではなく、気品のある中身が伴っていることにこそあるのではないでしょうか。

三田寛子がもらした梨園の裏側とは??

三田寛子が属する梨園は、これまで、一般人にはうかがい知ることができない世界でした。しかし最近では、藤原紀香と片岡愛之助が結婚を発表し、情報番組などでは、梨園妻の実態が取り上げられるなど、にわかにクローズアップされています。これに先んじて、関西テレビ「マルコポロリ!」に出演した際、関係者しか知り得ないような梨園の裏側について告白し、注目を集めていたのが三田寛子でした。

三田寛子曰く、梨園の妻は、贔屓筋に直筆で礼状を書かなければいけない。粗末な着物は着られないが、ご贔屓筋より高価なものを身につけてはいけないなどなどなど。後継者問題についても、面と向かって「男の子を産め」と言われ続け、子どもを授かる前には「若い時から働いているから、体が弱いんですか?」といじめともとれることまで言われたと暴露しています。三田寛子が番組で告白してしまった当時、ご贔屓筋はかなりお冠だったのだとか……。

家には旦那・中村橋之助を育ててくれた乳母のような方がいて、中村橋之助が自分でコーヒーを飲もうと冷蔵庫を開けると、「坊ちゃまが、コーヒーを自分で開けてお飲みになりました!」とすぐに母親のところにご注進。姑だけでも大変なのが普通ですが、乳母もいるとなると、それは大変でしょう。今も変わらないにこやかな笑顔が素敵な三田寛子ですが、人には理解してもらいにくいさまざまな苦労をしてきたことがうかがわれます。

とはいえ、三田寛子が「マルコポロリ!」に出演したのも、今秋に控えている旦那・中村橋之助と3人の息子それぞれの襲名公演を盛り上げたいとの思いから。どんなときでも、梨園妻として家が一番大事という三田寛子の思いは変わらないのでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る